神戸大学オフショアセーリング部

神戸大学体育会所属「神戸大学オフショアセーリング部(KUOSC)」のブログです

2016 KYC AUTUMN REGATTA

2016年09月26日 | レーシング

3回生の奥中です!

9月24日と25日でKYCのAUTUMN REGATTAに出場させて頂きました!


メンバーは...

部長!藤野!


イケメン!水谷!


二大美女の一人!ありさちゃん!


自称オフショアの二強!
二強の一角、東浦!


あと最近太ってしまった、僕です


まぁいつものメンバーですねー


使用艇はECLでした

今回は去年に購入したセールでレースに挑みました!

そう!新しいセールです!パリパリです!
気持ちがいいですねー(笑)



9月24日


朝早く深江に集まり、いざ新西宮ヨットハーバーへ!


今回はレース毎にポジションを変えることにしました。色んなポジションが出来るようにならないとダメですもんね。

1レース目!
(バウ)奥中 / (マスト)水谷 / (ピット)守屋 / (トリム)藤野 / (ヘルム)東浦

みんな日頃やっているポジションでの布陣でした

コースは上下
コンディションは順風〜微風

スタートはイマイチでしたね。もう少し攻めた方が良かったと反省してます。
レースが進むにつれて風がなくなり、最後の方は苦労しましたが、無事フィニッシュ!

しかしながら、風がなくなったので、この日は1レースのみで終了しました


結果は...
10艇中7位
ぼちぼちですねー
2日目に期待です!!

レース後、時間があったのでもつ鍋を食べに行きましたー!



美味しかったです!最高でした!

最高すぎて泣きました!


冗談です!(笑)



9月25日

2日目です!

この日の1本目!
(バウ)東浦 / (マスト)守屋 / (ピット)藤野 / (トリム)奥中 / (ヘルム)水谷

ジャンケンで決まった布陣です(笑)

コンディションは微風

スタートは良かったと思います!

しかし、風がなくて進まない😱😱😱

1レグ目が終わらない😇😇😇

N旗が揚がり、ノーレースになりました


風待ちをして、気を取り直して2レース目!!

(バウ)奥中 / (マスト)東浦 / (ピット)藤野 / (トリム)水谷 / (ヘルム)守屋

適当に決めた布陣です!(笑)

スタートはまずまずでした。
1レグ目、左にのばしてLWの後ろで上マークを回航しました
2レグ目以降は艇団からも離されていってしまいました。
レース中、トリマーとヘルムが大変そうでした😓
お疲れ様でしたー!

結果は...
10艇中6位

総合順位も
10艇中6位
でした


まだまだ反省点が多いレースでしたが、楽しめたので良かったです!


実はこの2日間NHKさんがフランスチームの取材にいらっしゃっていました。


フランスメンバーが乗るLWのレース模様が明日9月27日に放送されるそうです!

明日ですよ!明日!
詳細です!

9月27日(火)
18:30〜19:00
ニュースKOBE発

NHK神戸放送局のニュースKOBE発で放送されるそうです!

このブログを見て頂いている兵庫県在住の方!是非見てください!!


以上、奥中でした!

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

夏クル前半クライナー編!

2016年09月16日 | 夏クル

初めまして! 新入生の葦原です。今回は夏クル前半のクライナー編でブログをお送りいたします。ブログを書くのなんて初めてで緊張していますが皆様どうぞよろしくお付き合い下さい。面倒なのでこのキャラやめます。改めましてお久しぶりです葦原です夏クルです。もう三回目でしてね、慣れたものですよ。クライナーベルクのデッキとか実家のような安心感がありますな。そういえばこれまでの夏クルではずっとクライナーに配艇されておりました。しかし未だに艤装は出来ません。偽装は出来ますが怒られるのでしません。人数が多いので一人や二人足手まといが居てもどうとでもなるのがクライナーのいいところでございます。配艇を決めた人はその辺をよく分かっていらっしゃる。ええ、どなたかは申し上げませんが感謝しております。

さあ前置きが雑ですがちゃっちゃか本題に入りましょう。僕は気づいたんですよ、あんまり本格的に長々と文章を連ねてもダレてしまって最後の方は書く方も読む方も疲れてしまうということに。分かりますか? この辺の無駄な文章を割けばいいのです。
それでは早速クライナーベルクに乗り込むイカれたクルーを紹介するぜっ! しおりと部員紹介の写真で確認しながら書くけど間違ってたらごめんだぜ! 特に一回生! まずは我らが顧問・山下先生! 有能部長・藤野! 女帝・守屋! やかましいデブ・井上! ――自主規制――・中辺! 永遠の二回生・東浦! (好きな罵倒文句を入れてね)・葦原! そういえばクライナー唯一の純二回生・住吉! よし、後は一回生だ、八人も居たことに驚きを隠せないが頑張るぞい(やべえ全然覚えてねえ)! 企画倒れだ、やめよう(30分考えて何も思いつかなかった)。名前だけ書くわ。大嶋、木田、小澤、佐々木、田中、寺前、松川、渡辺。以上だ! いやオフショアも大所帯になったもんですね。今回は5艇でのクルージングですからね。

さあ沼島へ向かうぞ。回航中は特に書けることないからスキップするぞ。強いて言うなら中辺が寺前に気に入られてたくらいだ。寺前と言えば以前「フランス組の人の技術見れるのはいい経験になる」とか話してたのを見て意識の高さに愕然としたことがあるぞ。葦原の特技は盗み聞きだぞ。今年に一回生が意識高いって俺去年も言ってた気がするぞ。それお前の意識が低いだけじゃないのかってそれはその通りだぞ。

沼島到着! 海がきれいですね、深江とは大違い。何が凄いって魚が生きてる。食えんぜ、食えんぜ、とか言っても普通に食べられる。つまりネタにならない。さて沼島について最初にやることなど決まっている、船底掃除だ! 俺はゴムボートでそれをゆっくり見物だ。うん、道具がまるで足りなかったんだ。人数多いからね、仕方ないね。一段落したところで皆で改めて海水浴へ。うみうみうみうみうみうみーー!! そう俺はカードキャプター。そういや中学生編やってるらしいね。伝わらない人は僕の友達にはなれないね。そちらからお断りですかそうですか。それはそうと僕サンダル忘れたんですよ。それでね、砂浜まで裸足で行くことにしたんですよ。だって靴の中に砂が入ったり海水まみれになったら嫌じゃないですか。そしたらまあコンクリートの熱いのなんのって、延々タップダンスしながら歩いてましたね。時々日陰を見つけては深呼吸して皆において行かれてまた涙目で走ってました。砂浜に着いた僕はコンクリートの熱さと比べて「人は土から離れては生きられないのよ」とか悟ってました。そう俺はラピュタの末裔。海は大変気持ちよかったです。ポリタンクで出来た浮島から全員で落とし合うリアルスマブラが勃発していました。守屋と佐藤を容赦なく突き落としにかかる春名が凄く怖かったです。恐れを知らない後輩がオフショアには多い気がします、特に女子。それから皆様、今回はとても悲しいお知らせがございます。井上が埋められませんでした。もうネタ画像を提供してくれる井上は死んだのです。今では唐突に叫んで踊り狂うのが関の山のただの太った人です。それも最近ちょっと痩せてきてませんかあいつ。代わりに奥中が太ってきてませんか。こんなこと言ってると殺されそうなのでこの辺にしときます。
疲れ切ったところでヨットへ帰還。夕飯を作って食べました。スパゲッティ美味しかったです。おわり。

毎年恒例花火大会です! チャッカマンの調子が悪いのも恒例です。学ばない僕たち。楽しかったけどあんま書くことないね。井上が指を火傷したくらいですか。ことの経緯はこうです。まず井上がトンボ花火を持ちます。しかし手元が暗く、彼はその花火のなんたるかを理解しておりませんでした。そこで彼は近くに居た某一回生男子に、これはどこに火をつければよいのかと尋ねました。某後輩はちょうどチャッカマンを所持しており、「こ↑こ↓」と言いながら火をつけてあげました。後は簡単、井上がお礼を言ってる間に花火は点火、火花が井上の指を包みましたとさ。おしまい。

今年も謎の相撲大会が開幕されました。東浦が目立ちたかっただけの企画です。それでも皆乗っかってあげます。なんて優しいんでしょう。オフショアは愛で満ちあふれていますね。僕も愛の張り手をかましました。東浦くんがよけてしまい喉輪になってしまいました。ごめんね。そのあと久松さんにきれいな上手投げを決められていました。その隣で井上がウミガメになりました。ところで今回の夏クルのテーマは「謀反」だったようです。というわけで藤野部長vs奥中副部長という夢の対決が行われました。奥中は以前より「乗船期間中は俺が部長や!」などと部長職に意欲的だったこともあり、この勝負に勝った方が部長になるとの取り決めの元、手合いとなりました。因みに藤野が勝って得るものは何もありません。結果は一回目は同体で決着付かず、取り直しの二番目で熱戦の末、藤野が部長職防衛を成し遂げました。その前の「最初に線香花火落とした奴が副部長ゲーム」で他の追随を許さぬ速度で敗北したあたり、やはり奥中は副部長になる星の下に生まれてきたようです。この相撲の後、奥中はこう語っておりました。「藤野がさあ、ずっと耳元で『わかってくれ奥中ぁ、俺にも立場というものがあるんやぁ、わかってくれぇ』って囁いてきてさあ、卑怯やわあんなん」

肝試しには僕は日和って参加しませんでした。

その間に僕は水道のホースを浴びてシャワーとした後に着替えを済ませました。ええ、深夜の公園で全裸になってやりましたとも。後輩が「まずいですよ!」とはやし立ててきましたが聞く耳など持ちません。沼島なんざ治外法権だぜ! この精神を是非後輩にも受け継いで欲しい。オフショアヌーディスト部開設しませんか。皆で刹那の快楽に身をゆだねましょうよ。豚箱だって住めば都ですきっと。そもそも海のど真ん中で全裸になってもとがめる人って皆無だろうし凄く合理的な気がしてきました。興味のある方は是非ご連絡ください。

いつの間にやら二日目です。てか今までの文章量でやっと一日目終わったところとか自分のペース配分の下手くそさに絶望せざるを得ません。でも頑張っていきましょう。
朝食を作る段階で早速事件発生です。お米がうまく炊けません。最終的には焦げたおかゆという悲しいにもほどがあるものができあがってしまいました。なぜそのような悲劇が起こってしまったのか、振り返ってみたいと思います。
まず第一に問題となったのは沼島では自由に使える電気が存在しないことでした。しかし、これは周知の事実であり、我々は例年のように鍋で米を炊くことにしておりました。そう、炊飯器の釜でも利用していればあんなことにはならなかったのかもしれませんが、後の祭りです。鍋で炊くといっても特別なことは何一つなく、米の量に対して適切な水、火加減を用いれば簡単に炊くことが出来ます。さて、ところで我々が水を量るために用意した計量カップには有能なことに水以外にも小麦粉、砂糖、米を量ることが出来ました。そこで、鍋に水を入れてくる係となった水島もといミス島はその計量カップの目盛りに従って、水をくんできました。しかし、彼が見ていたのは砂糖の目盛りだったのです。結果、規定分量の2倍ほどの水を汲んで彼は帰ってきました。その鍋を見て僕は思いました、なんか松谷が汲んできた水より多くね? と。
僕「まあ鍋の形違うしな! 気のせいやろ!」
無能二人目です。
それから我々は奥中の命に従いカセットコンロの火を調節しました。しかし、3つあった鍋のうち、僕の目の前にある鍋だけ妙に沸騰しません。なぜでしょうか。
奥中「なんかこのコンロ火力弱いんかな」
三人目です。
それから十数分後、他の鍋が炊きあがった時点で流石の我々も気がつきました。ミス島はひたすら謝っていました。そこへ通りがかったある男が言いました。
伊勢村「水多いんやったら強火にして飛ばせばええやん」
一同「それだ!」
久松さん「やめといた方がええと思うけどなあ……」
かくして焦げたおかゆができあがりましたとさ。その後、佐久間ら数少ない有能勢によって食べられるレベルのものにはなりました。めでたしめでたし。

和歌山行くぞ! 文明のある場所へ! 例によって回航中の描写はスキップだ!
黒潮市場です、正直ここで飯を食うために夏クルに参加したと言っても過言ではない。観光地価格の店をひたすら毒づきながら最終的にはバイキングへとたどり着きました。コスパ最高でした。
温泉では日焼けによる激痛に耐えながらハーバーを一望、つまりハーバーからも温泉内が覗ける。マジックミラーとかにすればいいのに。おまわりさんこっちです。
井上「水素水あるやん! 飲まなきゃ」
坂元「ごちそうさせて頂きます」
井上「後輩の金で飲む水素水……ただの水やな!」
酒も入ってないのになんだったんでしょうね。
その後は都合よく開催された花火大会を見てから就寝。おや、文明レベルが上がるとネタがなくなるな。

翌日、紀伊水道レース開幕。
去年は無風のせいでクライナーベルクは危険となってしまいましたね、今年はそのリプレイ……もといリベンジを期待しましょう。

はい終了。徳島到着。
は? レースの様子? そんなもの僕のブログに期待しないで下さいよ。なんか山下先生と藤野と守屋と東浦が叫んでて命の危機を感じたくらいですよ。死ねばよかったのにとかそんな冷たいこと言わないで下さいほんと。

年々クオリティの上がっていくガレージに感動しながら買い出しやら調理を進める部員たちに不穏な連絡が入る。伊勢村が艇長を務めるSHが座礁したというのだ。
住吉「僕あの艇の名義人なんですよね……」
前科が付いて海技士免許が取れなくなる危険に怯える彼に、三年後くらいにはとれるようになるってと微妙にずれた励まし方をする田辺先輩。よっしゃネタが出来たやんけと喜ぶ僕。
結局は座礁”しそうだった”だけで無事でした。伊勢村は気丈に振る舞っていましたが着艇が下手くそになっていました。
さあ皆大好きあらたえの湯。毎年思ってますけどぼったくりですよねあそこ。オフショアが占拠して湯船から他のお客さんが出て行くのを申し訳ないとは思いつつも知ったこっちゃねえぜ。ぐだぐだの後就寝。

さあ前半最終日、朝飯食べてコインランドリーに洗濯物をぶち込んでから後半組と合流して恒例の草むしり。いやあ頑張ったね、夏クル中で一番頑張ったと言っても過言ではないね。しかし前後半集まるととんでもない人数だったね。作業の進み具合が凄くてね、みるみるさっぱりして感動しましたよ。

このあたりで前半は終了です。いやあ楽しかったですね、来年は陸路で参加しましょうかね、というわけでまた来年、さよなら徳島。

何を勘違いしてるんだ? 俺の夏クルはまだ終了してないぜ! そう俺はATM。阿波踊りまでは寄生させてもらう。とはいえここから先は消化試合のようなものであんまり面白みはないです。でも書く、書きますよ。だってそのくらいしか部活における僕の出番ってないんだもの。

買い出しに付き合ったりして時間をつぶして前夜祭にハイエナのようにたかる。ぐはは、ロハの飯と酒は最高にうまいぜ! しかしレースの参加賞にウィスキーが一人につき一瓶もらえるとか気前いいけど学生向けではないな。お陰で某後輩は禁酒になってしまった。僕ですか? 僕は日和りまくった飲み方しかしてませんよ。ええ、伊勢村と奥中を反面教師にしてるのでね。
僕「あと一杯だけ飲ませてくれんか~」
寺前「先輩もうやめときましょう」
いやほんといい後輩だわ。神だわ。崇めよう。ところでお酒を持った東浦を撮影すると焼肉が奢ってもらえると聞いたのですが、いやあ楽しみですね。

翌朝、いろんな艇から朝ご飯をちょくちょくハイエナして腹ごしらえ。びた一文払ってやらん。いや! 待って! 労働はしたくないの! 三田怖い! 失言でした。違うのです、ハイエナはサバンナの掃除屋でもあるのです。僕が居なければ残り物が発生して資源が無駄になってしまうところだったんだよ! 感謝しろお前ら! 俺は悪くねえ! そう俺は親善大使。
阿波踊りレースには参加しない。当然だろう、頭のおかしい動く土嚢だぞ俺は。ここで去年のネタを持ってくるあたり俺のレベルの高さを感じてくれ。去年の夏クルと言えば川俣にあげた鮭おにぎりの貸しはいつ帰ってくるのだろうか。確か利子はトイチで付けていた気がするが。ああそうさ去年のブログを見て確認したさ。自分で言うのもなんだが俺のブログめちゃくちゃ読みづらかったな。書いてるときは「俺天才じゃね?」とか思ってんのにこの有様だよ。今回なんかたぶん最長記録だ、実際かなりダレてきてるが後もう少しだ、付き合って下さい。

松谷、佐久間、井上、坂元とドライブに興じて阿波踊りまで待つ。この辺の話は割愛させてもらおう、部活関係ないしね。車の中でずっと寝ててごめんねとしか僕は言えない。
帰還後の僕たち
井上「やばい俺初めてやから阿波踊り分からん、サンバ踊るわ」
成影「三田!?」
僕「いや三田てなんや」
井上「これが三田じゃい!」
僕「ええ……」
まあ面白かったです天才ですあいつ。こうでも言っときゃ冒頭でデブ呼ばわりしたのも許してくれるだろう。許してくれ。
それから徳島ラーメンを食べて再びあらたえの湯。もう飽きた。ソフトクリーム美味しかった。
帰った。寝た。

ようやく僕の夏クルも終了です。長かったですね。とても長かったですね。ここまでお付き合い頂きありがとうございました。今年は後輩が多くて孫を見るようなお婆ちゃんの気持ちになって参加させてもらいました。いやしかし皆よく働くよね、僕が一年の頃とは大違いで先輩方に対する申し訳なさが今更わき上がって参りました。反省してます。それから同学年の面々もだんだんと先輩らしさが増していって僕としては頼もしい限りでどんどん寄生していきたいですね! ええ成長なんかしませんよ僕は、わかりきってることでしょう。さあオチはどこだ、わかんねえ。何回も書いてるのに未だに締め方が分からない。というわけであと何回かブログ書きたいですね! そのためだけにあと何回か行事に顔出させて頂きますね、はいそこ嫌そうな顔しないで下さい。これ以上書くと完全に駄文になるので失礼いたします。それでは、お相手はさくらちゃんことシータこと遊戯ことルークこと葦原でした!(どんだけネタが伝わったか心配だぜ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

はじめての、れんしゅう

2016年09月15日 | 日記

いやあ、たのしかった!

午前は他学部の一年でヨットが占拠されてましたね笑

ちなみに今日は!まりんちゃんの初練習という記念すべき日です!

 そこで彼女の感想をここにかきましょう。

 

慌ててあたふたしてたけど、言われた通りにやってたら、なんとかなりました笑

すぐまた乗りに行きます!

 

加藤くんは、普通の練習やから、とブログに非協力的でした。笑

また海舟さんとたのしくヨットに乗りたいです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明日が楽しみすぎる。。

2016年09月14日 | 日記

どうもみなさんおはこんばんにちは。一回生の沢口信介です。

みなさん、遂に!遂にきましたよ!この時が!!明日はは待ちに待った練習です。あぁなんて嬉しいんだ…海舟さん、貴女は神です。女神ですちちうど日付がバシッと合ったからいけるだけなんですけどね笑

まあ皆さんの言わんとすることは分かってますよ。ハイハイ

久方ぶりやのに、お前艤装も忘れとるんちゃうか?

 

こう聞きたいんでしょう?ええその通りです。スピンなんてあげれるもんですかね?あれってあげるためのものなんですか?ぐらいのレベルに退化してしまいましたよ。でもね、不思議なの。全然怖くない。一ミリも怖くないの。むしろかかってこいやぐらいの勢い笑

久しぶりの海を、風を、この肌で感じたいです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏クル2016 NW前半編

2016年09月05日 | 夏クル

NW前半乗組員の吉富愛です。

私は初の夏クルをとても楽しめました。

それはNWを快適なクルージング設備にしてくださった、、

NW艇長水谷さんのおかげです!

ありがとうございます。

船用テーブルなどは感動しました、船の上で作ったご飯は

どんな形になっても美味しかったですね!(スパゲティなどうまく

作れずすみませんでした(T_T))


三日目は紀伊水道ヨットレースでした!どんなレースなのか楽しみに

スタートラインに向かうも、、

がない∑( ̄[] ̄;)

海面がツルツル、

 自分たちでヒールをつけるなどして何とか進み

ゴールできるのか心配でしたが、最後には風が上がりゴールができ良かったです!

色んな新しいことを知れるレースになりとても楽しかったです!!

 

NW〜クルージング写真〜

 

 

艇長さん私たちを運んでくださりありがとうございました!

  

次のクルージングではもっと使える乗組員に成長できるように

頑張ります!

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏クル2016 ヤングバンブー後半編!

2016年09月03日 | クルージング

 

どうも!奥中です!

後半ヤングバンブーの夏クルをクルー全員で振り返りたいと思います!!

 

8月13日

トップバッターは私米澤がお送りいたします!!!

まずはメンバー紹介から。

 

一人目!

チョロすぎぃ!!、艇長おっくん。

 

二人目!!

オフショア三回生が誇る二大美女の一人、ありさちゃん。

 

三人目!!!

陰キャ、にしみきや。

 

四人目!!!!

既に風格出てない?、ジョー。

 

五人目!!!!!

若くて可愛い、さくらちゃん。

 

六人目!!!!!!

私、米澤。(ちょっとカッコいい写真選ばせてもらいました笑)

 

以上の六人が後半YBのメンバーでした。

メンバー紹介はほどほどにして思い出振り返ります。

 

8月13日は前半と後半が入れ替わる日でした。

 

到着してまず思ったことは、前半組のみんなが黒い!

この時絶対日焼け止めは塗らないとダメだなと思いました。(思っただけでした。)

 

まずは明日以降の食材などの買い出し!

特に何の変哲もない買い物でした。

ただ一つだけ面白いことが。

 

ありさ「あれ?私のメロンパンがない!!!どこやろ。(ガサゴソガサゴソ)」

「あっ、私が買ったのクリームパンだった。(てへぺろ)」

 

……夏の暑さで疲れてたんでしょうね。そういうことにしておきます。

 

 

帰ってきた後は前夜祭でした!!!

写真がなくてわからないと思いますが、ひたすら酒、酒&酒でした。

今まで19+α年生きてきましたがあんなに大量のお酒は初めて見ましたね。

 

美味しそうにビールを飲むたなしんさん。

完全に出来上がってるいのけん。

パッと見パリピ集団にしか見えない二回生たち。

各々楽しめたと思います。

 

あっ、そういえば8月13日は艇長のおっくんの誕生日でした。

主にYBの前半メンバーが祝ってくれました。

おっくん、お誕生日おめでとう!!!!

 

そんな感じでほのぼのとした一日でした。

次の日以降想像以上の暑さに苦しむとは思いもしない米澤なのでした。

 

長くなりましたが次の人にバトンタッチします。

お付き合いありがとうございました。米澤でした。

 

8月14日

 

一回生のジョーです。

この日は待ちに待った阿波踊りです!!!

その前に自分たちは阿波踊りヨットレースがありました。

そのために起きた時間は

なんと 5時半!!!Σ(゚д゚;)

そっから朝飯を作り準備を済ませ7時に

いざ出艇!!

よっしゃ行くぞ!!!って意気込んで自分はバウのポジションにつきました。

そして予告信号の三十分前に

「スピンを確認のために一回上げるか」となったため、

準備をして、

ホイストっっ!!

すると、

 シュルルルルっっっ!!!

スピンハリヤードのシャックルが緩んでいたために取れてしまい、ハリヤードが上に上がってしまいました。(艤装して気がつかなかった自分に責任があったのですが……。)

そのため、YBのクルー全員がレースを絶望的に思っていました。

すると、奥中先輩が、マストを登るとゆって下さり、KBから登る道具を受け取り、登って取ってきて下さりました。

この時自分には奥中先輩が神のように思えました。)

そのため、レースの開始に間に合い、Y26Cの中では1位でした(#^.^#)

自分もレースでは役割を果たせたのではないかと思います。

長いレースで色々とあったため、とても達成感を感じたレースでした!

 

 

 

守屋です!

はじめの紹介で三回生2大美女の一人と書かれていましたが、みなさんご存知の通り3年生に女子は2人しかいないだけです!!笑

ほんとに誤解を生むような言い方はやめてほしいですね(*_*)笑

オフショアにはもっともっと可愛い子がいっぱいいますよ!

 

でも・・・メロンパンの話はほんとです...(笑)

 

 

さて、レースが終わると、楽しみにしていた "阿波踊り" の時間です!

毎年、「ヨット連」として阿波踊りを踊ってきましたが、今年のヨット連は、にわか連の一部として阿波踊りに参加しました。

ヨットの係留場所から、ぞろぞろと阿波踊り会場に向かいます。



 

会場に到着~!

 

 

そして、まずは練習会!

 

 

 

みんな上手に踊れているかな??

 

Nishi Mikiyaが見てますよ!!(笑)

 

Nishi「ほらそこ!もっと手をあげて!!」笑





いよいよ本番です!!

 

 

大勢の観客の間を通り抜けるように通りを踊り歩きます。

もちろん掛け声は「よっとせー!、よっとせー!」

50人を超えるオフショアセーリング部の参加者も、全力で盛り上げます。

 

 

 

 

ヨットレースも楽しいですが、レース後の阿波踊りも最大の楽しみの一つ。

この日も、レースも阿波踊りも精一杯取り組みました。

 

阿波踊り最高!夏クル最高です!! 

 

 

8月15日

後半YB唯一2回生の にしみきや です!

阿波おどりから一夜明けいよいよ沼島に向けて出発します🙌

朝食はおにぎり、みそ汁、(あと乗せ)ベーコンエッグです笑 昼食はツナマヨとハムとレタスを挟んだサンドイッチです!

機走の遅いYBは他の艇に抜かれながらのんびり回航をしました⛵

 

来年は素潜りと釣りにリベンジしたいです!!

 

 

一回の坂下です!徳島から回航して沼島までたどり着きました😊

初めて沼島に来たのですが先輩方の言ってた通り何もなくってビックリしました!

(島にお店は一軒だけ…)

 

昼食に食べたサンドイッチのツナマヨは西さんが配合(?)してくれたんですがとて

も美味しかったです!!また食べたいなー。

 

お昼の後は沼島の海で遊びましたー🌴

海ではボートをひっくり返したりして遊びました

(ボートは乗るものだと思ってました笑)

 

 

 

 

夜にはみんなで花火もして楽しかったです!夏を満喫できました✨

 

↓恒例の線香花火対決!!

Y26Cの艇長バトルですね

わが奥中艇長も参戦です!

 



8月16日

奥中です!夏クル最終日!

オフショアイケメン担当、水谷くんの誕生日です!

おめでとう🎉🎉🎉

今日も朝から米澤くんのギャグが冴えます!

めっちゃおもろい!末は吉本の芸人さんですね(笑)

朝からみんなで食当🙌

今日の朝食はフレンチトースト、昼食はホットドッグです

 

時間がなかったので出艇してから朝食をとりました

出艇後はのんびりクルージング、深江に帰ります

オーニングを張ったので快適!

 

顔が見えないけど、多分みしにきやくんです

にしみきや?みしみしや?まぁいいや(笑)

 

回航めっちゃ眠かったですね~苦笑

途中SHのエンジントラブルがありましたが、全艇無事に帰ってこれてよかったです!

 

夏クル終わっちゃいました

終わってみると短かった気がします…

 

前半も後半も風に恵まれ、天気に恵まれ、クルーに恵まれ

レースもY26Cの中ではずっと1番だったので楽しかったです!

ありがとうございました!

来年の夏クルは今年よりも楽しいといいですね!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏クル Link Works 編

2016年09月02日 | 夏クル

こんにちは。喬です。最近は、大半の同回生が乗船実習にいき、悲しみにくれております。下船日が待ち遠しくてたまりません。

さて、少し日は立ちますが夏クルのリンクワークスでの様子をつらつらと書いていきたいと思います。

初日。出艇前の様子です。

 

一文字を抜けてクライナーを見ていると、、、あれ、、、俺らと向かってる方向違くね?ブイを見落としてました(泣)

沼島へと向かう途中です。↓↓↓

日本丸?? ワッチ👀 上から目線👀

そんなこんなで5艇の中で一番遅く沼島に着きました。

2日目は和歌山へ移動。

夜ご飯おいしすぎました。

3日目は紀伊水道レース!!

レース中です。初めは無風で止まっていましたが、2時間もすれば爆風に!

我々フランスチームは2位を獲得しましたよ(^◇^)

4日目はJSAF徳島。

外部の艇に乗せていただき参加しました。本当にありがとうございました。

夜は前夜祭。ビールおいしそうに飲んでおられます。

5日目は阿波踊りヨットレース!!

こちらも微風でのスタート。結果はあまりよくありませんでした、、、

夜は阿波踊り参加してきましたよ~


6日目は再び沼島へ!!

ここからは、竹田君も参戦。

ご飯作ってます。

そして最終日。

深江に帰ってきました。レースを3日連続でこなし、クルージングも楽しみ、充実した一週間でしたね。

夏クル中にオーストラリア人夫妻に沼島でお会いしました。ヨットで世界中を駆け巡っているそうで、なんとオーストラリアを出発して8年。一度も帰ってないそうです。帰りたくならないのかな??素敵なご夫妻でした( *´艸`)



 

おまけ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最近の整備

2016年08月26日 | 整備
こんにちは、水谷です。


ただいま絶賛集中講義中なのですが、休み時間暇すぎるので(´・_・`)、最近の活動について記事を書こうと思います。


夏クルの記事が続々投稿されていますが、空気を読まず違う記事をぶち込むスタイル笑



夏クルが終わり、落ち着いてきたところで、僕たちは今ODのマストカラー付近のFRP補修作業をしています。







整備によく来てくれている一年生も多くいますが、結局なんの作業してんねん!?って子も多いと思うので、ここでFRP作業について少し説明します。
素人説明なので、間違いもあると思いますがご愛嬌ってことで笑




まず、多くの船には、FRPという材料が使われています。

これは、Fiber Reinforced Plastics (繊維強化プラスチック)の略で、そのままでは脆いプラスチックの中にガラス繊維や炭素繊維などを入れることによって、強度を大幅に増した素材のことです。

高強度で、金属などに比べて軽く、腐食しにくいなどの利点があり、船体を始め様々な用途で使われています。

我が部にある船も全て船体にガラス繊維のFRPが使われており、クライナーやリンクのポールなどには、カーボンのFRPが使われています。





さて、うちのヨットはどれも船体にFRPが使われているのですが、多くのヨットは、FRP単板ではなく、サンドイッチ構造という構造をしています。

これは、中間部にバルサという木材や発泡材などを芯材としてFRPで挟み込んだ構造のことです。

中間部に軽い素材を使うことで、軽量化を果たしたまま厚みを増し、剛性を高めています。




こんな感じ。

今後、この雑な絵でお送りします。



ヨットの船体構造は、だいたいこんな感じです。






さて、ヨットは色々な装備を取り付けるために、デッキに穴を開けていきますよね?
カムクリート、ジャマー、ウインチ、スタンションなどなど...

その時、穴に水が侵入しないようにシリコンで隙間を埋め止水していきます(コーキング)。




黒く塗ったところがシリコンです。

ほんとは白いシリコン使ってます。




しかし、このコーキングはもちろんずっと保つわけではありません。

コーキングが切れたり、甘かったり、忘れていたりすると、そこから水が入ってきます。






そうすると、FRPは腐食しにくいんですが、中の芯材に木材を使っていると腐ってきますよね...



これは昔の補修風景なんですが...




表面のFRPを剥がすと




コアが腐ってます


これが今のJ24の船体のあらゆるところで起こっています。





そこで、表面のFRPを削り取り、芯材を取り替えるという作業を、ここ数日でしてきたわけです!



今回の作業箇所です。


船内(裏側)からFRPを削り取っています。

真ん中あたりのコアを入れ替えてあるんですがわかりますか?




もちろん、削り取った分のFRPをそのままにはしておけないので、新しく重ねていきます。

FRPはプラスチックにガラス繊維などを入れたものと説明しましたが
具体的には...



ガラス繊維に樹脂を含浸させていく感じです。




そして貼り付けていく。

これを積層といいます。


まあこのような作業をして、元の構造を取り戻していくんですね。



そして、パテを使って凹みを埋めたり、盛りすぎたところをサンディングしたりして、補修した箇所を成形していく、というのがFRP補修作業の大まかな流れになります。

少しと言いつつ長い説明になりましたねー笑

しかも読みづらい...



でもこれで何してるのかわかりましたか?

分からなかったり、更に詳しく知りたかったら直接聞いてくださいね








みんな頑張って整備してくれています。

一年生、夏休みなのに遊ばなくていいのか!?

と、心配になることはありますが整備手伝ってくれるのは助かる!



さて、この作業、もう少し続きます。

僕は集中講義ですが、今日もやるみたいです。

この記事で少しでも興味を持ったら、ぜひ来てね!

水谷でした
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏クル NW 後半編

2016年08月25日 | クルージング

こんばんは。2回生の辰口です。
先日はお見送りありがとうございました!日本丸3号室よりノースウォーカー後半編をお送りします。
ちなみに日本丸はいま小豆島に仮泊中です。オフショアのみんなも元気にやっていますよ。

後半1日目
去年同様バスで徳島に向かい(遅刻しました)、着いたら草むしりをして(ほぼ終わっていました)、買い出しをして、艇長会議をして、前夜祭です!

今年の前夜祭はやたらとお酒が出ましたね。詳しくは他艇のブログを待ちましょう。

翌日 阿波踊りヨットレース
スタート10分後
稲田「リタイアせんか〜??」
風が…………
往路は岸ギリギリを行ったのですがちょっと遠回りだったみたいでした。沖を行ったYBには置いていかれましたね。

出発して3時間経ったころ、「もうゴールは間に合わなくない??」と、気づき始めた私たちはとりあえず第一レースを終わらせてリタイアすることにしました。

復路に入ってスピンをあげます。
あれ?頑張ればゴールできそう?

最後は近くにいたSHとデッドヒートを繰り広げてギリギリ!ゴールできました。1回生が頑張って働いてくれました。ありがとう!!!

その後は阿波踊りです。踊りました。

詳しくは他艇のブログを待ちましょう。

翌日 沼島まで飛ばします。ノースウォーカーの速いこと速いこと。
他の艇を置いてあっという間に沼島に着きました。わーい。
ジャパーン

わたしはと言うとヨットの上で涼んだりクーラーガンガンのフェリーターミナルで涼んだりしていました。
海は楽しかったみたいですね。詳しくは他艇のブログを待ちましょう。

夕飯はカレーです。
野菜を切ってリンクに渡すと…

カレーになって帰ってきました


リンクワークスの方々がカレーを作って下さっている間…

わたしたちは

生のニンジンをボリボリ食べていました。

カレー、とても美味しかったです!ありがとうございました!
あまりにリンクワークスに申し訳ないので洗い物でもしようかと思いましたが、

「カレー美味しかったって言ってくれたらそれで十分だよ」

泣きました。

翌朝 朝ごはんのフレンチトーストとお昼のホットドッグを作ります。

とっても美味しかったです。
ホットドッグのウィンナーはクライナーの方々が私たちの分まで焼いて下さいました。ありがとうございます!

「ノースウォーカーは他の艇を奴隷のように使っている」なんて声がどこからか聞こえてきましたがそんなことはありませんよ♡

帰り SHとYBを追いかけながら帰ります
「パッセージプランを確認するのが面倒!」と、いうことでSHに追いついてからは速度を落としてひたすらSHをストーカーしました。みんな疲れて寝てましたね。
色々トラブルもありましたが無事に深江に帰ってこれました。

では残りの乗船も頑張ってきます。おやすみなさい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏クル schwer hugel

2016年08月25日 | 夏クル

今回初めてクルージングに参加しました。
しまだです。
今回のクルージングは澤山くんに大変おせわになりました。



いろいろな作業を無難にこなしている姿に感動をしたのをおぼえています


Summer Memories...


ほとんどのヨットでの移動中、僕は何をしていいかわからず、ほとんどねていました。



今回僕が乗ったヨットは名前をわすれてしまいましたが無事なにごともなく帰ってこれました。よかったです(´ω`)

(↑schwer hugelやで!)

さすが伊勢村先輩と川俣先輩です。丁寧に教えていただいて助かりました。



今回も同学年の海舟くんはいろいろなレースに
出たりしてかっこよかったです。
後の部長頑張ってください。
陰ながら応援しています。




今回のクルージングはとても充実していました。
ありがとうございました

しまだ


今回は島田くんが全文を考えて、喬が編集しました


喬の個人的な意見ですが、今回の夏クルを通してこの写真が1番のお気に入りです。


髪色がバグってますね(笑)
来年の夏クルは違う色に挑戦したいと企んでおります。来年がすごくすごく楽しみです。

島田&喬 でした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加