万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

「三種の神器」は日本国に属するのでは?-私物化の危機

2017-04-14 09:56:09 | 日本政治
公的行為、退位で全面移譲=「三種の神器」非課税に―有識者会議
 天皇譲位(退位)問題について設置されている私的有識者会議では、時間を追うごとに奇妙、かつ、リスク含みの提案が増えてきております。今般も、今上天皇から皇太子への「三種の神器」の受け渡しについて”非課税とする”という方針が示されています。

 この報道の字面だけを読めば、国民の多くもこの措置に潜んでいる危うさに気が付かないことでしょう。しかしながら、”贈与税の非課税化”の意味するところを読み解きますと、背筋がうすら寒くなります。何故ならば、「三種の神器」が私物化される道が敷かれているからです。

 その理由は、第一に、法律の解釈により、「三種の神器」を課税対象となり得る天皇個人の所有物として扱っていることです。まず、皇室財産法の第七条には、「皇位とともに伝わるべき由緒ある物は、皇位とともに、皇嗣が、これを受ける。」とあり、加えて、相続税法の第十二条一項には、「皇室経済法 (昭和二十二年法律第四号)第七条 (皇位に伴う由緒ある物)の規定により皇位とともに皇嗣が受けた物 」 とあります。今般の特措法では、相続ではなく贈与であるため、改めて贈与としての非課税措置を定めるべきと説明されていますが、非課税措置を設けたとしても、「三種の神器」は、天皇の個人的な所有物なのでしょうか。

 第二の理由は、そもそも法文には、”皇位とともに伝わるべき由緒ある物”とあり、「三種の神器」がこれに含まれるとは明記していません。あくまでも、法文の解釈でしかないのです。

 第三に、「三種の神器」は、神道における御神体でもありますので、天皇の代替わりに際して相続や贈与、即ち、所有権を移転させる性質のものでもありません。例えば、神社において宮司が交代する度に、古来、祀られてきた鏡などの神器に対して贈与税を課すというはあり得ないことです。神器は宮司個人の所有物ではないからです。「三種の神器」も同様であり、あくまでも、国家祭祀において継承されてきたものですので、所有権は設定され得ず、皇位継承に際しての儀式としての受け渡しとして解されるべきなのです。

 第四に、仮に、今般の譲位(退位)に際して、特措法によって新たに「三種の神器」を”皇位とともに伝わるべき由緒ある物”に含めるとする解釈を固定化させる意図があるとすれば、それは、「三種の神器」の個人的財産化です。法律によって特別の非課税措置を講じなければ、他の財産と同様に価値評価に基づく課税対象となるのですから。「三種の神器」に対して課税評価額を算定すること自体不可能なのですが、「三種の神器」の財産化は、将来的に共和制への移行するような場合には、私物としてオークションなどでの売買の対象にもなり得ることを示しています。

 第五に、憲法第88条では、「すべての皇室財産は、国に属する。…」とあります。この趣旨からしても、「三種の神器」は、当然に、皇居、京都御所、御用邸、歴史的文書、その他美術工芸品などと同様に、国家の財産です。現行の皇室経済法や相続税法自体が、むしろ違憲とも言えるかもしれません。

 第六に、’皇族’の婚姻が自由となっている今、「三種の神器」が私物化されると、実質的に外国人に所有されることをも意味しかねません。我が国が国家として成立する黎明期の歴史を象徴する極めて重要な国家遺産ですので、国家として、原核に保護・保存すべき第一級の文化財です。


 以上の6点から、敢えて「三種の神器」だけを取り出して、非課税ながら相続税の対象に変更し、個人的所有物としようとする背景には、何らかの意図が隠されているとしか考えられないのです。報道によりますと、「三種の神器」の非課税化の他に、特措法では、”上皇の輸入関税を非課税とする”といった内容も盛り込まれているそうです。一体、”上皇”は、外国から何を輸入しようというのでしょうか。有識者会議の提言は、’皇室’問題の背後に蠢く闇とも言える政治的、あるいは、経済的思惑の存在を浮き上がらせているように思えるのです。

 よろしければ、クリックをお願い申し上げます。


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村



『政治』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮による対日核攻撃の可... | トップ | 皇室典範特例法案の論理破綻... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (竹槍)
2017-04-14 22:28:37
ほんと、不自然な要望ですよね。有識者会議に内廷皇族の意向を受けた人がいるのは明白。

そもそも、昭和天皇が亡くなったとき、三種の神器に対して相続税が課税されたのでしょうか?されていないはずですけど。まるで、課税対象のものを非課税にして欲しいみたいな言い分ですけど、もともと国家財産扱いで非課税扱いだったものです。国民を欺いていますね。
竹槍さま (kuranishi masako)
2017-04-15 07:50:05
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 皇室財産の一件と言い、譲位問題は、あまりにも謀略めいております。もしかしますと、日本国の歴史において最大の三種の神器の危機かもしれません。むしろ、この機に、三種の神器は国家財産であることを明確化すべきではないかと思うのです。
皇室財宝は無事か (あずみ渚)
2017-04-15 11:58:11
こんにちは 数年前に起きたヤフオク事件 また近年 美智子さんはティアラやネックレスなし 雅子さんは第一ティアラを使わず、ブリキのような第二ティアラのみで、晩餐会等の公式行事に出ています 皇室にある財宝が結構な数で消息不明ではないかと噂されています

皇室には私有財産はなくその生活費、品位保持すべて血税で成り立っています しかし一部の御皇族の方達はそのご自覚ないようにお見受けします

倉西先生は新たな国民統合の象徴として三種の神器を提案されましたが、その神器すら消息不明になっているかもしれません 
あずみ渚さま (kuranishi masako)
2017-04-15 13:24:22
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 三種の神器が既に消息不明となれば、皇室の権威も失墜することでしょう。ヤフオク事件には高い信憑性がありますので、勅封として管理されている正倉院御物などの行方も懸念されます。日本国政府は、これを機に、皇室財産についてその所在を含めて厳正に調査すると共に、国有財産としての管理の厳重化を図るべきではないかと思います。
Unknown (時は来たり)
2017-05-14 05:07:22
初めてコメントさせて頂きます。
こちらの記事を読ませていただいて、本当にそう!おかしい!と叫んでしまいました
三種の神器が非課税??、これは大拡散しなければいけませんね。
この件で天皇陛下側が祭祀も皇居も「私物」と考えられているのがはっきり解りました。自分達はただの特権階級だと宣言したようなもんです。あの方たちは日本の歴史をバトンタッチする、という責任感が全くない。無責任極まりない。
Unknownさま (kuranishi masako)
2017-05-14 08:21:32
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。
 
 歴史的には、三種の神器こそ、古来、日本国統合の象徴であったわけですから、日本国に属するのは当然のことのはずです。にも拘らず、皇室自身が、それを理解していないとなりますと、もはや、歴史や伝統の継承者ではなくなります。何故、かくも皇室が変質したのか、この問題は、相当に根が深いのではないかと推測しております。日本国民が急ぐべきは、真の歴史の解明でもあり、おそらく、知りたくない事実をも知ることになる覚悟も必要なように思えます…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。