自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

ロンドンバス 製作記 その18

2017年10月15日 18時26分18秒 | プラモデル製作記
先週後半からグッ冷え込んできて、最高気温が15~6度、すっかり秋になりました。
我が家の近所では早くも木々の葉が色づき始めました。
皆様、お風邪などひかれませぬよう、ご自愛ください。

さて、ノンストックの作品展まで残り1ケ月となりましたが、ロンドンバスの製作は相変わらず亀の歩みです。

今回からボディ外装に取り掛かりましたが、まだ基本塗装の前準備段階です。

フロントとリアの行く先と路線番号の表示のデカールを貼りました。
路線番号38番、ピカデリーサーカス行きです。

側面にもあります。


端を黒く塗るクリアパーツを塗装しました。
モールドがはっきりしているので塗り易いです。


塗装の終わったクリアパーツをマスキングしてからボディパーツに接着します。
ボディパーツの内側も塗装済なので、外側の塗装に備えて既にマスキングしてあります。


ボディの内側のパーツの塗装も行いました。


付け忘れていた階段の手摺りも取り付けました。


これで次回はボディの基本塗装に取り掛かれます。
クレオスモスターカラー68番のモンツァレッドをそのまま使います。



MATCHBOX 1:64SCALE
クリエーター情報なし
Matchbox
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドンバス 製作記 その17 | トップ | ノンストック作品展のご案内 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あきみず)
2017-10-15 20:58:01
クリアパーツの枠は筆塗ですね その後のボディーに
嵌めてからのマスキングも大変ですね 形状に合わせて
切り抜くかどのRが、難しそうです
手摺のパーツも型を作るのが、ややこしそうです
仕事の後は… (みず)
2017-10-15 20:58:30
お疲れ様です。いよいよボディ塗装ですか。やはり、これから毎日エアーブラシと格闘されるのですか?。もしも私でしたら、仕事明けに毎日エアーブラシの掃除と思うと、気が重くなりそうです。そんな私の相棒は、グンゼ産業の(!)プロコンBoyのシングル(!!)。20年間コイツだけでサフ吹きから迷彩までこなしています(デザインもシンプルで私好み。時にはコイツを眺めて酒を飲むことも…)。
まだまだ大変な日々が続きそうですが、インフルも今年は早いようですし、風邪などひかぬよう、納期厳守で(!)頑張って下さい。では。
Re:Unknown (クラキン)
2017-10-16 05:23:52
あきみずさん、いらっしゃいませ。
クリアパーツの淵は筆塗りです。
パーツの状態でマスキングしてから、ボディパーツに接着しています。
その方がパーツを接着剤で汚すリスクが減るし、マスキングテープのカットも簡単なので。
手摺りのパーツは塗装だけして取り付けるのをすっかり忘れてました。
歳をとるとこういうチョンボが増えますね、(笑)
Re:仕事の後は… (クラキン)
2017-10-16 05:32:49
みずさん、いらっしゃいませ。
ようやくボディ塗装まできました。
あと1ケ月、頑張ります!
モンツァレッドを多分3瓶くらい使っちゃうと思います。
エアブラシは私もプロコンです。
0.2mmと0.3mm各1個で両方ともWアクションでエア量調節付きです。
0.3mmの方は15年くらい使っていて、ニードルを一度交換してます。
0.2mmの方はまだ5年くらいですね。
それ以外にサフ吹き専用のトリガータイプのSアクションの安いのも使ってます。
タミヤブランドで出ているWAVEの0.3mmWアクションのトリガータイプも使ってます。
これは今回のボディ塗装のような広い面を吹くときに重宝してます。
そろそろインフルの予防接種を受けないといけないですね。

コメントを投稿

プラモデル製作記」カテゴリの最新記事