お世話になります亀戸で不動産

江東・墨田区を中心に仲介の蔵不動産。亀戸で開業して27年です。宅地建物取引主任者・不動産コンサルティング技能登録者です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鳴子温泉郷 ウナギの湯 琢ひで

2017年05月08日 | Weblog
新幹線で東京駅より古川駅まで1時間30分程です。古川駅より旅館までは迎えのバスで1時間程です。
琢ひでは鳴子の町より少し山に登った中山平温泉にあります。秘境の1件宿と思っていたのですが、中山平温泉には10軒程の旅館がありました。琢ひでは秘湯の会に入っています。
中山平では冬期時には2メーター以上雪が積もるそうです。それでも秘湯ではありません。
旅館はこぢんまりした小さい旅館です。旅館に着いた時に玄関横のロビーでお茶菓子がでたのですが、菓子が発砲スチロールに入っていました。菓子は喫茶コーナーのカウンターに並んでいました。これは寂しいです。見えないようにして、せめて瀬戸物の皿に入れるべきです。琢ひでは安旅館ではありません。
トラピクスのツアーのせいなのか、部屋は1階で8畳一間のトイレ付きの部屋でした。目の前は建物があり,見晴らしはありませんでした。1階で風呂に行くには便利でしたが、値段の割には良くなかったです。
混んでなかったようでしたので、もう少し良い部屋にしてくれれば印象は良かったのにと思いました。
お湯は名前の通りぬるぬるの温泉です。これはアルカリの温泉ですが,硫黄が入っているのか臭いがします。そのせいか、暖まります。源泉掛け流しの7種類の風呂が有りますが、それぞれぬるぬるです。
外の階段を降りた露天風呂は特にアルカリ度が強く,旅館で一番のぬるぬるでした。まさにウナギの肌のようでした。室内風呂には外に混浴の露天風呂や小さい露天風呂が付いている風呂があります。下に線路が見える露天風呂もあります。この旅館では貸し切り風呂はありませんでした。
食事は大広間でテーブルでした。食事はまあまあでしたが、汁の味はだしが効いていて美味しかったです。
従業員の態度は良く親切でした。
旅館から歩いて5分程の所に道の駅があります。明日から開店すると言う事で,残念ながら買い物は出来ませんでした。
中山平駅までは歩いて15分程でした。駅前には5軒程の商店があり、樹齢の古い大桜がありました。桜は鳴子では咲いていたのですが、ここでは標高が高いためか、まだ咲いていませんでした。蕗のとうがあちらこちらで見れました。取ってきて,蕗味噌を造りました。
帰りは旅館を9時にバスで出て、古川駅に着きました。古川駅は大きく、駅ナカにはスーパーやダイソーもありました。食事も買い物も出来ます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 渋温泉金具屋 | トップ |   

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL