自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

中国レポート その8

2013年07月07日 05時29分01秒 | 旅行記

中国レポート8回目にして、ようやく北京へ移動です。

成都から北京はエア・チャイナの国内線で2時間半ですが、何せ座席が狭いので疲れました。(追加料金払ってもファーストクラスにすれば良かった・・・)
飛行機から見た美しい雲海です。

P1001018

北京着陸直前、PM2.5でご覧の通りです。

P1001034

さて、北京の1回目は、宿泊先の直ぐ近くにあるオリンピック公園です。
北京オリンピックのメイン会場「鳥の巣」競技場の周辺が綺麗な公園とショッピングセンター、国際会議場などの施設として整備されています。

私が宿泊した「国際会議場ホテル」です。

Dscf4511

その名の通り、隣には国際会議場があります。

Dscf4515

その直ぐ隣からオリンピック公園が拡がっていて、奥に「鳥の巣」競技場があります。

Dscf4535

Dscf4522

Dscf4528

反対側から見るとこうなります。

Imgp3113

なんと、この公園の地下がショッピングセンターになっています。

Cimg4303

このショッピングセンターにある「東方餃子」という店で北京の本格餃子で夕食にしました。
とても美味しかったですよ。

Cimg4313

食事が終わって、もう一度地上のオリンピック公園に出ると、すっかり日が暮れて、綺麗にライトアップされていました。

Dscf4550

Dscf4555

夜の9時頃でもこの人出です。

Dscf4557

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国レポート その7

2013年07月06日 06時00分02秒 | 旅行記

中国レポートの7回目。
今回で成都市は終わりです。
成都市の最後は、東京で言えば銀座のような街、「春煕路(チュンシールーと発音します)をご紹介します。

場所は成都市の中心部の直ぐ東側になります。
写真の通り、ショッピング街で、外資系を含めた有名店がズラリと並んでいます。
以下の写真は全て平日の昼間です。

中国資本の大手「王府井(ワンフーチン)百貨店」です。

Cimg3685

同じく中国資本の「太平洋百貨店」(ちょっと古いです)

Cimg3438

日系の伊勢丹です。 小振りな店です。

Cimg3652

伊勢丹の隣に、同じく日系のイトーヨーカ堂もあります。
中国では日本より高級なイメージです。

Cimg3654

Cimg3441_2

Cimg3444

Cimg3669

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

月刊ウェブモデラーズ7月号に掲載されました

2013年07月05日 06時15分11秒 | プラモデルのお話

今回は誌上個展のコーナーで、ライアンPT-20を掲載していただきました。

御時間があれば覗いてみて下さい。

今月号はチノ航空ショーに登場したフォッケ190のレプリカの写真が掲載されていて興味深いです。

http://www.webmodelers.com/201307kurakin01.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国レポート その6

2013年07月05日 05時17分39秒 | 旅行記

中国レポートの6回目は、やはり成都市で、「国破れて山河あり」などの詩で有名な700年代の詩人「杜甫」が成都に在住した頃の棲家です。

現在は「杜甫草堂」(ドゥーフゥーツァオタンと発音します)として綺麗に整備され、一般に公開されています。
場所は成都市の中心から真西の方角で1環路と2環路の間にあります。
「その2」でご紹介した「武侯祠」から比較的近いです。

Dscf4222

Dscf4221

Dscf4143

杜甫という人は1ケ所に定住せず、色々なところを転々としていたらしく、成都で暮らしたのは晩年の4年余りだけだったようで、成都を去った5年後には亡くなっています。

このような小路を通って奥へ進みます。

Dscf4144

奥には「大廊」と言う回廊式の建物があります。

Dscf4149

Dscf4150

Dscf4156

ここを抜けてさらに進むと、杜甫の木像にお目に掛かれます。

Dscf4163

Dscf4170

更にその奥に杜甫の棲家が再現されています。

Dscf4183

内部も再現され、公開されています。(これは書斎の写真です)

Dscf4186

庭園も綺麗に整備され、とても落ち着いた雰囲気です。

Dscf4192

Dscf4209

園内のあちらこちらに色々なタイプの杜甫の像が配置されています。

Dscf4216

Dscf4174

Dscf4139

今回の成都観光の中では一番お勧め度は低いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国レポート その5

2013年07月04日 05時02分21秒 | 旅行記

中国レポ-トの5回目も成都市で、「寛窄巷子」(クァンザイシャンズと発音します)という街路です。

その3でご紹介した「錦里」(ジンリー)と同じように、成都の古い街並みが保存、再現されたテーマパークのようなところですが、錦里よりも更に洗練され、お洒落度mもアップしたところで、カップルの夜のデートにはピッタリのところです。
正面入り口です。(入場は無料です)

Cimg3819

Cimg3820

中は全長200mくらいの3本の通りがあって、その両側にレストラン、カフェ、土産物店、民芸品店などが立ち並んでします。

Cimg3864

Cimg3825

成都名物の火鍋のお店です。

Cimg3827_2

清朝時代の四合院造の住居です。

Cimg3860

こんな感じの街路が続きます。

Cimg3828_2

Cimg3840

これ、実は私です。

Cimg3835

日が暮れてだんだんとイイ雰囲気になってきます。

Cimg3861

夕食を食べた中華のレストランの店内です。
2階建で、真ん中が吹き抜けになっていて、ステージがあり、音楽(ニコなど)の生演奏が行われます。

Cimg3857

私の一行は奮発して個室で食事をしたので、部屋の中で私達のためだけに、琴の演奏や「変面」のパフォーマンスが披露されました。

Cimg3848

Cimg3849

帰る頃にはすっかり日が暮れていました。(成都は日没が8時過ぎです。)

Cimg3866

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国レポート その4

2013年07月03日 07時32分35秒 | 旅行記

中国レポートの4回目は、四川省成都市と言えば絶対に外せない「成都大熊猫繁殖研究基地」=通称パンダ基地(チェンドゥーダーシュンマォファニゥジーディーと発音します)です。

Dscf4238

Dscf4240

場所は成都市の中心から北東方向に車で40分ほど走った郊外にあります。

その名の通り、ジャイアントパンダを絶滅の危機から救うために繁殖と研究を目的として作られた施設で、一言で言うと「パンダ専門の動物園」という感じです。
入園料は大人一人58元(約1000円)です。

広さは東京の多摩動物公園と同じくらいでしょうか?(現在は100ヘクタール程で、最終的には200ヘクタールまで拡張されるそうです。
歩いて回るには大変な広さなので、園内では乗り降り自由の電動カートが整備されています。

Dscf4285

Cimg3987

現在、園内で飼育されているパンダは80数匹ですが、1987年の設立以来、これまでに124匹を繁殖させたそうです。

私が行ったのは日曜日でしたが、あまり混雑しておらず、日本の上野動物園よりも遥かに間近で、自然にリラックスしたパンダをゆっくりと見ることができます。
子供のパンダを抱っこして記念写真を撮るサービスもありますが、完全予約制で、しかも2000元(32000円)の料金(パンダ保護繁殖費用に充てられる)が掛かるので、諦めました。

では、パンダの写真をごゆっくりとお楽しみください。
先ずは親子パンダです。

Dscf4250

Dscf4256

寝っころがったまま、笹を食べています。

Dscf4266_2

寝起きの大人、こうやって見ると恐ろしい熊です。

Dscf4295

Dscf4301

前足の裏(手のひら)です。 鋭くて長い爪があります。
この大きな肉球で笹を掴むようにして器用に持ちます。

Dscf4312

Dscf4316

思わず大笑いしてしまった3匹の寝姿です。
3匹ともに爆睡中です。 
特に向かって左のパンダのポーズは最高傑作です!

Dscf4452

真ん中が目を覚ましました。

Dscf4455

こんなに高い木に登って寝ているのも居ます。

Dscf4467

Dscf4483

これで落ちないのが不思議です。

Dscf4484

小熊猫=レッサーパンダも飼育されています。
レッサーパンダは広い敷地に沢山放し飼いになっていて、その中を人間が歩く細い通路が通っているという作りです。
人間が歩く通路のフェンスの所々に穴が開いていて、レッサーパンダが人間の足元を平気で歩いています。
日本では考えられない接近度です。

Cimg4035

Dscf4361

Dscf4378

前足の肉球で餌の果物を器用に掴んで食べます。

Dscf4423

Cimg4031

Cimg4029

園内には、野生の黒鳥や孔雀も居ます。

Dscf4412

Dscf4490

最後に園内のモニュメントです。

Cimg3988

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国レポート その3

2013年07月02日 05時11分13秒 | 旅行記

中国レポートの3回目は、前回の成都市「武侯祠」の直ぐ隣にある「錦里」(ジンリーと発音します)をご紹介します。

ここは武侯祠の隣にへばり付くようにできた全長350mの「街路」です。
成都の古い街並みを再現し、飲食店や劇場、バー、民芸品屋などが並ぶ、ちょっとお洒落なところです。
日本で言えば京都の「ねねの路」や飛騨高山の旧市街をイメージしていただくと近いかも知れません。

入り口から奥に向かっての写真を順番に並べてみます。

Dscf4065

Dscf4067

生憎、雨が降りだしました。

Dscf4068

Dscf4069

Dscf4072

Dscf4077

二階部分は舞台になっています。

Dscf4084

Dscf4089

Dscf4090

Dscf4095

このテラスで昼食にしました。

Dscf4097

Dscf4101

Dscf4111

中国のファーストフードを売る屋台のような店が並んでいます。

Dscf4116

買ってすぐに、店の前のテントでイートインです。
下の写真は高級レストランです。

Dscf4124

1時間くらいの散歩でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国レポート その2

2013年07月01日 05時00分58秒 | 旅行記

中国レポートの2回目です。

成都市(中国語では「チェンドゥー」と発音します)の観光のお話に入ります。

先ずは、三国志で有名な劉備、諸葛亮が祀られ、劉備のお墓もある「武侯祠」(ウーホウツーと発音します)へ行きました。

場所は成都市の中心部から南西の方角へちょっと行ったところで、一環路の内側です。
入り口の様子です。 入場料金60元(日本円で1000円ほど)が必要です。

Dscf3934

Dscf3938

ちょっと写りが悪いですが、全体の見取り図です。
この図の右下が入り口で、反時計回りに観ていく感じです。
2時間余りで全部観て廻れます。

Dscf3940

入り口を入ると写真のような参道?が暫く続きます。

Dscf3941

門を2つ抜けると、大きな回廊式の祠が出現します。

Dscf3945

ここに劉備、諸葛亮の他、「蜀」時代(現在の四川省は、かつて「蜀」の国で、その都が成都)武将や要人の木像がズラリを並んでいます。

Dscf3983

正面にあるのが「劉備」の像です。

Dscf3953

その横には、勇名を馳せた「張飛」の像です。

Dscf3957

他にも「関羽」、「広統」など、全部で30体程の像が並びます。
実はここまでが元々は「昭烈廊」という「劉備」を祀ったところで、この更に奥が「諸葛亮」を祀った本来の「武侯祠」となります。
本来の「武侯祠」の入り口です。
この門をくぐった奥に「諸葛亮」の木像が祀られています。

Dscf4018

これが「諸葛亮」の像です。

Dscf4023

諸葛亮の右隣には息子の諸葛蘆の像があります。

Dscf4025

左隣には孫の諸葛尚の像があります。

Dscf4029

回廊を抜け、更に庭園を抜けていくと劉備の墓(古墳)があります。
但し、本当にここに劉備が葬られたかどうかは、諸説あってはっきりしないそうです。

Dscf4049

Dscf4051

最後に庭園の写真をご紹介します。

Dscf4031

Dscf4033

山河を模した巨大な盆栽です。

Dscf4048

Dscf4059

コメント
この記事をはてなブックマークに追加