自己満足日記

Kurakinのささやかな道楽三昧  2009年3月14日開設

2017年静岡モデラーズクラブ合同作品展レポート その1

2017年05月16日 04時34分14秒 | プラモデルのお話
2017年静岡モデラーズクラブ合同作品展のレポート1回目は、静岡ホビーショー・・・つまりメーカー展示からです。

私が観たのは最終日曜日の午前中でしたが、もの凄い混雑で、ゆっくりと観て歩けるような状況ではありませんでしたので、私の目に留まったものだけのご紹介になってしまいます。🙇

いつもの通り、フジミ以外の国産各メーカーと海外メーカーの代理店が出展していましたが、一言で言ってやや低調な感じでした。
少し頑張っていたのはタミヤ、アオシマ、バンダイの3社でしょうか。
ハセガワは全く元気なしです。 どうなっちゃったんでしょうか???

タミヤは新製品をドォーーンと出していました。

先ずは1/16戦車が2種類。
ヤークトパンサーとアメリカ現用のエイブラムス戦車です。
シャシーはアルミ製でサスペンションは本物と同じ金属製のトーションバーサスで、勿論稼動します。
キャタピラは金属ではなく樹脂製ですが連結組み立て済みでもの凄くリアルです。
ビッグスケールですが主要パーツは一発整形されているので、パーツ数は意外と少なく、組み立ては楽ちんそうです。






F1シリーズではタイレル6輪車を1/12、1/24の2種類のスケールで出していました。
どちらもエッチングパーツ付きです。


ついでに実車も展示されていました。懐かしいですね。



飛行機では1/32のコルセアが出ていましたが、これは新製品でしょうか?



バンダイは凄い人だかりでなかなか中へ入れません。
SWとガンダムとヤマトがメインだったような気がします。
人混みの中で揉みくちゃになりながらやっと撮れたのがこの3枚です。
SWローグワンから。


全長1.5mくらいのヤマト・・・非売品ですね。


アオシマのブースもバンダイと同じくらい混んでいて、ちょっと入る気がしませんでしたが、車と鉄道関係など幅広く出ていたようです。
ブース正面にはスカイラインの実車が展示してありました。
勿論特別仕様車で凄い迫力です。


元気のないハセガワのブースはジャンクパーツコーナーだけが混んでいて、その他の展示スペースは他社と比べて明らかに空いています。
数少ない新製品の一つがこのBMWですが、いかにも地味で、BMW好きの人しか買わないだろうなって感じです。

もうひとつの新製品がこのスペースシャトル&ハッブル望遠鏡です。
これはちょっと興味がありですね。
凄く良く出来ていて、船外活動をする乗組員も精密に再現されています。(写真赤丸の中にご注目)


ハセガワが代理店になっているレベルからはMe262の複座型の新製品が出品されていました。
これも買いですね。


その他のメーカーの新製品

エアフィックス1/48のウォーラスです。
パーツのモールドが素晴らしく、これは予約買い必須ですね。
近日発売予定。 価格未定。(怖)



HKモデルズの1/32モスキートです。
私は32は作りませんが、32好きの方のは良さそうです。
6宇木発売予定。


キネティック1/48のミラージュⅢの複座型
6月発売予定で価格が6800円! 高!


スペシャルホビー1/72のショートサンダーランド
イタレリと良い勝負でしょうか? 細かいディテールはこちらの方が上か?


エレール1/72のボーイングE-3BAWACS
一部のパーツしか展示されていなかったので何とも言えませんが、興味ありです。
近日発売予定。


写真撮り切れてませんが、海外メーカーはなかなか頑張っているようです。

最後になりましたが、やはりメーカー展示から手ぶらでは帰ってこれませんでした。
両方で2800円くらいの出費になりました。



次回は実物編の予定です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静岡から無事帰還いたしました | トップ | 2017年静岡モデラーズク... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
静岡、お疲れ様でした。 (みず)
2017-05-16 08:45:49
お疲れ様です。手前味噌ですが5/14にヤマトが完成しました!(電飾のせいで家族から「懐中電灯」と呼ばれています)。以前も書きましたが、クラキンさんのTBに引っ張られて完成に持ち込めました。改めて御礼申し上げます。
ただし、目標よりも早く完成した為、次回作の「ストラトをR・ブラックモア仕様に改造」の為のパーツが揃ってないので、タイレルP34('77、R・ピーターソン)を作ろうと思います。本日代休で、家に私しかいないので、仕事が捗りそうです。

さて、お楽しみの静岡リポート(ありがとうございます!)、タミヤいいですね。まだまだビッグキットの開発の余地はありそうですね。AFVは小学生以来作っていないのですが、ヤクトパンサー面白そうですね(タイガー、シャーマン、ヤクトパンサーしか作った事がないのですが…)。コルセアもいいなぁ。
そういえば、過去にもイマイの1/16エレファントなる物が存在していたのですね。'74年のモデルアートに特集があったのを思い出し本棚から引っ張り出してきましたが、ヘビーですね〜(価格も!)。タミヤのヤクトパンサーは、色んな意味でユーザーフレンドリーなようですね。

それにしても、ハセガワどうしちゃったんでしょうね? では。
Re:静岡、お疲れ様でした。 (クラキン)
2017-05-16 17:35:23
みずさん、いらっしゃいませ。
ヤマト完成おめでとうございます🎊。
ヤマトの電飾はやり甲斐あるでしょうね。
私の拙作がお役に立てたのなら光栄です。
今回の静岡はスケールモデルに限れば国内メーカーより海外メーカーの方が期待できる内容でしたが、キャラクター物などの分野ではまだまだ国内メーカーが面白いですよ。
ハセガワは本当に心配になっちゃいます。
合同作品展の方も近いうちにレポートしますのでもう少しお待ち下さい。
プラモの未来は… (もなたろー、だって猫だもん)
2017-05-16 23:07:25
クラキン様、こんばんは。レポートありがとうございます。
 新製品は、何出るのかは、以前は一番の関心でしたが、事前に雑誌に発表したものしかないと関心も薄れてしまいますね。隠し玉は欲しいですね。
 私も興味がわく新製品(実際には高くて買えませんが。)は、今はほとんど外国メーカーのプラモばかりです。国内では、フジミとアオシマだけでしょうか…。
 タミヤも目玉の新製品がCRF1000Lだそうで、でもパリダカマシンではなく、ただの市販車。「一番」が大好きなタミヤさんだったら、KTMじゃないの?とも思うし、CRFのオーナーはプラモ作れなくても買ってくれるでしょうが、一般のモデラーで興味持てる人はどれくらいいるのかと思ってしまいます。バイク好きは、3ない運動で絶滅させられましたから、今の若い世代にはほとんどいないんじゃないかと思います。ならば、おっさん世代のバイク出す方が良いのではないかと思います。個人的には、1/12 NR500 ですが、1/6ならば、Z2かマッハあたりかなぁ。クラキン様ならば、何のバイクならば作ってもいいですか?
 ハセガワの新製品の2002は、クラキン様と違って、私にはツボにはまっています。今まで、1/24がなかったのが不思議に思います。しかも、ターボではなく、tii というところが泣かせます。車の模型は、どうしてもスーパーカーか日本の高価な車に偏ってしまうため、こういう普通の車、私には嬉しいです。ローバーP5、オースチン30、アルファ75、フィアット600ムルチプラ、サーブ92や シトロエン・アミ6みたいなもの、そろそろ出てほしいなぁ。
 でも、ハセガワ、他はどれも旧キットデカール換え、コンボで大幅値上げでは、ハセガワ・マンセーの人たちでさえも買っていられなくなるのではないかと心配です。

 何で、こんなに模型買ってもらえないのかと考えたのですが、一番は価格なんでしょうね。若い人にとってはスマホほど面白くないし、おっさん世代には教育費やローンに縛られ、こんな高いプラモを買えないということなのでしょう。また、私たちの世代では、子どもの頃、漫画の表紙は大和でしたし、子ども向けの絵付きの戦記もの(秋田書店が多かったかな?)に囲まれていました。「決断」なんて児島 襄 節 そのものを展開させていて、よくも土曜ゴールデンに放映できたのかと今は思いますし、サンケイの第二次世界大戦ブックスが出たときは夢中で読んでいましたね。でも、今、図書館に行って調べたら、子ども室には戦記ものなど、書庫も含めて一冊もないのです。せいぜいあって原爆の絵本ぐらいです。これでは、兵器中心のプラモなど、子どもが興味を持つはずもありません。そうなると、模型メーカーがこういう兵器が昔はあったんですよという紹介をアニメみたいなもので啓蒙活動しないとプラモに関心を持ってもらうことは無理なように思います。(右翼的にならず、紹介するのもものすごく大変でしょうが。)

 ところで、クラキン様のお求めになられたレベルのホルテン、倒産したとか噂のPMモデルのOEMと信じて居りましたら、レベル自身のキットだということが今、分かって…ヤバイ、わたしも積まなくては!
飛行機のハセガワは既に遺物と化したのでしょうか? (0-sen)
2017-05-17 01:04:45
HSレポートを拝見するまでもなく、ハセガワの低迷振りが心配です。かつて「飛行機のハセガワ」と呼ばれた時代はもう来ないでしょうね。大戦機ファンとしては非常に寂しく思います。国内メーカーは艦戦モデルやカーモデルが中心になっているのでしょうか?
零戦62型(1/32)が登場と言われても、単なるバリエーションキットにしかすぎず、また零戦か!になってしまうんですよね。(でも、ファン心理としては買っちゃうんですけどね…w) メーカーとしても、利益を上げなくては新製品の開発は難しいでしょうが、今、ブームとなっている艦戦などの方が、儲けが出るので、仕方ないのかもしれませんね。
タミヤのコルセアもバリエーションキットですよね? タイレル6輪車は若かりし頃、若気の至りで作りました。今も完成品が残っていますが、人様にお見せできる代物ではありません(笑)
HKモデルズ1/32モスキートも恐らく先のキットのバリエーションキットだと思いますが、少し気になる存在です。

下2枚の写真のキットは私も積みプラ化しています。
画像、非常に綺麗に撮影されていますが、iPhoneで写された物でしょうか?
Re:プラモの未来は… (クラキン)
2017-05-17 05:55:14
もなたろー、だって猫だもんさん、長文のコメントありがとうございます。
仰る通り、私が見た限りでは雑誌やHP上で事前PRされていた物ばかりで、サプライズは無かったと思います。
タミヤの目玉新製品がCRF1000Lとは知りませんでした。全然インパクト無かったですよ。
私が欲しいバイクプラモ・・・市販レーサーのTZ250やKR250、RS125、昔片山敬済が乗っていたTZ750、市販車のマッハⅢ、RD250、WⅢ、XS1あたりでしょうか。
私が今回写真を載せたのは一応私が興味を持った物なので、BMWもその中の一つですが、商材としてはどうかなぁ・・・って感じです。
ハセガワのデカール替えは良いとしても、抱き合わせ販売はプラモファンの反感を買いそうで私も得策ではないように思いますね。
たまに何かの記念でやるなら良いでしょうが、こうも矢継ぎ早だと単価アップの策としか思えないですからね。
プラモの未来という意味では、プラモ=スケール物=兵器という構図はもはや成り立たないのではないかと感じています。
仰る通り、今の若い世代にとっては第二次大戦の兵器なんか完全に過去の物で、殆ど知識もありませんから。
(但し、一部にはこういうことに興味を持っていて、驚くほどよく知っている高校生なんかも居ます。)
もっと幅広く「模型」と捉えて、何が面白いか、何が求められているか・・・って発想にならないと駄目なように思えますね。
今回のモデラーズクラブ合同作品展を見ていてもそれを痛感しますね。
レベルのホルテンは早速明けてみましたが、完全なレベルオリジナルだと思います。
かなり出来の良さそうなキットですよ。
Re:飛行機のハセガワは既に遺物と化したのでしょうか? (クラキン)
2017-05-17 06:10:46
0-senさん、いらっしゃいませ。
二式大艇の新発売や今回のスペースシャトルなんか見ていると「飛行機のハセガワ」健在か・・・と思いたいですが、往時の元気はないですね。
売れそうなキットは全て出尽くしたと思っているのでしょうか?
何が売れるか判らなくて迷走しているような感じがします。
私はバリエーションをドンドン出していくのは悪くないと思いますが、お値段は抑えて欲しいですね。
結局は、プラモ=スケール物=兵器という構図に捕らわれず、もっと幅広く「模型」と捉えて、何が面白いか、何が求められているか、という発想にならないと駄目なように思えます。
国内各メーカーもそういう方向性になってきているのは間違いないようですが、まだまだ「吹っ切れてません」ね。
写真は一部はiphoneですが殆どは「フジ ファインピクスHS10」という高倍率コンデジ(いわゆるネオ一眼と呼ばれる類)です。
構造はコンデジですが、レンズ口径が大きく明るくなっていて、画像を記録するCMOSが大きなっています。
光学25倍ズームで手ぶれ補正付きです。
勿論HS動画も撮れます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL