くらしデザインスタジオ@楽(^^)

住まいや街など、様々な暮らしの提案やサポートをする中で、なんとなく気になったこと…!?イロイロです。

トイレサイン雰囲気

2016-10-08 | 街のモノ

さいたま市民会館うらわのトイレの案内サインです。通路の天井から吊り下がった、上枠以外は枠の無い、少し大きめの四角い照明形のサインです。トイレのマークが四角に対して小さめで、この余白と三方枠無しが組み合わさり、とてもいい雰囲気をかもし出しています。

市民会館うらわは約45年前の建物なので、内部がとても暗く、その暗い通路で、柔らかく明るく光っているのもいいのかもしれません。トイレの存在を、ここまでサインで示す必要がと思いますが、最近はまたトイレの場所は大事になってますよね。

こういうサインは近年作るとは思えないので、建築当時のものだったりするのかもです。乳白色がキレイなのでガラス製なのかなと思ったり、照明には、丸形の蛍光灯が入っているのかなと思ったりしてました。


こちらは、その近くの公衆トイレの手洗い脇に付いていた、金属製のバーです。最初、変なところに付けた手すりだな…と思ったのですが、おそらく手すり目的ではなさそうです。上下2段なので、掃除の時などに、何か細長いモノを立てたりするのかなと思ったりしましたが…、どうでもいいことなんですけどね。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変則2車線と都電… | トップ | 夏休み作品展と思い »

街のモノ」カテゴリの最新記事