自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

ロンドンバス 製作記 その17

2017年10月10日 05時33分43秒 | プラモデル製作記
20個の客席のデカール貼りと組み立てという修行を無事に終えて、2階客席の組み立てに取り掛かります。

前回、箱組みまで終わった2階客席の床/壁に20個の座席を取り付けていきます。
後ろから前に向かって左右一対づつ接着していきます。
20個全部取り付けが終った状態です。
前方から観た写真

後方から観た写真

1階、2階合わせて着席定員74名です。立ったまま乗車も入れると110名くらいは十分に乗れそうです。

組み立てが終った2階席を1階席の上に載せて接着します。
ドキドキする工程です。
幸い大した狂いもなく、ほぼピタリと収まりました。

上から観るとこんな感じです。


2階へ上がったところのアップです。


これで全26ページのインストのうち、18ページまでが終りました。
残り12ページ、まだ先は長いです。

次はいよいよ外板の取付けに入りますが、ヘッドライトの電飾に挑戦です。



1/24 ルートマスター ロンドンバス RMC2217 レッド 029148
クリエーター情報なし
メーカー情報なし
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新型リーフ試乗 | トップ | ロンドンバス 製作記 その18 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
修行の成果ですね。 (0-sen)
2017-10-10 19:38:15
上下が合体されてだいぶバスらしくなって来ましたね。修行お疲れ様でした。その成果が見事に成就した形で表現されていて、整然とならんだシートが素晴らしいですね。まだ完成までの道のりは長そうですが、頑張って下さい。ヘッドライトの電飾、うまく行けばいいですね。
こちらはV-173がやっと完成しました。
Re:修行の成果ですね。 (クラキン)
2017-10-10 20:07:37
0-senさん、いらっしゃいませ。
修行のせいか出てますよ、1階の時の倍くらいのスピードでドンドン進みましたからね。
一度憶えちゃえば、同じことの繰り返しですから。
これからいよいよボディ製作です。
最大の山場を迎えます。
貴殿のV-173に負けないよう、丁寧に頑張ります。
Unknown (あきみず)
2017-10-10 20:11:53
座席の接着だけでも、気をつかいますね
上下のせても狂いが、ないのもさすがです
パイプの金属感が、つやもよく出来ています
ヘッドランプはどのようにされるのか
楽しみです。
○○自動車工業所 (みず)
2017-10-10 21:06:45
お疲れ様です。リーフの件でいただいたクラキンさんのReコメを拝読していると、そちらの道路、渋滞事情を垣間見た気がしました。私が自動運転に否定的なのは、安易に利用して、運転に責任を持たない人が出る事への恐れからです。車好きとしては、技術の進歩は大歓迎です。
さて、3枚目の写真いいですね。シートむき出し&二階建てのせいで、デカさをより一層感じます。こんなにデカいのに合わせが決まっているのは驚きです。組み立てでのストレスは殆ど感じないのですが、如何でしょうか?
しかしこのキット、シャシーから積み上げてパネル張り付けて…。クラキンさんがバックヤードビルダーに見えてきそうです。 電飾期待してます。では。
Re:Unknown (クラキン)
2017-10-11 19:47:35
あきみずさん、いらっしゃいませ。
勿論、これだけのパーツ数ですから一部は調整が必要なところもありますが、それもちょっとした調整だけでクリアできますから、パーツ精度は大したもんです。
パイプ部分はクレオスのメッキシルバーネクストを使いました。
サークルのメンバーからのアドバイスで下地に何も塗らないで、プラ材にいきなりメッキシルバーネクストを吹き付けるのが一番メッキ感が出ると聞いて、その通りにしたら確かにメッキ感が出ました。
ヘッドライトの電飾はチップLEDじゃないと無理かもしれません。
Re:○○自動車工業所 (クラキン)
2017-10-11 19:55:20
みずさん、いらっしゃいませ。
ハイ、こちらイギリスのアソシエーテッド・エクイップメント社の下請けでクラキン自動車工業と申します。(笑)
全長38cm以上あるので、かなり大きいですし、プラモデルとは思えないくらい重いです。
電飾は上手く行くかどうか・・・自分でも心配です。
あまり期待しないで下さいね。
私の住処の近辺はそんなに渋滞が激しい所ではなく、比較的走り易い道が多いのですが、この歳になってくると少しでも楽に、安全に、快適に・・・って思ってしまいます。
人間って贅沢なもんです。
形になってきましたね (酒好きオヤジ)
2017-10-13 03:26:20
1Fと2Fを接合するとその全容が見えてきて、まるで恐竜が現れたような感じです。
凄いものを製作されていると改めて思います。
言わばメカゴジラとでも言いましょうか?

今日、注文していたAIRFIXの"TRIUMPH TR4A"が届きました。
後で気づいたのですが1/24のつもりが1/32のスケールで見てみたらなんと小さなボディでしょう。。。
S屋さんは表示が小さいのでよく間違えます。

ロンドンバスと比べたら月とスッポンです。

Re:形になってきましたね (クラキン)
2017-10-13 05:44:50
酒好きオヤジさん、いらっしゃいませ。
恐竜並みに大きくて重いです。
回転式の台の上に載せて作業してます。
ここまでは全部内装でしたが、この後はいよいよ外装=ボディ作りになり、クリアパーツも凄く多いので緊張します。
トライアンフ、TR1~8まで続いた英国を代表するミドルウェイトスポーツですね。
1/32はお手軽に作るには丁度良いです
ボディ塗装にクレオス何本必要なんでしょうか? (もなたろー、だって猫だもん)
2017-10-13 07:05:33
クラキン様、おはようございます。
 繰り返しの作業、大変だったでしょう。すごいものは、地味な作業の集積なんですねぇ。言うのは簡単ですが、実際に手を動かし、着実に仕上げるクラキン様には感服致します。ヘタレモデラーである私だったら、椅子の数を見ただけで箱を閉じてしまったでしょう。
 峠は越えた感じですが、車軸の太さを拝見していると、完成後、保存しているうちにホイールを接着した部分から、重みのため車軸が折れるのではと、余計な心配を感じてしまいます。保存しているときは、ジャッキアップしておいた方が良いのではと思います。
 ボディ塗装、広範囲で大変でしょうが、がんばって下さい。
Re:ボディ塗装にクレオス何本必要なんでしょうか? (クラキン)
2017-10-13 20:56:40
もなたろー、だって猫だもんさん、いらっしゃいませ。
内装の山場は越えましたが、次は外装の山場です。
ボディカラーはクレオスミスターカラー68番のモンツァレッドをそのまま使います。
3本用意してますが、足りるかどうか微妙ですね。
ムラ無く均一に塗るのが難しそうです。
仰る通り、四輪のシャフトが重量に耐えられるかどうかもちょっと心配です。
駄目そうなら、展示台から支えるようにします。

コメントを投稿

プラモデル製作記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL