万国時事周覧

世界中で起こっている様々な出来事について、政治学および統治学を研究する学者の視点から、寸評を書いています。

北朝鮮とビットコインは一蓮托生?

2017-10-05 16:17:44 | 国際政治
「ビットコイン・仮想通貨」のニュース
 国連安保理の枠組における制裁措置のみならず、日米をはじめ各国が北朝鮮に対する独自制裁を強める中、北朝鮮によるビットコインの取得にも警戒が必要となってまいりました。報道によりますと、北朝鮮は、既に外貨獲得の手段として仮想通貨であるビットコインのマインニング(mining: “鉱山採掘”)に乗り出しているそうです。

 ビットコインは、発行元から提示された高度な計算問題を最初に解いた者に報酬として提供されるため、問題の解答を専門とする業者は、金鉱山の採掘に擬えてマイナー(miner: 鉱山採掘者)と呼ばれています。否、マイニングにさえ成功すれば、事業者は、私人でありながらも、国家を排して直接に“貨幣発行益”を手に入れることができます(北朝鮮の場合、私人ではないが“国家ぐるみ”のマイナー…)。北朝鮮は、独自通貨である北朝鮮ウォンは国際通貨ではなく、法定通貨としての信用も低いため、核・ミサイル開発のために貿易決済に使用することはできません。しかしながら、ビットコインであれば、分裂したとはいえ、世界各地の取引所において各国の法定通貨と交換できますので、“おたずね者”にとっては、これ程、“マネーロンダリング”が容易な“貨幣”もないのです。
 
 ところが、ビットコインには、ブロックチェーンという仕組みがあるそうです。この仕組みは他の様々な分野にも応用できるそうで、フィンテックの中核的技術として期待されてもいますが、ブロックチェーンの仕組みとは、従来の通貨システムが中央集権型であるとしますと分散型であり、多くの人々が情報を共有することで不正ができない、つまり、衆人監視の下で通貨価値が維持されるシステムとして説明されています。つまり、その名が示すように、発行以降の全ての取引情報はチェーンの如くに繋がってゆき、データとして広範囲に記録されるため、永遠に消えることは無いということになります。

 この理解が正しければ、ビットコインとは、取引の都度、所有者が常に記録されている、即ち、特定できる仕組みとなります。仮に、北朝鮮がビットコインのマイニングに成功したとしても、現金取引とは違い、これをどのように使おうとも、“足がつく”ということになります。となりますと、ビットコインの取引所に対して北朝鮮が獲得したビットコインの取引を禁じる、あるいは、発行者に対して北朝鮮系マイナーの排除を求める措置を取れば(どの国が発行者に対する行政権を持つのであろうか?)、北朝鮮による使用を封じることができるはずです。それとも、ビットコインとは、これまでも犯罪組織の利用が懸念されてきたように、取引データとしての記録は残っても、その所有者については発行後の動きを追うことはできないのでしょうか。

 また、マイニングに成功するためには、大量の電力を消費する大規模なコンピューター設備を要するそうです。北朝鮮は、現在、厳しい経済制裁の下にあり、電力に余剰があるとは思えず、マイニング目的で大量の電力を消費すれば、国民生活はさらに逼迫することでしょう。エネルギー事情によって国内でのマイニングを長期的に維持することはできないしょうが、北朝鮮は、海外においてマイニング事業者を設立するかもしれません。マイナーの多くは、電力料金の安価な国に集中しているそうです。電力料金を支払うための外貨が必要となりますので、北朝鮮は、ここでも外貨の壁にぶつかりますが、北朝鮮系マイナーによる事業所設立を阻止するためには、各国政府が、ダミー会社をも含めて事業許可を与えないといった措置を要することでしょう。

 さらに、最近では、北朝鮮は、サイバー攻撃によってビットコインの盗取を企てたという情報があります。今般の事件では、被害は発生しなかったそうですが、仮に、この窃盗行為に成功すれば、ブロックチェーンによって“ブロック”されているビットコインは安全という神話も崩壊します。

 そもそもビットコインの発行とは、私人による一種の“通貨偽造”ですので、初めからいかがわしい存在なのですが、北朝鮮が絡むことで、さらにそのイメージは悪化しそうです。そして、仮に、北朝鮮がビットコインの入手により経済制裁によるダメージを緩和し得るとしますと、それを許すビットコインに対する批判もさらに高まることでしょう。しかも、上述したような、北朝鮮のビットコイン使用を完全に封じ込める措置を取ろうとすれば、ビットコインの取引や使用を許している全ての諸国の緊密な協力を要します。この一件は、北朝鮮のみならず、国際社会において改めてビットコインのリスクと問題性をも問うているように思えるのです。

よろしければ、クリックをお願い申し上げます。

にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衆議院選挙-“公約を守れ”は... | トップ | 風前の灯となったのは保守?... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オカブ)
2017-10-05 17:52:02
倉西先生
いつもご指導ありがとうございます。
今回のテーマに関し、ビットコインの問題点と、それを北朝鮮が政策的に悪用する問題の二つに切り分けた方が良いような気がします。
ビットコインの問題点は、それが他の私用通貨とは異なり、広範で普遍的な流通性を持っているにもかかわらず、国家の通貨発行権を犯す一方で、その信用に関する担保が何もないことです。
もとより、通貨は金との交換を前提とした兌換紙幣によって、その信用を獲得してきましたが、ビットコインにはそのような裏付けが一切ありません。
さらに、経済の基礎として、ビットコインには交換価値はそれを認める経済参加者の多寡に応じて高まっていくでしょうが、現金のように、それを信用担保として融資を受けられるような利用価値が一切ありません。
私は、ビットコインは早晩、破綻するものと見ています。
一方で、北朝鮮がビットコインのマイナーとして、これを国家財政の梃子にするという懸念ですが、これは大いに可能性のある危険性だと思います。
ビットコインには、その「価値」になんの裏付けもないわけですから、信用経済に何ら裏付けのない北朝鮮としては、こんなに美味しいものはないでしょう?
さらにマイナーとなるだけではなく、貨幣偽造なども、多少のITに知識があれば簡単にできることです。
先生ご指摘の点を考慮に入れても、ビットコイン市場は、まだそれほど成熟した市場ではなく、それに参入する業者も信用に足るものではありません。
しかしながら、北朝鮮が国家ぐるみでこの未成熟で実体の信用のない市場を悪用するとすれば、それは十分可能なことであり、ミサイルや核の決済にこのトリッキーなシステムを活用することは十分推測可能です。
一つの可能性として、北朝鮮とビットコイン市場の繋がりについては十分監視していく必要があるのではないでしょうか?
オカブさま (kuranishi masako)
2017-10-05 19:52:39
 コメントをいただきまして、ありがとうございました。

 ”またしても”ということになるのですが、他の諸国から見ますとビットコインの悪しき問題点や危険性が、北朝鮮からしますと、これらの欠陥こそが、最も好都合な利用価値という事になるのではないかと思うのです。そして、ビットコインの発行者を公的に取り締まる手段がないとなりますと、各国は、ビットコインに対する警戒を強め、何らかの手立てを講じるべく、国際協力が図られる可能性もあります。国家から離脱した経済勢力にとりましては理想の通貨なのでしょうが、それが国際秩序を乱し、人類の安全を脅かすとなりますと、やはり、政治問題化せざるを得ないのではないかと思うのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際政治」カテゴリの最新記事