水早 -mizuha- 神社と写真と一人旅。

たまに御朱印を頂きつつ
デジカメ片手にゆるーり神社めぐり。
公共機関&徒歩での日帰り参拝記録をメインに綴っています。

島根県② 佐太神社-2

2017-04-05 | ├ 島根(ご縁・ ひとり)

 

佐太神社つづき。

 

 

 

 

 

 

 

拝殿の向こうに、本殿の屋根が3つ見えています。

 

 

大社造りの本殿が3つ並んでいる「三殿並立」という形で、
中央に正中殿
向かって右が北殿、向かって左が南殿という配置がなされ、
三殿ともに、国の重要文化財となっています。

現在の本殿は1807年の造営ですが、三殿並立という形態は、
平安時代末頃には既に成立していたのではないかと考えられています。

 

 

とくに向かって左の南殿は、通常の大社造りとは左右逆の構造となっていて、
他に類例を見ないとのことです。

 

 

確かに、通常の大社造りとは、入口(階段)の場所なんかも逆になってますね。

 


(↑神社パンフより)

 

こうして見ると、
中央の正中殿は、左右の北殿・南殿よりも大きいのがよくわかる。

ちなみに大社造の遺構中、出雲大社の本殿に次いで規模が大きいのだそう。

 

 

 

 

正中殿 御祭神:佐太大神、伊弉諾尊、伊弉冉尊、事解男命、速玉之男命 (計五柱)

 

 

北殿 御祭神:天照大神、瓊々杵尊 (計二柱)

 

 

南殿 御祭神:素盞嗚尊、秘説四座 (計五柱)

 

 

南殿の、秘説四座の神ってのが大変気になるところ・・。

で、神社にお尋ねしたところ、その名の通り“秘密”の4柱で、
「御祭神名がわからない」のではなく、「御祭神名は出せない」んだそうです。

時代により3柱だった時もあるそうですが、いずれにせよ昔からヒミツなのだとか。

いやーん。そんなん言われたらますます気になるじゃないですかぁ。

 

 

ネット情報ではありますが、古い神社縁起には月神と水蛭子という御名も見え、
現在の素盞嗚尊とあわせて考えると、なんとなく想像がつかなくもない・・。

が、個人的には神名そのものよりも、
「なぜ表に出せない(出さない)のか」という理由のほうが気になります。

 

 

ついでに、もっと気になるのが御祭神の佐太大神です。

 

 

神社の公式見解では、佐太御子大神=猿田彦神であり、
枳佐加比売命(神魂命の子)を母として、加賀の潜戸で生まれたとしています。

島根半島一円の祖神であり、出雲國における最も尊い四大神の一柱。

それが本当に猿田彦神なのかどうかは別として、強大な力を持ったその有力者は、
おそらく出雲のかつての支配者であり主神だったんだろうなー

・・と、本殿を見上げつつぼんやり思うのでした。

 

 

 

さきほど手水鉢のところでも触れた御神紋の扇について。

 

 

こうして拝殿にもあしらわれていますが、

 

 

正中殿の神紋であるこの扇、
じつは龍蛇神の尻尾の斑紋を表しているのだとか。

 

 

龍蛇神は、神在月の頃に八百万の神々の先触れとして近郷の浦へ上がられると言われ、
古くから信仰の対象となっているそうです。

 

 

 

北殿の神紋は、
龍蛇神の全身をおおうウロコを表した「輪違」。

 

 

 

南殿の神紋は、
同じく龍蛇神のウロコを表した「亀甲」だそう。

 

 

 

 

神楽殿

 

 

 

毎度毎度だいすきなこの光景。

 

 

 

一度でいいからここに寝転んで(以下略)。

 

 

 

 

 

 

8月末の炎天下、日陰を探しつつ歩きまわる。

 

 

 

御仮殿

本殿は工事中らしいので。

 

 

 

スマートな狛さん。たおれそう。

 

 

こちらは、もはやお顔がわかりません。

 

 

 

 

本殿左手、南末社

 

 

戸立社(御祭神:手力雄命)
振鉾社(御祭神:天鈿女命)
垂水社(御祭神:岡象女命)※式内社
天神社(御祭神:菅原道真公)

 

 

こちらも年季の入った狛さんたち。

奥の子は、犬なのか狐なのか・・。

 

 

なお、反対側の北末社は、工事中につき見られませんでした。

北末社

・山王社(御祭神:大己貴命)
宇智社(御祭神:天児屋根命)
玉御前社(御祭神:玉屋命)
竹生島社(御祭神:竹生島神=稲倉魂命)

 

 

 

潮草(しおくさ)

一見なんなのかわかりませんが、海藻と竹筒がお供えしてあるんですって。

海で禊をしてから、海藻と竹筒に汲んだ海水を持って神社に参拝するという、
この地方の風習にちなむものだとか。

 

 

特に近親者に不幸があった際の忌明け前に行い、
持ち帰った海藻・海水で家屋敷などを祓ってから神社に参拝するんだそうです。

 

 

 

その3へつづく・・。

 

 

ジャンル:
神社仏閣
この記事についてブログを書く
« 島根県② 佐太神社-1 <島根... | トップ | 島根県② 佐太神社-3 三笠山 »
最近の画像もっと見る

├ 島根(ご縁・ ひとり)」カテゴリの最新記事