いまあるべき古民家

古くからある物を大切に、今あるべき事を取り入れて・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おつかれさま。

2016-10-18 20:39:02 | 日記

 おやすみでもお仕事・・・・。

そんな事でイライラしていても大人気ないので・・・

少し気になっていた記事で、「川崎市役所本庁舎さよならイベント」をちら見してきました。

昭和13年竣工だそうです。

かなりのリフォームが年代ごとに行われてるようで、当時の面影を見れる部分は少ないのですが

時計塔まで上がる鉄階段・スチールサッシ・木目塗(塗装で木目を表現する技術)など・・・

無骨な造りが今では新鮮に見えます。

今年度から解体が始まるそうなので建物の中は見ることはできなくなるのですが・・・

耐震・使い勝手を理由に、時代背景を思い起こさせてくれる建物が解体・建て替えされています

建て替える費用と・改修して当時の様子を残す費用・・・・・?どっちが??

本庁舎を見た後に、これも気になっていた「豆松カフェ」に寄ってみました。

残念ながら、そんな古民家カフェがあるのを知ったときは・・・閉店後・・・でした。

しかも!解体されるのが決まっているとのこと・・・・???

行って来ました!!

こんなとこに!って言うくらい狭い道の行き止まりに、その佇まい・・・。

残念すぎる・・・中見てみたい・・・・解体すんの・・・・?

用がない人がうろうろしてると怪しまれそうな立地と雰囲気なので早々に失礼いたしましたが・・・

どうにかして残したい建物だと思います。(どれもこれも、古い建物を残す文化は日本に根付かないのでしょうか?)

解体して再生するような行き先が決まっているだろう事を祈っております。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木割り | トップ | 利用方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事