日本史学習拾遺

日本史よもやま話、授業の補足、学習方法

春です。東大寺二月堂お水取り

2017-03-15 12:21:53 | 旅行
11日(土)に、学芸員資格課程の科目修得試験を奈良大まで受けに行き、ついでに、東大寺二月堂のお水取りを見て来ました。黒塚古墳も見たのですが、その話はまた今度。



その前に、先週の出来事から書きますと、本校でも卒業式がありました。
今年の卒業生徒は、私も一度は授業を持ったことのある生徒ばかりで、感慨深く卒業を祝いました。みんな、きりっとスーツを着こなして、晴れやかな笑顔で卒業していきました。定時制ですので、仕事をしながら学校に来て、勉強して、部活もがんばって・・・という生徒も多かったのです。そんな生活をしながらも、私の授業でも課題をやってきたり、試験で立派な点を取ったりという生徒もいて、本当によくがんばりました。これからの人生に幸多かれと願います。

さて、奈良日帰り旅についてです。
来年度はあまり奈良にまで行く機会は少ないだろうと思われ、たまっている東海道新幹線のEXカードのポイントを、失効(一部は6月)する前に使ってしまおうというもくろみもあり、奈良大まで試験を受けに行くことにし、ポイントを使って、グリーン車に乗りました。
1000ポイントたまると、グリーン車に普通の指定席料金で乗れるのです。新横浜から京都だと、グリーン車は4000円くらい高いようです。
席に着いたら、しばらくしてアテンダントさんのような方からおしぼりをいただきました。座席がゆったりしているとか、読書灯があるというのが印象的でした。次はいつ乗れるかな?
勉強不足で、新幹線の中でも勉強していたら、あっという間に京都でした。
定時制勤務だと早朝出発の旅はきついのです。前夜も、部活のためやや遅い電車で帰宅し、
急いでも1時くらいに就寝して、6時過ぎに家を出るために5時過ぎに起きるとなると、睡眠時間は4時間くらい。そのうえ、夜にお水取りを見て、終電の一本前で0時前に帰宅という行程でした。

以下、お水取りの話です。
東大寺二月堂のお水取りが終わると、奈良に春が訪れるといわれています。
この記事だけは、すぐに書かないと、もう春が来てしまうので、ちょっと急ぎました。
お水取りは、別名「修二会」(しゅにえ)といいます。

「この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われているが、もとは旧暦の2月1日から行われていたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになった。また二月堂の名もこのことに由来している。」(東大寺ホームページより)
http://www.todaiji.or.jp/contents/function/02-03syunie1.html

詳しいことは、上記のリンクでご覧いただければと思います。
天平勝宝4年(752=大仏開眼供養の年)から、一度も途絶えることなく1260年以上行われてきたというのですからすごいです。
お水取りというと、あの二月堂の外廊下を大きな松明を持った人がダダダッと走り抜ける行事、というイメージが一般的にあると思います。それ以外にもいろいろなことが行われているわけですが、そもそも、「お水を取る」というのは何なのか?
取ったお水は、十一面観音様に捧げるのですが、そうすることになったわけは、以下のとおりです。

昔、実忠和尚が、修二会の行法中、「神名帳」に書かれた全国の一万七千余の神様の名を読み上げ、参集を求めた。神々はすぐに集まってこられたが、若狭国の遠敷明神だけが川で魚釣りをしていて遅刻された。
それを他の神が口々に咎めた。そこで遠敷明神は「これは申し訳ない。お詫びとして、ご本尊にお供えする霊水を若狭からお送りしよう」といい、二月堂下の大岩の前で祈られた。すると、大岩が動いて二つに割れ、黒と白の鵜が飛び立ち、続いて霊水が湧き出た。和尚はこれをお供えの水とされた。これが今も二月堂下にある若狭井戸である。

http://www.pref.nara.jp/koho/kenmindayori/tayori/t2012/tayori2403/nara_mukashi2403.htm
(奈良のむかしばなし)

若狭国は今の福井県で、お水取りの10日前に、福井県の小浜で、「お水送り」の行事が行われているとのことです。面白いですよね。福井県と奈良県で水脈が通じているという。
奈良大スクーリング―考古学の、だったでしょうか、東大寺を見学した時に、若狭井の前で説明も聞きました。この若狭井から、12日の深夜~13日にかけて、お水を取るのです。

お水取りは、20年以上前に、出張帰りに見たことがあります。それは、特別大きい松明が出る3月12日でした。
いわゆる「おたいまつ」は、12日だけでなく、3月1日から14日まで毎日あがります。12日以外はやっていないのかと誤解されることが多いらしいですが、12日以外で、平日が狙い目とのことです。今回行ったのは11日ですが、土曜日だったのでどのくらいの人出になることやらと思いながら行きました。やっぱりお客さんは多かったですね。

20年以上前の前回の時は、詳しい予備知識もなく、カメラも持たずに行きました。インターネットとか携帯電話とか便利な道具もありません。開始の2時間くらい前に現地に行き、結構ぎゅうぎゅうな状態で、一人でじっと待っていました。若いからこそできたんでしょうかね。


月がよい感じで上ってきた二月堂前の石段。続々と人が集まってきています。
これを含め、下の写真はビデオの画像から切り出したり、ビデオカメラで写真として撮影したものです。

今回は、ぎゅうぎゅうというほどではありませんでした。それでも、いい場所は先客がいて、約40分前くらい、に行った私は、ほどほどの場所で待つことになりました。20数年前と似たような位置でした。前に見た時は、おたいまつが始まると、お客さんを、少しずつ前の方の道に歩かせて流して、後ろの方のお客さんも順番に見られるように配慮されていたのですが、今回は、12日でないからなのかはよくわかりませんが、お客さんが前の方に流れていくという形ではなく、みんな、始まるまでに陣取った位置から動くことなく見て、帰りたくなった人は後ろの方から帰る、みたいな形でした。

今回はビデオカメラを選択して、撮影してみました。ビデオカメラは、結構、夜間の撮影に強いと思うんですよね。しかし、事前に、皆さんが、だいたいどういう構図で、どういうふうに写真を撮っているのかを調べなかったので、後で、ああすればよかったのか、と後悔したことがありました。特に、カメラを使って、シャッターをしばらく開けっ放しにして、たいまつが廊下を走っていく光を一直線に表現するというものを、やりたかったですね。近いうちに、挑戦したいと思います。

東の空にはきれいな月が上ってきていました。
19時を過ぎると、場内の人工的な照明が消され、やがて、ゴォーーンと、やわらかい鐘の音が遠くから響いてきます。とても趣のある雰囲気に支配され、観客も静かに息をひそめて、たいまつが現れるのを待ちます。これだけの人数の人たちが、一言も発せず、しばし、その時を待つ、という、その空気感がよかったですね。集まっている人たちも、基本的にお行儀がいい感じです。若い人も(が)多かったです。お年寄りの人は、長時間立って待っているのが大変だし、暗くて足元も危険なので、お元気でないと大変かもしれません。
平日で12日以外なら、お客さんももっと少なくていいかもしれません。


1本目のたいまつが左手にのぼってきたところ。



童子の方が、たいまつを掲げて突進しているところ。






どういう間合いで走ってきたり、松明を掲げたり、ぐるぐる振って火の粉を落としたりするのか、よくわからないのですが、予想外の動きなどに歓声が上がったりして、その歓声も、うるさいというほど大きくはなく、穏やかに湧き上がってくる感じで、よかったですね。
下で一生懸命、消火作業をしてくれている人たちがいたらしいのですが、本当に、建物や木が燃えちゃうんじゃないか、とハラハラするような場面がありました。1260年以上もやっているのですから、大丈夫なんでしょうけどね。

後で書き足すと思いますがとりあえず、出勤前にアップしてしまいます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 環濠集落、条里地割、溜池・... | トップ | 博物館学芸員資格課程1年目... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
奈良、奈良 (普通検索観音)
2017-03-16 15:05:10
こんにちは、いい写真がたくさんありますね。本当によく火災にならないと思ってしまいます。また見る機会もあるでしょうが、もう見た気分です。奈良大も2年目に入るので、今年はスクーリング、スクーリングの合間に10日間くらい奈良に居座って、奈良公園をぶらぶらしようかな。文庫本と鹿せんべい持って。
Re:奈良、奈良 (ツツコワケ)
2017-03-18 21:40:43
普通検索観音さん、こんばんは。
今年度もそろそろおしまいですね。
スクーリング一つ一つの機会をじっくり楽しんでください。
シカさんたちは本当に礼儀正しくて、よくあいさつされます。
ホルンで呼び集める所とか、見てみたいです。
「鹿男あおによし」という小説・ドラマはご存知でしたか?私は大好きです。
鹿がよくしゃべるんです。
黒塚古墳も関係あるんでしたかね。
初めまして (ちひろ)
2017-04-05 10:09:51
初めまして。2012年(2年間休学)奈良大通信に入学しましたちひろと申します。普通検索観音様のブログからこちらのブログを知り、お邪魔いたしました。計画性のない性格のため4年生になってしまいましたが、今年度卒業を目指しています。日本史や勉強方法についての記事も興味深く拝見させて頂きました。実はモチベーションを保つことができなかったのが、私のマイナス要因でした。勉強のモチベーションを保つコツがあれば教えて頂けないでしょうか?
Re:初めまして (ツツコワケ)
2017-04-05 21:44:04
ちひろさん、コメントありがとうございます。
卒論を今年書くのですか?がんばってください。
モチベーションを保つ方法ですか…最近、博物館学芸員課程で苦戦しているのであまり私が役立つことを言えるとも思えませんが、私の経験では、スクーリングで宿を予約すると、どこを観光してこようかな、と、夢が広がり当日まで楽しいです。
テキスト科目は、考古学系は自分の興味と合致していたのでやっていて楽しかったです。だから、勢いでしょうか?
平安文学論とか、興味が持てない科目は苦痛で、結局やりませんでした。興味が持てるものを中心に攻略したらどうですか?

学芸員課程までやるのでしたら、スクーリングでできるだけ単位を稼ぐのがお勧めです。
テキスト科目の勉強は、私は大分飽きてしまいました。

あとは、真理の探究、とでもいいますか、まだ解明されていない分野を明らかにしたい、という思い・熱意みたいなものを、特に卒論によって形にする、という目標がよいのではないでしょうか。

科目修得試験を奈良まで受けに行って、ついでに観光してくるのもいいですね。
私は奈良に好きなカフェがあって、そこでお茶を飲んだり、豆を買ってスタンプを集めたりしてます。モチベーションといえばそうかもしれません。
Unknown (ちひろ)
2017-04-05 22:16:24
詳しく有難うございます。スクーリングはほとんど全部取ってしまって、あとはテキスト4科目だけなんです。でも少しでも楽しく覚えられるように根を詰め過ぎないようにします。奈良観光も素敵ですね!私はいつも興福寺にいってました。奈良に行くという楽しみをモチベーションに、残り科目を消化し、卒論に挑んでていきたいと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。