蔵っ子日記

これは中堅(?)蔵人の日々を綴った素朴な日記です。
だんだん「蔵っ子」と言えない歳になってきたか?でもよろしくね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大甑登場!

2011年11月28日 21時45分56秒 | 日本酒
11月も終わりが近づきました。
 
一言。やばーい。

日々いろいろなところの掃除、片づけ、準備等こなしているものの、
やはり不安は付きまとっていて、休憩中もいろいろとみんなで確認。

「仕込みが○日だから、水取りが×日だね~」
「ホースとタンク用意しとかなきゃ」
「あれ、4番目の仕込みタンクってどこだっけ?」

というようなかんじで、とりあえず12月中の仕込み予定は確定しなきゃね。

何事も段取り、先手先手です。

夜の時間を使って、これから考えてみます・・・とほほ。

さて、昼間は「大甑」が登場しました!



大釜の上に、甑を乗せています。
おおきくて重いため、4人がかりでセットします。

何やら中を覗き込んでいますね。



この銀色の「さな」とよばれる底板をはめているところです。
たくさんの穴が見えますが、これらの穴から、釜からの蒸気を上へ、
つまり、お米にあてて、蒸していくわけです。

実際に使用するのはもう少し先です。
お米700kg!とかなると、うわーどんだけ~(古っ)ってなります。
蒸気が上がる姿もすごいですので、どうぞお楽しみに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は神様旅立ちの日。

2011年11月26日 21時31分52秒 | Weblog
なんかここんとこ急に寒くなりましたね。
なんか鼻水がよくでるなあ、と思い、もしや風邪の引き始め?
引き初めには「早めの○ブロン」ではないけれど、薬を飲んでみたところ、
さすがききめバッチリ!
休めない仕事だけに、自分の体調管理にも十分気をつけるようになりました。
あるいみ進化ですね。すばらしい。

ところで今日は、出雲に集まった神様がお帰りになる日です。
隣にある斐川町にある「万九千神社(まんくせんじんじゃ)」では、
この11月26日がお祭りの日でした。

残念ながら、蔵仕事のため、行くことはできませんでしたが・・・。

ネットで調べてみるに、実に面白いお話。

出雲大社でいろいろと話し合い(今でいうサミットかな)をされた
日本全国の神様は、最後、この万九千神社にお集まりになり、ここから
各地にお帰りになるそうです。

だから、この神社のある地域の名前は「神立(かんだち)」

そしてこの26日を「神等去出(からさで)」というそうな。

・・・渋い、渋すぎる・・・。

神社の名前も「万(よろず)の神様が集まるにふさわしい名前ですね。

やはり神話とともにある出雲地域。目に見えないものにも思いありです。

そんな地域で「酒造り」ができるのは素晴らしいことですね。

・・・これまた、渋い。

ということで、今日は少しだけ出雲神話ネタを披露してみました。

ちなみに今日の蔵の作業は「ヤブタ板組立」でした。



この板にこうして、白い布をつけて



この本体に入れます。



まだ途中なので、次回もう少し丁寧に説明します。お楽しみに~




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は勤労感謝の日

2011年11月23日 21時10分55秒 | 日本酒
今日は勤労感謝の日です。
毎年ブログで書いてますが、私たち蔵人は、「働けることに感謝」し、
今日も休みでなくて、働いております。ふふん。負け惜しみではありません。

それとは別に、今日は「いい兄さんの日」でもあるそうです。
11月23日、ね。昨日は「いい夫婦」ね。う~ん。

じゃあ、明日は「いい西」の日かな? 西を向いて恵方巻き?違うな。
とにかく11月は「いい」のだ。

さて、今日は若い女性ゲストが蔵体験でした♪
日頃大変お世話になっているI島出身のK畑さんです。
おじさんとしても何となく嬉しいです。



慣れない手つきで麹となる蒸米を触っております。いいですね。
純米酒となる五百万石70%。もとこうじでした。
はじめての手入れはどんな感じだったでしょうかね。

しかし、女性がいると潤いがありますね~。(隣は嫁さんです)



なんと、もやしも振らせてもらっております。

左の男二人が変な感じですね。

さぞ、大阪にいるお兄様も悔しがっている?ことでしょう。

いまはまだ仕込み作業にも余裕があります。
12月に入ると、本仕込みも始まり、お米の量も増え、
それぞれの担当業務も増えてきますので、こんなにほんわかの
雰囲気はないかもしれません。ちょっとラッキーかもね。

今日の出雲は大風です。
これは冬一番?寒くなってくるかな?ではまた。

P.S 本日広島から訪問くださったM夫妻様、また先日ブログで紹介できなかった飲食店KのK夫妻様、お忙しい中ありがとうございました!
またひとつ元気をもらい、頑張り度があがりました!


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

いい夫婦の日

2011年11月22日 22時15分51秒 | 日本酒
今日は11月22日で、「いい夫婦の日」だそうだ。
うちの会社でも社員の息子さんがこの日を選んで結婚式を挙げたそうな。
日のいい日もいろいろあるけど、こういう日もありですね。
おめでたい、おめでたい。

さて、すこし「いい夫婦」にちなんで考えてみるに・・・

男が仕事を一生懸命にできるのは、いい夫婦、またいい家庭、が
あることが大切ですよね。
まあ男に限らず、バリバリ働く女性もしかりでしょうが。

酒造りをする杜氏、蔵人もまさにそう。
冬の間は家にもなかなか帰れず、家のことは奥さんに任せきり。
子育ても奥さん、近所との連絡等も奥さん、と。
さみしいでしょうが、毎年、また酒造りにでてこれるのは、
そういった家族の理解があってでしょう。
これって現代に置き換えてみると、そんなに簡単じゃない気がします。

(勝手ですが)大変だけど「絆」はしっかりしている気がします。

先輩方を見習い、そういった夫婦、家族を目指さなければ!

ニッポンが滅びる!(というのは大げさかな)

さて、話は変わり、本日は、土間の掃除のひとこまです。



これは高圧洗浄機でコンクリート床を掃除しているところです。

すごい汚れが落ちます!圧巻です!驚きます!

ケルヒャーという外国製のものですが、ホームセンターに売ってます。
昨年買ったのですが、一番役にたったお買いものといっても過言ではありません。
まだの方は是非お試しください。お掃除が楽しくなりますよ♪










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お米の粒とにらめっこ

2011年11月20日 20時21分36秒 | 日本酒
夜になって少し寒くなってきた出雲です。

しかし、もうすぐ12月だというのに、なかなか寒くなりませんね。
みなさんの地域はいかがでしょうか?

昨日はちょっとした忘年会があり、夜遅くまで飲んでいたので
今日はちゃちゃっと仕事して、早く寝ようと思います。
今ぐらいだけかな~早寝もな~。

さて、米洗いもつぎつぎと進んでおりますが、
今日は仕込み3号、佐香錦の酒母の掛米の米洗いでした。

これは精米歩合55%。
ということで、だいぶ小さくしているので吸水にも気を使います。
といはいうものの、米粒も状態がまちまちなので、何とも言い難いですが。



見てますね~。
お米が水を吸うのを見ています。
吸わせすぎもイカンし、吸水不足で芯があるようなのもいけません。



(100円ショップで買った)黒い小盆を浮かべます。
水を吸うと米粒が白くなるので、それを見ています。

もちろん時間も計りながらですけど。

この洗い&吸水がほんと大事なんです。がんばります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初もと仕込みでした。祝!

2011年11月18日 21時41分31秒 | 日本酒
こんばんわ。
この時期は、なにかと「初」が多くて、毎晩お祝い中です。
酒蔵でのお祝いはもっぱら「酒」「晩酌」となります。(ビールも可です)
なんだかんだいって飲んでるだけか~。

本日は、初酒母仕込みでした。

酒母ができないと、もろみも出来ません。
ということは、酒も出来ません。

酒母では、それは元気でたくさんの酵母ちゃんたちを
育てる必要があります。これから手間暇かけて育てます。
始まりましたね。始まっちゃいましたね~。



蒸米をみんなで冷ましていますね。
熱々のお米を入れるわけにはいかないので、計算に基づき、
ある温度まで手入れして冷まします。
お米と会話している感じです。



もと屋さんの合図で、タンクに投入。
そして水、麹、蒸米を混ぜ合わせます。「櫂入れ」です。

このタンクは小さいので二人で入れております。

画面右のK保君がややへっぴり腰に見えるのは、
久しぶりだから、ということにしておきます。

とにかくも酒母仕込み第一号!

女子バレーも米国に勝ったし、祝!めでたしめでたし!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麹の仕事。仲仕事。仕舞仕事。

2011年11月16日 22時19分35秒 | 日本酒
今日も書くぞ!
今日はとても天気が良かった出雲です。しかし風は冷たくなってきました。
12月も近いですからね。どんな冬になるやら・・・。

さて、昨日麹室に蒸米が入り、いよいよ麹造りはスタートです。

今年も麹は嫁さんが気合い入りまくりで取り組みます。

お昼過ぎ、一回目の手入れをします。
写真のように、蓋にもった麹米をさささっとまぜ、真ん中に穴をあけます。



そして、18時過ぎ、同様にささささっとまぜ、こんどは表面にすじをいれます。
そうですね、たとえばホタテやハマグリの表面の筋のような筋です。



みえにくいけど、そうなんです。(ん?ほんまか)

というわけで、夜中、温度が上がりすぎないよう注意しながら
夜が更けていきます。こうして麹は明日朝完成なのです。

初っ端はなんかいい感じにできてそうな予感♪です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は初甑、初引き込み、初床つけ、初朝飯、ってしつこい・・・。

2011年11月15日 21時25分13秒 | 日本酒
ついにお米を蒸してしまいました。

今日は「初」甑(はつごしき)です。
冬になると、毎朝、酒蔵の煙突からは蒸気が上がります。
日本の古き良き風景って感じですなあ。



蒸気がもわもわとあがっております。
メガネはすぐくもります(私は裸眼ですが)



だんだん蒸気が抜けてきて色が変わります。
うまそうです♪

そして蒸しあがったお米を麹室に入れます。
初めての麹室作業です。



ちなみに、
「引き込み」とは、麹室に蒸米をいれること。
「床つけ」とは、蒸米に種麹を付けること。

同時並行での他の作業がなかったので、みんなで麹室作業。

なんか久しぶり~、なつかし~。

ということで、昨晩から泊りがけですので、
朝ごはんもみんなで一緒に頂きましたよ。「初朝飯」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖かい日の精米は・・・ちょっと嫌。

2011年11月13日 21時25分35秒 | 日本酒
11月も中旬。

寒くなってきても当たり前、しかし、日中日差しがしっかりあると
半袖でもいいくらい。まだまだ暖かいって感じ。

洗濯物は乾くからいいよね~。

厚着しなくていいしいいよね~。

風呂入るとき&出たときの裸が苦じゃないよね~。

ということで、いいことずくめのようですが、しかし!

精米はちょっと困りもの。



(すばらしい天気。この削る部分の上部にあるタンクが問題)

精米作業はお米を削るわけで、削るとお米は熱くなります。
摩擦熱のせいです。

外気が冷たければ、摩擦熱による温度の上昇もある程度
抑えられますが、外気が暖かいと、なかなか冷めません。

すると精米器はさますために削ることをやめて、から回しします。
一般的に米温が40℃以下で精米しましょう、と言われております。
あまり高くなると割れてしまって、具合が悪いのです。

というわけで、私、今、精米器の番をしております。

予定ではもう終わってるところですが・・・、仕方ありませんね。

まあ、女子バレーもブラジルに勝ったことだし(ちゃっかりTV観戦)
のんびり待ちましょ~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早くも、甑の準備です。

2011年11月11日 20時03分57秒 | Weblog
いやはや。今日で蔵入り3日目。

初日は酒造安全祈願の神事や健康診断などあり、あまり仕事できず。
昨日はその分、しっかりすすめることが出来ました。
そして、今日も予定通り、「甑」をひっぱりだすことに成功。

蒸気を通して試運転。うーん、なつかしい風景。



お米も順調に精米が続けられ、スタート地点への準備が
着々と進んでおります。ヨーイドンでまったなし。ひえ~。

しかし、まだまだあることはあり、

麹室道具の準備、布やら箱やら蓋やら・・・
もと場もじゅんびしなくちゃね。麹ができるとすぐだからね

あっ、酵母もたのまなきゃ。もやしも。
という具合に、みんなで話していると思い出します。

まあそんなんでいいかもね。
半年ぶりだし。完璧な人間ではないのだから。

明日も仕事だ~。がんばりましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加