自己満足日記

クラキンのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

BAeホーク 製作記 その2

2017年09月20日 05時21分13秒 | プラモデル製作記
延々と修行が続くロンドンバスの箸休めに1/72飛行姿勢シリーズを作ります。

タミヤ(イタレリ)のBAeホークの製作2回目です。

コックピットの製作です。
計器盤はデカールは付いておらず、モールドだけですから、フラットブラックで塗った後、ドライブラシでメーターを浮きだたせて、赤や黄色で適当にデコレーションしました。
射出シートは後でパイロットを乗せるので簡単に塗り分けただけです。
操縦桿はパイロット搭乗後に取り付けます。



胴体パーツ右側にコックピットを接着しました。
この状態でハセガワ製の現用機パイロットのフギュアを乗せて、フギュアの頭がキャノピーと干渉しないようにお尻や背中を削って調整しているところです。
フギュアの足も邪魔になるので膝から下を切り取りました。


調整の終わったフィギュアを塗装します。
相変わらず下手くそですね。(-_-;)
でも現用機のパイロットはゴグルと酸素マスクで顔が全部隠れてしまうので楽ちんです。(笑)



途中、写真を撮り忘れてしまいましたが、胴体左右を接着し、主翼と胴体を合体し、キャノピーを取り付けてサフを吹いたところです。
全長15cm足らずの小さな機体です。


基本塗装前に主なパネルラインに沿ってシャドウを吹きました。


この後、インストの塗装指示に従い、上面ミディアムシーグレー、下面ライトグレーで塗装し、デカールを貼りました。
ロービジなので何だかパっとしませんね。
写真がピンボケですみません。


デカール貼り終ったら、艶消しクリアを全体に吹いて艶を統一し、デカールも保護します。
ここまで来たらキャノピーのマスキングを剥がせます。
パイロット君、2日振りの御対面ですね。
変化のあるポーズがなかなかいいでしょ。



後は主翼の下の釣り物を取付けて、ピトー管や翼端灯等の細部を仕上げれば完成です。
次の週末には完成するでしょう。


エアフィックス 1/48 Bae ホーク T MkI
クリエーター情報なし
エアフィックス
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンドンバス 製作記 その11 | トップ | BAeホーク 製作記 その... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真似しよ (hisota)
2017-09-20 07:56:04
人形の首を振るのは想像以上に効果的ですね!お行儀よく座らせるよりイキイキした感じがします。次回パク、いやリスペクトさせて頂きます。
Unknown (あきみず)
2017-09-20 15:15:37
乗員二人なんですね それぞれポーズを
代えた方が、動きが見えます。アルファジェットは
一人しか乗せていません楽ちん。
脚をしまうのは、慣れていない?ので 考えたことないんです
Re:Unknown (クラキン)
2017-09-20 20:08:37
あきみずさん、いらっしゃいませ。
今回は前席のフィギュアをちょっと斜め座りさせ、後席は横向き+右手で合図のポーズです。
後席はハセガワのフィギュアそのままのポーズで右手の角度をちょっと上げた程度です。
飛行姿勢は脚を作らない分、楽です。
但し、脚カバーがピタリと合えばの話ですが・・・。
(合わないキットが結構多い)
Re:真似しよ (クラキン)
2017-09-20 20:35:41
hisotaさん、いらっしゃいませ。
お役に立てそうな事はどんどんパクッて下さい。
フィギュアのポーズって結構大切で、ちょっとしたことで果然活き活きしてきます。
特に複座機は同じポーズじゃつまらないト思えてきます。
飛行姿勢のひそかな楽しみはフィギュアと釣り物をどうするかというチョイスです。
釣り物次第で軽快に見えたり、重厚に見えたり、随分雰囲気が変わります。

コメントを投稿

プラモデル製作記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL