自己満足日記

Kurakinのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

2017年静岡モデラーズクラブ合同作品展レポート その5

2017年05月20日 09時35分40秒 | プラモデルのお話
レポートその5はプラモデルの中でももっともキットが多いと思われる飛行機です。

今回も会場を隈なく網羅することはできませんので、あくまでも私が観れた範囲、目に留まった作品に限られますし、作者やクラブ名も記録できていませんので、ただ作品だけのご紹介になることを予めご了解ください。

先ず、拙ブログにいつもコメントを下さるあきみずさんが居られるクラブ「WINDS」さんの展示からです。

ハセガワ72の二式大艇の新旧キットです。
同じ二式大艇でも随分違いがあることが良く判ります。
機首周りやエンジンなんか全然違います。


美しい仕上がりのジェット機群です。





飛燕のジオラマです。
調布基地でもこんな感じだったんでしょうね。


これ全て筆塗りです。


あきみずさんの作品群です。
国籍マークやコードレターまで全て筆塗りの名作揃いです。
筆塗りのコツを色々と教えて頂きました。
あきみずさん、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。 ありがとうございました。




ノーズアートも筆塗りです。

銀の筆塗りはやはり難しいそうです。

次はその他のクラブの作品です。
先ずは私の好きな多発機・大型機です。

エアフィックスの凸モールドキットを筋彫りに彫り直した作品ですが、驚くほど繊細で綺麗な筋彫りです。

48のAC-130です。
内部も作り込んであるそうです。
同じくビッグキット

大好きなDC-3

DC-4も。

英国版B-17もいいですね。


これは全部塗装です!


次は私の好きな機種やキットです。
私もこんな風に作りたいものです。





ドラゴンラピードはエレール72ではなく、48のバキュームキットです。



一式陸攻のバリエーション勢揃い。

ムスタングはこういうのが似合いますね。
32なんかこういうのも「あり」ですね。
ピッカピカもいいです。

ウェリントンのカッティングモデル。
これだけカットすることを考えると・・・(@_@)
木目は全て筆塗りだそうです。

複葉機大特集
その中のひとつ、全て筆塗りだそうです。(*_*;

ロシア機大集合
やはり無骨さが目立ちます。


たまご飛行機がこれだけ並んでいるのは初めて見ました。
壮観です。

ソリッドモデルもまだまだ健在です。
これが木で出来た模型に見えますでしょうか?
これを見ると、「やっぱり木だったんだ」って思いますが・・・。


次は車とバイクです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年静岡モデラーズク... | トップ | 2017年静岡モデラーズク... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やはり、ヒコーキ! (もなたろー、だって猫だもん)
2017-05-20 16:05:42
クラキン様こんにちは。
 飛行機の展示になると、やはり、他のジャンルよりも見入ってしまいますね。静岡に出てくるくらいですと、皆さんレベルがとても高いので1機ずつじっくり見たいですね。でも、数の多さと時間のなさで十分見られないのが残念無念ですよね。

 29枚めの明灰色の日本機は、キ-30のようですねぇ。よく見えないのですが、1/32と書かれているみたいに思えます。ということは、スクラッチなんでしょうか。すごく上手なので気になります。

 38枚めの大圏構造は写経のような修行ですね。ピンバイスで穴開けて、菱形にくり抜いていったのでしょうか。エデュアルドのBIG EDのエッチング手にいれると、かなり細かいところまで作れるので妄想はしますが、実際にこんなカットモデル作るのは大変ですよね。くり抜いているうちに割れちゃいそうです。

 41枚めのフォッカー・アインデッカーは、クラキン様も以前、お作りになられましたが、このアインデッカーの羽布の表現はすごいですね。プラに見えません。ドライブラシなんでしょうか。エデュアルドかなぁ、キットは。

 42枚めのロシア機もじっくり見たいですねぇ。これだけそろって48(ですよね?)のロシア機の完成品を見られる機会ないですものね。昔は、ロシア機は寸法が目茶苦茶のものが多かったですが、今は良いキットがいっぱいありますが価格がねぇ…。

 44枚めのMATSのコニー、ソリッドだそうですが、そうすると、スケールは1/50でしょうか?コニーは、機体の断面難しいですよね。プラモでは良いものが少ないですが、ソリッドの人は自分が納得できるラインを出せるのでプラモより、やはりすごいです。無塗装はアルミ板を貼っているのでしょうか。ソリッドの人、何かこわおもてで聞きづらくて未だに尋ねたことないので、その作り方分かりません。プラモに応用できるんでしょうか?
Re:やはり、ヒコーキ! (クラキン)
2017-05-20 19:36:15
もなたろー、だって猫だもんさん、いらっしゃいませ。
やはりプラモの王道はヒコーキでしょうか。

申し訳ありません。29・30枚目は1/32のソリッドモデルです。
ウェリントンは私が直接聞いた訳ではありませんが、ひとつひとつ開口していったそうです。
物凄い根気です。
アインデッカーは筆塗り+ドライブラシだと思いますが、他にも技があるかも知れません。
キットはエデュアルドでしょう。
私もロシア機はちょっと感動もんでした。
仰る通り、コニーはエレール72だけが入手可能なキットですが、ちょっとねぇ。
レベルあたりから決定版の新金型が出ませんかねぇ。
このソリッドはアルミ貼りだと思います。
ワイパ-まで再現されているところが凄いです。
私も、ヒコーキ! (みず)
2017-05-21 05:09:32
お疲れ様です。静岡レポート、毎日驚きの連続です。いや〜世の中広い!、あんな凄い作品がうじゃうじゃ…。いや〜、スゲー‼︎

その「スゲー‼︎」中で私の度肝を抜いたのは、ソリッドと筆塗り作品群です。ストラト改造前のタイレルP34は次回にお預けです。なんでかって?
そりゃあ、今日模型屋さんから1/48・F-104をスカウトしてくるからです!。しばらく筆塗りの楽しさを忘れていましたんで、筆と銀と格闘します(コードレターとスターマークは、私には無理です!)。
では。
Re:やはり、ヒコーキ! (クラキン)
2017-05-21 09:12:18
もなたろー、だって猫だもんさん、ひとつ答え忘れていました。
コニーは1/50です。
凄く大きいですよ。
Re:私も、ヒコーキ! (クラキン)
2017-05-21 09:18:10
みずさん、いらっしゃいませ。
仰る通り、世の中凄い人が大勢いらっしゃるということがよぉーーく判ります!
技術の凄さ、アイデアの凄さ、根気と根性の凄さ、実行力の凄さ・・・いろいろな凄さがありますね。
ただ素組みしてるだけの私なんかジュニアクラスみたいなもんですよ。
104の無塗装銀を筆塗りですか・・・・これも凄い事です。
成功をお祈りしています。
Unknown (あきみず)
2017-05-22 17:43:06
コメントが、遅くなりました 
毎日PCにふれるというのが、出来なくなってきたみたい
TVや本を読むのが、多くなりました。
こんなに紹介していただいて、恐縮します
私は飛行機しか目がいかなくて 他の作品をじっくり
見るのが無くて コクラキンさんのレポートの中で
見ていなくて素晴らしいのが、こんなにあったのかと
今更ながら残念な思いに駆られています。
朝一番の空いている時をねらわないといけないのですが、ホテルが電車で三つ目の所だったので
来るのも遅くなりました。
来年は UAMC に参加する予定です。
Re:Unknown (クラキン)
2017-05-22 19:38:11
あきみずさん、静岡お疲れ様でした。
筆塗りのこと、色々教えて頂いてありがとうございます。
私も全体の7割くらいしか観られませんでした。
ホテルが電車で三つ目とは不便でしたね。
私は毎年静岡駅から5分くらいのホテルを使っていますが、朝食付きで5000円以下なので助かってます。
私も来年のUAMCに今日エントリーしたところです。
間に合っているといいのですが・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL