くらしデザインスタジオ@楽(^^)

住まいや街など、様々な暮らしの提案やサポートをする中で、なんとなく気になったこと…!?イロイロです。

タキ形式とても多い

2017-06-14 | 街のモノ

さいたま新都心駅へ行くと、大宮操車場によくタンク車が停まっているのを見ます。ぱっと見、ほとんど同じに見えるのですが、形式番号を見る習慣から形式番号を見てると、タキにも種類がありそうです。ちなみに、上の写真の時は、手前が「タキ1000-967」奥が「タキ43001」で、この2形式が多数を占めているのですかね。私には、台車の違いぐらいは分かるのですが…。


なので、少し前にタキを調べてみたくなり、Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/JR貨物タキ1000形貨車を見ますと…「タキ」だけでも200形式くらいはありそうです…。ということで読むのは挫折して、タキ1000形とタキ43000形の違いだけを少し把握するだけで終わりになりました…。貨車の形式が細かく様々あるのはきいていましたが、ここまでとは…。

ちなみに、遠目で見間違いでなければ、写真の「タキ43001」はタキ43000形のトップナンバーってことですよね。製造年は1967年とのことで、とてもそんな経年を経ているようには見えず、私より年上だとは思いませんでした。貨車は相当な走行距離があると思うので、50年間でいったいどれくらいの距離を走っているのか気になります。が、調べる手がかりは見つかりませんね…。
『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 浴室すのこの部品… | トップ | ねこ殿いつもの寝床 »

あわせて読む