クラムボン日誌

帯広市にあるフリースクール「自由学舎クラムボン」の日々

本屋とサックス

2016年11月02日 19時07分20秒 | 日記
寒い日は続きます。
北海道内に雪予報がちらほら見えるなぁとのんきに見ていたら
明日は帯広にも雪だるまのマークがついているではありませんか。
しかも噂によると「ちょっと積もるかも」とのこと。
雪かき必要でしょうか・・・?うーん。
すぐに融けることを信じようと思います。
雨よりは雪の方がいいけど雪が積もるのはちょっとなぁなんて
とってもわがままに考えている今日この頃です。

何度かブログにも登場していますが、
クラムボンには「クラムボンノート」というノートが設置されています。
もう何年も前から現役生やら卒業生やスタッフやらがたくさんんことを書いてきたノートです。
ここ数年は書き手が減っていて少し寂しくなっていたのですが、
最近再び様々な人からの書き込みが増えてきています。
その日の出来事を書いてみたり、クラムボンの行事について書いたり、
イラストを描いたり、思いついたダジャレを書いたり。
居場所クラムボンのHちゃんとおびひろゼミナールのSちゃんは手紙のやり取りをしたり。
最近は暇な時があるとノートを広げてみんなで絵を描いたりして過ごしたりしています。
面白いページがたくさんあるのでみなさんも見てみてください♪

午後はちょっとおでかけ。
まずはジョイフルAKでペット観賞。
犬のコーナーで各々好きなワンコを愛でていました。
ミニチュアシュナウザーをたくさん撫でるHちゃん。
時折ハグハグと指を噛まれていましたが「甘噛みだから大丈夫!」と笑顔。
向こうでは鈴木さんがゴールデンレトリバーを撫でながらお手を習得させていました。
ちなみに少ししてからおかわりもできるようになっていました。
素晴らしい。
爬虫類や両生類コーナーでは以前も見た大きな陸ガメがおりました。
そして今回新たにアルマジロを発見。
説明を読んだら綺麗に真ん丸になるのはアルマジロの中でも1種類だけだそうです。
こちらにいたアルマジロは半円?半球?のような形になっていました。
ツンツンって触ると意外と俊敏な動きをします。
ちょっとびびりながらもじっくり観察してきました。
ジョイフルAKには他にも蛇や鳥、トカゲなどたくさんの動物がいて
いっぱい楽しんできたのでした。

その後は新しい本屋さん岡書へ。
岡本グループ経営の本屋さんなのですが、
本だけじゃなく雑貨もたくさん、
アニメのグッズもたくさんでクラムボンにとっては夢のような空間です。
たくさんの雑貨を見て歩きながら心躍らせていました。
歩いているとHちゃんから「今サックスを持った人が歩いていた」とサックス演奏者の目撃談。
箱に入れた状態で持っていたのかと思ったら生で持っていたとのこと。
えー。本屋さんでそんな人いるんだね。と話していたら、
どこからかサックスの音が聞こえてきます。
それに反応したHちゃんと山口はサックスの音が聞こえるところを探します。
すると岡書の中にあるカフェでサックスを演奏するおじさんがいました。
けれど吹いて音量を上げたり下げたり。いい感じだねとなると次の曲を吹いての繰り返し。
なんでだろうと思ったけれど、サックス演奏のおじさんとパソコンをいじって音楽を出す人の会話、
そしてお店に貼られていたポスターを見て
明日行う演奏会に向けてリハーサルをしていることに気付きました。
それでも演奏はとっても素敵でしばらくみんなで演奏を楽しませてもらってきたのでした。
何か楽器をしたいと話すHちゃんはとっても熱心に聞いて、
曲が終わる度に拍手を送っていました。
こちらでは頻繁にイベントや演奏会を行っているんですね。
また休み前を狙ってリハーサルを見れたらな・・・なんて思っちゃいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帯広市の花、知ってますか? | トップ | 冬に川遊び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。