自己満足日記

Kurakinのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

2017年静岡モデラーズクラブ合同作品展レポート その4

2017年05月19日 08時07分11秒 | プラモデルのお話
レポートその4はジオラマ編です。
ジオラマというとAFVっていうイメージがありますが、実に色々な作品があって凄く面白いです。
私も今年はサンダーバードのジオラマに挑戦しましたが、もっと他の分野でもやってみたいと思います。

毎度のことですが会場を隈なく網羅することはできませんので、あくまでも私が観れた範囲、目に留まった作品に限られますし、作者やクラブ名も記録できていませんので、ただ作品だけのご紹介になることを予めご了解ください。

先ずは飛行機のジオラマからです。
遠近法を利用した奥行きのある作品です。
手前が32で、奥が144だと思います。
この位低いアングルから見ないと意味がありません。


アクシデント現場のジオラマ2作品です。
こういうのは如何に写真そっくりに再現できるかが勝負だと思いますが、その点この2作品はかなりレベルが高いと思います。






戦闘シーン2作です。
ミサイルを真っ直ぐに飛ばすのが味噌ですね。

Ju88の乗員の命は・・・

米国本土空襲に向かう富岳の大編隊です。


飛行艇2作品です。
水面の表現、爆雷の水柱の表現が秀逸です。



オーソドックスなところですが、丁寧に作られています。


こんなのも‼️
夜間水上機・・・( ◠‿◠ )


次は私の大好きなお城です。
どれも素晴らしい作品ばかりです。

珍しい諏訪高島城です。 行ったことがあります。

これも珍しい大和高取城。


伊予松山城
地形まで忠実に再現されています。

大阪城2作品
夏の陣で炎上する大阪城

そして現在の大阪城


熊本城2題
先ずは築城

内部構造


城ではないかもしれませんが、真田丸です。
かなりの対策で兵士一人一人も素晴らしい出来映えです。


その他の情景ジオラマです。

夏祭り。
小学校だけではなく、奥の神社の出店まで雰囲気タップリです。
ジオラマの中に入りたくなります。


のどかな十字路の風景
良いですねぇ。


百鬼夜行!
これも目がテンの凄さです。


沈みゆくタイタニック2作。
逃げまどう乗客、切れ始めた煙突支持ワイヤーの表現など、凄くリアルです。
電飾も効果的です。


海底二万マイル、ノーチラス号と大タコ
ノーチラス号の仕上がりが素晴らしいです。


懐かしいジェミニ号帰還の情景です。
フィギュアの出来が素晴らしいです。


呉軍港の情景
おもっちゃっぽさゼロの迫力です。
アップで見るとその場にいるような錯覚を覚えます。


建物の情景2題です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年静岡モデラーズク... | トップ | 2017年静岡モデラーズク... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (もなたろー、だって猫だもん)
2017-05-19 21:26:21
クラキン様、再度こんばんは。
 イタレリでしょうか?ミラージュ、塗装が決まってかっこいいですねぇ。銀塗装の苦手な私にはこんな風に塗れるのは、憧れです。ミラージュⅢCは、やはり無塗装がイイです。全然ジオラマの話じゃなくて御免なさい。
Re:Unknown (クラキン)
2017-05-20 09:51:52
もなたろー、だって猫だもんさん、いらっしゃいませ。
メーカー名ちゃんと記録してないので判りません。<(_ _)>
私もこの銀塗装は素晴らしいと思います。
多分下地の黒をかなり丁寧に仕上げられたんだと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL