神戸大学オフショアセーリング部

神戸大学体育会所属「神戸大学オフショアセーリング部(KUOSC)」のブログです

シマセイキ最高! team LW

2016年11月07日 | SHIMA SEIKI CUP
みなさん、こんばんは。最近、艇長できるようになりました、住吉です。

さてさて、フランスチームが頑張ってる中、我々はシマセイキヨットレースに行って来ました!

メンバー紹介から入ります。個別の写真を探すのしんどいので、集合写真でいきます。
前列左から、頼れる先輩、守屋さん
我らがスキッパー、とーらさん
バウマンとして参戦、住吉
全ポジの神様、西
後列、左から、将来有望、伸び盛りの一回生たち、山崎、来田
トリマー、水島
ピット、宮崎
そして、この写真の1番右、寺前!(用事で朝ごはん食べてから一足先に帰っちゃいました。)


おっと、さっきの集合写真の中に銀色に輝く物体が⁉︎
ムムッ。これはトロフィー⁇
そうなんです。LWは、フェスティバル クラスIIで1位を獲得したんです❗️やりました!

それでは、レースの朝から、振り返って見ましょう。

朝、起床からの朝ごはん、そして昼ご飯を作る!
朝ごはんの写真どこいった?
とりあえず、いい笑顔のらいたとお昼のサンドイッチ
ツナマヨサンドとハムレタスチーズサンドです‼︎

さて、朝ごはんも食べて、お腹を満たして、いざ出艇!
各メンバーが他のポジションとの打ち合わせをしながら、レース海面へ。

ということで、No.3ジブ+フルメインでスタートにかかります。気合いを入れてマニューバ‼︎からの…

ジェネリコ×4

そろそろ、疲れて来ますよね。でも、ここで集中力を切らしたら負け。

もう一度、気合いを入れて、マニューバ。
本部艇側から、スッと入り込んでいき、空いているところから、タイミングを見計らって、のぼって、ジャストスタート‼︎

バウマン住吉、攻めました、攻めまくりました。渾身のスタート切りました。(あまりに攻めすぎて、レース中ずっとリコールしたんじゃないかと、疑惑がもわもわしてましたが)

さあ、そこからは、とにかく集中して走る!ウェザーマークまでのぼって、マークアプローチで早とちりはしてしまいましたが、回りきり、ダウンウィンド!

IRC艇がジェネカーやスピンをあげる中、LWはスピンを封印。ジブで頑張ります。すると、あちらこちらで、ブローチングやバーストが多発。それだけ厳しいコンディションだったんですね。

そんな中、とーらさんがかなりの緊張感の中ヘルム、その下で来田がメイントリムをがんばる。もちろんトリマーの水島も頑張ってましたよ!

そのうち、風はさらに上がり、波が恐ろしく高くなってきて、ローリングがすごい…。でも、うまくサーフィングすると、一気に加速!LWのジブでの最速記録を塗り替える13knをスピードメーターで計測しました。なんて速さだ…。

走って走って、第1レースフィニッシュのゲートマークに到達!割といい位置につけてるのでは?

そして、運命の決断。悩んだ結果、帰る!第2レースの白崎には向かわず、ハーバーバック。寒い。寒い。寒い。上りは寒い。久しぶりに、目の前が真っ白になりました。2ポンメイン、ハーネス着用、もちろんオイルスキンなどフル装備で、安全に帰港。

帰ったら、ちょちょいと解装して、冷えた体を温めに黒潮温泉に直行‼︎最高でした。温泉♨️の温かさが体にしみ渡りました。

さてさて、思い思いに時間を過ごして、表彰式へ!美味しいしらす丼食べて、唐揚げ食べて、表彰式がスタート。

まず、フェスティバル クラスII3位として、HyogoHighwayが呼ばれ、2位の艇が呼ばれ、リコールの悪夢が脳裏をよぎった直後、LWが1位として呼ばれました‼︎あの瞬間、どんなにホッとしたか、そして、どんなに嬉しかったか。1人でガッツポーズしてました。お騒がせしました。

ということで、ハードなレースでしたが、頑張った甲斐もあり、良い日曜日になりました。

さて、回航とマグロについては次回お送りしようと思います。フランスチームもレースがまだあります、しっかり応援していきましょう!

おまけ

守屋さんが撮れてない…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レース3日目結果 | トップ | シマセイキ 〜マグロを求めて... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (て)
2016-11-07 08:43:48
おめでとうございままますすすすっっっっ!!!!!本当に本当に自分の事のように嬉しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL