自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

ロンドンバス 製作記 その14

2017年10月06日 05時29分36秒 | プラモデル製作記
ロンドンバスの製作、亀の歩みです。

1階客席の電飾の準備です。
客席の天井の両側に縦方向に左右5個づつ、全部で10個の照明が付いています。
キットでは電球のモールドがあるだけですが、これをLEDで電飾します。

本当は直径2mm位が良いのですが、無いので直径3mmの砲弾型LEDを使います。
1960年代に作られた古いバスですから蛍光灯ではなく、多分白熱灯だった筈なので、そのレトロな雰囲気を出す色をいろいろと試してみましたが、結局白色(透明)LEDにクリアオレンジを塗った物を使用することにしました。
ちょっと赤過ぎるのですが、雰囲気的にはいい感じです。


10個のLEDの塗装を終えました。


仮組みするとこんな感じです。
電球に見えますでしょうか?


裏から見るとこうなります。
透け度目の塗装が必要ですね。
2本の電極のうち、赤く塗ってあるのがプラス側です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドンバス 製作記 その13 | トップ | Summer of 42 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
電球 (酒好きオヤジ)
2017-10-07 10:05:26
いよいよ電飾ですね。
実物は見たことないですが充分電球に見えます。
配線とか電池の格納とか色々と工夫が必要なんでしょうがそれもこれも考えるのが楽しみですね。
なんともプラモ作りは奥が深いです。

点灯したところを早く見てみたいです。

Re:電球 (クラキン)
2017-10-07 11:09:16
酒好きオヤジさん、いらっしゃいませ。
電球に見えて良かったです。
蛍光灯のような白い明る過ぎる感じにならないようにしたかったので、黄色のLEDやいろんな色に塗った5種類くらいのLEDを用意して、上さんに見比べてもらって、結局白色LEDにクリアオレンジを塗った物にしました。
とにかく配線スペースが無いのが難関です。

コメントを投稿

プラモデル製作記」カテゴリの最新記事