とうとうウイニングポスト8ー2017日記

ウイポ8-2017の日記です。昔の4やEXも偶に更新するかもしれません。

今度こそ安住の地にしたいウイポ4-2001日記2年目

2017-06-22 22:47:03 | ウイニングポスト4マ...
一応書いとくが、年始にベガとエアグルーヴを購入。
3月、牧場を拡張する。
4月、幼駒が産まれる。サンデーサイレンス×ファビラスラフイン牝馬が素質S、成長型超晩成だけど早めから何とかなるか? 他グラスワンダー×エアグルーヴ牡馬、ザグレブ×トウキョウグラフ牡馬、サンデーサイレンス×ジンマリー牡馬、ジェイドロバリー×コーキングフェイス牝馬、フサイチコンコルド×イースタンスキャン牝馬が素質A+。
血統的に牝馬3頭は確定、これに繁殖で使えそうなサンデーサイレンス×ベガ牝馬素質Aも持ちたい。牡馬からは1頭、距離適性と成長型とかを見るに、どの馬がベストだろうか。距離適性的にはトウキョウグラフの仔だけど、勝負根性Dが見えてるのがつらい。
後、牝馬ではイースタンスキャンの仔がファビラスラフインの仔と距離適性馬場適性がモロ被り。成長が早いイースタンスキャンの仔の方を海外に送るか。海外GⅠ勝利が母親の評価額へどう影響するか未知数だし。
5月、繁殖牝馬のアテナを購入。良く考えたら産駒の活躍で結構高額になってたし、早来の高額牝馬は俺が買ってたりでいなくなり、本当に買えるのか? と思ったが、なぜか普通に買えた。評価額が上の繁殖牝馬って、すでに引退状態のバレークイーンしかいないけど。まあ、得だからいいんだけど。
8月のセリで能力低い産駒とジンマリーの仔を売却。エアグルーヴとトウキョウグラフ、どちらの仔を取るかは来年のサブパラを確認して決めよう。
10月の繁殖セリの時期に、キルトフェニックスの繋養先が早来に変わっていたので来年買おう。あと、アテナトウショウの評価額が落ちてて買える値段になっていたので買っておく。来年子供の活躍で上がるからなあ、5月に買ってなかったのは痛いな。
12月の海外セリでデインヒル×リッジウッドパール牝馬11秒2、インディアンリッジ×ダンシングデザイン牝馬11秒3、シャントゥ×ラフメニアス牝馬11秒3を購入。全員繁殖に期待。

戦績
ワンアンコール牡4
日経賞3着→天皇賞春→宝塚記念→京都大賞典→ジャパンカップ→有馬記念
今年は割と順調、GⅠではちゃんと勝つから良いわ。

イワキハイネス牝3
フラワーC→桜花賞→NHKマイルC→スパーキングレディーC2着→南部杯→JBCスプリント3着→全日本サラC
春は順調に勝利、秋はJBCに標準合わせつつ、他に調子いい馬いないから南部杯ゲット。思ったより高額で繁殖入りするかな、シーキングザダイヤより高額になったら頭が痛いな、と思ったらJBCは苦手の不良馬場。・・・南部杯勝っといて良かった。
上がり目が無いし、早めにトキアマゾンが欲しいのでここで引退。

スリップブリザード牡3
群馬記念3着→名古屋優駿→ユニコーンS→ジャパンダートダービー→白山大賞典→ダービーグランプリ
初敗北は喫したものの、ほとんどのレースで楽勝。強さを示した。

キルトバイト牝4
ジャニーワイリーS2着→WRターフクラシック2着→CウィッテンガムH3着
→安田記念→毎日王冠→エリザベス女王杯→阪神牝馬S2着
海外3戦は、全て雰囲気の違いに戸惑い惜敗。こいつはいつ海外遠征に慣れるんだよ。国内では安定、年末は斤量が重いので流石に敗戦。

ナイスレット牡4
名古屋大賞典→アンタレスS→帝王賞→日本テレビ盃→JBCクラシック→東京大賞典
いまだ無敗。この馬は強いな。

イワキピーター牡2
新馬→新潟2歳S→デイリー杯2歳S→朝日杯FS
無敗で2歳チャンピオンに。

イワキゴッデス牝2
新馬→コスモス賞→札幌2歳S→阪神JF
この馬も無敗で2歳女王。

ピアホーネット牝4
本年度6戦3勝、勝ち鞍京都牝馬S、エプソムC、マーメイドS。
そこそこ勝った。一応全て馬券圏内と安定。

ケモノフレンズ牝2
2戦1勝。何とか1勝確保した、超長距離向きとしてはこの時期なら充分の成績。この先は来年の長距離戦で勝ち上がらせたいところ。

イワキマーシャル牝2
1月デビュー予定。晩成なのでこんなものだろう。

年度末表彰
年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬ワンアンコール、最優秀2歳牡馬イワキピーター、最優秀2歳牝馬イワキゴッデス、最優秀3歳牝馬・最優秀短距離馬イワキハイネス。最優秀4歳以上牝馬キルトバイト、最優秀ダートホーススリップブリザード。
かなり表彰されたな。馬主部門でも2位だった。来年はリーディング取りたいな。

イワキハイネスは引退。称号「暴走機関車」で金殿堂。評価額は9000万円、って結局本当にシーキングザダイヤ越えてない? トキアマゾンの方が先に欲しいから見送るけど。

頭数が多いのでコーキングフェイスの仔を処分し、新2歳馬は以下の通り。
コンクパール(デインヒル×リッジウッドパール牝馬)中距離~中距離
イワキマザー(ジェイドロバリー×トキアマゾン牝馬)素質A+スピードBスタミナD普通早
マハーバーラタ(インディアンリッジ×ダンシングデザイン牝馬)短距離~マイル
イワキカシオペア(シャントゥ×ラフメニアス牝馬)マイル~中距離
イワキサクラ(ラムタラ×オーピーキャット牝馬)素質AスピードCスタミナC超早熟
流石に牝馬ばかりはやりすぎたか。将来の繁殖枠が心配。

で、翌年始に繁殖牝馬見てみたのだが、初期馬を活躍させた分、ナルビーロマンが高額になっている。この馬の所属が静内。トキアマゾンも静内。もしかして、イワキハイネス売らなくてもトキアマゾン買える?
とりあえずこれから繁殖シーズンまでどれだけ名声を伸ばせるかにもよるので、買えるかわからないけど上手く行くとシーキングザダイヤと両取り可能かもしれない奇跡。これに関しては次回追って報告しますわ。


今回は以上。まあ序盤なので、初期馬で無双が続きます。初期譲渡馬が予想以上の評価額になったのでそこは良いでしょう。上手く使えるかは未知数、今回は微妙にキルトバイトが勝ててないので、春までに詰んだ成績でどこまで牝馬を買えるかが決まる。できるだけ無双したいなあ。何とかトキアマゾンは買いたい。
順調なので特に書くことも無いですね。次回に続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自家製牝馬を名牝にするウイ... | トップ | 今度こそ安住の地にしたいウ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。