蔵っ子日記

これは中堅(?)蔵人の日々を綴った素朴な日記です。
だんだん「蔵っ子」と言えない歳になってきたか?でもよろしくね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その名も「びん太」

2006年04月28日 20時05分04秒 | Weblog
さあ楽しかった東京出張も終わりました。今度は会社で地に足をつけて働きます。
今まではお酒を「造る」ことが仕事でしたが、春からは造ったお酒を「商品化する」ことが主になります。一升瓶や四合瓶、ワンカップ、パックなどなど、いろいろ酒の入った容器もありますよね。これらにそれぞれのお酒を詰めなければいけません。
この機械は「びん太」君です。瓶をあのノズルの先に差し込むと自動的に一定量まで注いでくれます。我々のような小さな蔵は、みなさんが思った以上に手作業やお手製のものが多いのです。それが味があって良い場合もありますが・・・。
ところでこの「びん太」君、メーカーのアピール文によると、どんな容器にもBINBIN詰められる・・・そうです。雰囲気は伝わってくるけど、BINBIN詰められるって日本語は、どうかな・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

みなさま、ご来場御礼!

2006年04月26日 20時11分36秒 | event
ひさしぶりの日記です。というのも東京出張の間、パソコン持って行ってませんでしたから・・・。とにかく、早くイベントの報告をせねば!と思いつつ今日となりました。
4月21日~23日に行われた「試飲即売会 in 東京」はおかげさまで大成功に終わりました。ojatanさん、hige60さん、I塚さん、N川Aさん、T澤さん、H中さん、A部さん、Zあんのみなさん、Wメンズのみなさん、友人一同、その他大勢の方々に来て頂き、感謝感謝です。本当に良い出会いがあり、有意義な販売会となりました。
で、(本当に)にぎわっていたのですがそれっぽい写真が撮れなかったため、売場写真一部を掲載します。この度は(季節を無視して?)燗酒試飲を行ったのが結果的に◎でした!詳しくは省略しますが、これからも造り手の思いをしっかりアピールしていきたい、と思いました。
また来春の東京出張に向けてパワー全開で頑張ります。蔵っ子日記も頑張るよ~よろしくね。
※関係各位のブログにTBさせて頂きます。よろしくお願い致します。
コメント (6)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蔵から出たぞ!さあ販売だ!

2006年04月18日 21時22分04秒 | 日本酒
もう皆さん気がついていると思いますが、今年の仕込も無事終了!杜氏含む蔵人たちもみなさんご自宅へ帰って、ほっと一息。そして私は「製造」から「瓶詰め」他もろもろの仕事へシフトチェンジです。

長い冬の時期を乗り越え・・・やっと春が来ました・・・(最近夜寒かったけど) 外界に出た!って感じですね。おひさまがまぶしいなあ・・・。

とどうでもいいことはさておいて、私、造ったお酒の販売に行きます!

□■□ 旭日酒造 特別試飲即売会 in 東京 □■□

日時 : 4月21日(金)~ 23日(日) 3日間! 10:30~19:00
場所 : にほんばし島根館 (日本橋三越本店向かい)
内容 : 今年の新酒を中心に、大吟醸、純米吟醸など厳選した10種類の日本酒をご用意。全品試飲可。是非お試し下さい。

年に一度(?)の東京出張販売です。(写真:にほんばし島根館正面) 東京近辺にお住まいの方は是非遊びにいらして下さい。 ※今年は蔵が終わっても「蔵っ子日記」は続きます!ご愛読のほどを。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

菜の花ってきれいだなあ

2006年04月16日 22時06分11秒 | event
今日は一畑電車「一畑口駅前」にて行われた「菜の花鉄道祭り」に参加してきました。
私たちは地酒試飲コーナーの応援で参加しました。こういう場ではお酒の提供だけでなく、できれば飲みに来られたお客様と話がしたいなあ、といつも思っています。「美味い」「ちょっときつい」などいろんな感想を聞くのが楽しみですし、逆にこんな人間がこんな思いで酒造ってます!というのもPRしたいですしね。遠方の知り合いの方にも偶然会うこともあり、「出てて良かったな」と思うこともよくあります。(S屋さんありがとうございました)
この祭りは、菜の花を沿線に植えて一畑電車を応援している団体が企画していたのですが、あんなにたくさんの菜の花のじゅうたんはなかなか見れません。見事でした!あの黄(花)と緑(茎)のコントラストがいいですね。そして見てて元気になる花ですね。さあ明日からも仕事頑張るぞ~。
※実際に見たら感動!写真では伝わりにくいよなあ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お酒は大人の飲み物

2006年04月14日 22時26分47秒 | Weblog
今朝はJR出雲市駅前にて「未成年者飲酒防止キャンペーン」に参加してきました。酒販店が中心となって、酒造会社、警察等も参加して・・・、要は学生さんにティッシュを配ってPRするわけです。にこやかに笑顔で「お酒は20歳になってから」と話しかけました。こういうことも酒に関わる大切な仕事です。
しかしお酒を飲み始めて早や10数年。酒の失敗も数あれど、酒の成功もたくさんあったなあ、と思います。仕事がうまくいったり、いい先輩・友人と出会えたり、自分に自信が持てたり・・・、お酒はいいなあ、と(僕は)ほんと思います。
偉い地位にある人や優秀な学生が事件を起こして、「お酒に酔って・・・」と話しているニュースをたまに見ます。私はいつも「お酒が悪いんじゃない!」と強く思います。だから「大人の飲み物」なんだなあ、節度を守って付き合わないといけないな、と実感します。学生さんにそんな話もしたいなあ、と思ったけど、朝の忙しい時間にそれどころではない!のであります。事故しないように気をつけて急いでね~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

火当てマシーン

2006年04月11日 18時45分28秒 | 日本酒
すいぶん間が空いてしまった。実は昔から日記(夏休みの宿題の絵日記を含む)が苦手なんですよね・・・(ご勘弁)
さて、今日は瓶火当てをとことんやりました。以前の日記で蛇管を使った大掛かりな火当てについてお話しましたが、これは瓶を熱湯の中で加熱処理する方法です。温度はやはり65度程度ですが、大量にやる場合時間と手間がかかります。写真のようなプラ舟に瓶をセットし、湯を張り、蒸気で熱湯にし、目標温度に達すると湯を抜き、別のプラ舟に移し急冷し、そして冷えたら水から上げて完了です(これはうちのやり方)。朝から夕方までず~っと、400本以上・・・。火当てする機械と化してましたね。この作業が結構腰にきます。なんか途中で「ピキッ」って音がしたような・・・大丈夫か?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貯蔵もひとつのポイント!

2006年04月03日 21時34分39秒 | 日本酒
いよいよ4月になりました。酒造り中心の生活もあとわずか・・・。春・夏・秋と、今度は造ったお酒を頑張って売らなければなりません。これも大切なことであり、大変難しいことです。営業時代にその点では苦労しましたねぇ~。
ところで今の時期、出来たお酒をきちんと貯蔵することも重要な仕事です。冷暗所?冷蔵庫?タンクで?一升瓶で?とまあ色々。「生酒」は特に品質保持に気をつけなければなりませんし、加熱処理(火当て)したものでも、やはり空気に触れさせないよう密閉しなければなりません。写真は「はり」という和紙で目張りをしたタンクです。(蔵によって貼り方は違うかも?) 貼りながら「頼むから(味や香りが)悪い風に変化しないでくれよ~」といつも祈っております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加