とうとうウイニングポスト8ー2017日記

ウイポ8-2017の日記です。昔の4やEXも偶に更新するかもしれません。

ヤマニンファルコンを名牝にするウイポ8-2017日記1988年

2017-04-20 22:14:59 | ウイニングポスト8ー2017
1月2週、海外幼駒のアンブライドルドを購入。系統確立のため。
2月、嫁が妊娠。10月に無事出産、男の子だったので名前は進(しん)にする。これも一応冠名から取った。なお、シンと付ける馬主さんモデルのライバル馬主は初代ウイニングポストからいたりする。
4月、ヤマニンファルコンがダマスカス産駒の牝馬を出産する。期待したかったが、この馬駄馬である。
成長力無し固定乱数の中、せめて母父〇になる馬をと種付けしてみたのだが、ノーザンダンサー系はインブリードのせいかサブパラが酷いことになる。ミスプロも悪い。サブパラが整っているのはダマスカスかシアトルスルーなのだが、両方スピードは無い。ならばこの年しか種付け機会が無く、次世代の配合に幅が有るダマスカスにしたわけだ。
が、駄馬度はこっちがより悪い。正直1勝目が危ぶまれるレベルの駄馬。繁殖に入ったらマシな乱数を引いてくれると祈るしかない。一応仔出しは良い方なのが救い。
で、この世代から史実馬を買わないことにした。ここまでの世代でニジンスキー系の昇格はなせると判断。万が一一押しが足りなそうなら、海外幼駒を買おうと思う。
この年初めて海外セリの顔を出してみて、ミュージックタイムを買っとこうかと思ったが、値が上がりすぎたので見送り。

で、今年も戦績は省略気味で。
ベットトゥワイス牡4
フェブラリーS→ドバイワールドC→メトロポリタンH→スティーブンフォスターH
→ホイットニーS→ウッドウォードS→オーサムアゲインS→BCクラシック2着
→チャンピオンズC
流石に無敗は途絶える。むしろここまで良くやったよ、ドバイも勝利。
衰え始めているのでここで引退。

マウントニゾン牡5
ダイヤモンドS→阪神大賞典→天皇賞春2着→ヘンリーⅡ世C→ゴールドC
→愛セントレジャー6着→カドラン賞→ロイヤルオーク賞→メルボルンC
天皇賞春以外は超長距離路線で勝ちまくり。ちょっと距離が短い愛セントレジャーを負けたのはご愛敬。
ピークは越えたので引退。

ヤエノムテキ牡3
シンザン記念→きさらぎ賞→毎日杯→NHKマイルC→ベルモントダービー
→セクレタリアトS→キーンランドマイルS→コックスプレート→マイルCS
→香港カップ
パワーBなので坂がきつくないレースを、と海外中心に勝ちを重ねる。気が付いたら今年無敗。

スーパークリーク牡3
京成杯→弥生賞→皐月賞→日本ダービー→セントライト記念→菊花賞→ジャパンカップ→有馬記念2着
無敗で三冠を達成するが、年末にとうとう初敗北。この借りは来年返す、今度こそ無敗で駆け抜けてやる。

スピードペガサス牡7
川崎記念2着→名古屋大賞典2着→かきつばた記念→さきたま杯→サマーチャンピオン
→オーバルスプリント→南部杯→みやこS→兵庫GT
今年は無敗と行かず。佐賀記念と川崎記念両方強豪がいちゃあなあ、どうせならGⅠで負けるのを選ぶよ。途中から連勝再開したので良かった。
衰え始めているので引退。

ガルダン牡7
本年度11戦8勝、通算47戦18勝。本年度勝ち鞍京都金杯、中山記念、ダービー卿CT、マイラーズC、七夕賞、小倉記念、福島記念、中日新聞杯。
今年は結構勝ったが、GⅠは勝ってないので扱いは小さめ。サマー2000は優勝。
ピークは越えたので引退。

メジロアルダン牡3
本年度7戦4勝、通算12戦9勝。本年度勝ち鞍共同通信杯、スプリングS、神戸新聞杯、香港ヴァーズ。
クリークのバーターで春クラシックに参加したが、彼の馬はリセット無しで勝利を続け、無理しなきゃ良かった状態。国内の古馬相手では掲示板がやっと、海外で何とかGⅠ勝利。
系統確立敵には無用になったので引退させとく。

レイクブラック牡5
本年度10戦6勝、通算30戦12勝。本年度勝ち鞍中山金杯、小倉大賞典、新潟大賞典、目黒記念、函館記念、アルゼンチン共和国杯。
結構勝ったが、GⅠは勝てそうになかったなあ、挑戦もしなかったけど。
衰えているので引退。

モガミナイン牡3
ジュニアC→アーリントンC2着→ニュージーランドT→中京記念
早熟なのでここまででピークを越える。でもオグリ相手に1階かったので良くやった方。もちろん引退。

ミスターヤマノ牡3
本年度7戦5勝、通算9戦7勝。主な勝ち鞍ラジオNIKKEI賞。
勝ち鞍はほとんどオープン特別。そこそこ強いがパワー無しでレースを選ぶ、使い勝手も悪く系統確立にも用無しになったので、引退させとく。乗馬で頑張ってね。

サンデーサイレンス牡2
新馬→デイリー杯2歳S→京都2歳S→朝日杯FS→ホープフルS
根幹距離のみ使い、折角なのでGⅠ両方取らせてみた。

ダイナレター牡4
本年度12戦7勝、通算13戦8勝。重賞は惜しくも勝ち鞍無し。

ライトカラー牝2
新馬→函館2歳S2着→小倉2歳S2着→ファンタジーS→阪神JF
何とかGⅠを勝利。成長力乏しいし、牝馬三冠は気にせず使い倒す。

ホウエイソブリン牡4
本年度9戦7勝、通算10戦8勝。重賞はまだまだ勝てず。

ラッキーゲラン牡2
2戦2勝オープン。ここから勝っていきたい。

ダンシングスプリー牡3
晩成なので今年は未出走。1戦1勝500万下。

年度末表彰





あと、最優秀馬主も獲得したけど、間違って画像保存する前に先に送っちゃった。
まあ順当。


年末、無事ノーザンテースト系が確立。

マウントニゾン、スピードペガサス、ガルダン、メジロアルダン、レイクブラック、ベットトゥワイス、モガミナイン、ミスターヤマノは引退。
スピードペガサスは称号無しで銅殿堂。
ベットトゥワイスは称号「アメリカンドリーム」で金殿堂。
マウントニゾンは称号「超弩級長距離砲」で金殿堂。

引退馬から任意で種牡馬入りさせられるので、レイクブラックを種牡馬入りさせる。モガミナインとミスターヤマノはごめんなさい。
というわけでその2頭以外は種牡馬入り。

新2歳馬はアンブライドルド、ナリタハヤブサ、ヤマニンシアトル、ワイドバトル。

翌年始、強化トレーニングで3頭併走が指示できるようになった。が、今回も縦列3頭。


今回は以上。
無事、テースト系の確立を見届けました。あとはニジンスキー系がどうか、と、こっちは10.1%、本当にあと一押しが足りなそうだぞ。できればクリークとヤエノムテキの活躍文でノーアテンションの種付け料を上げつつ、高額種牡馬入りで一気に決めたかったのだが、それにはちょっと足りなそう。
ここは今いるニジンスキー系で上手く補っていきたいです。一応海外幼駒ももう1頭くらい買おうか。今年の末に折角種付け料を上げていたスポーツキーがいなくなったのが痛いなあ。種付け料850万にもなっていたのに、足りない数%分まさにそのもの。
ここからは所有頭数も少なくなっているので、早めに進めて様子を見たいところ。
なお、くだんのスポーツキーですが、ヤマニンファルコンの父なので、系統確立目指してみようかとも思ったのですが、史実通りに引退する保証が無かったので、諦めてました。正解でしたね。同自家生産してもこの時期は無理だったよ。
あと、ヤマニンファルコンの子供に関しては、正直手ごたえが悪いです。主流牝系確立には3世代重賞勝利が必要なはずなのですが、この感じでは1世代目の勝利は有るのか本気で心配になる感じです。娘が先に牝系確立しちゃ意味が無い。
とりあえずニジンスキー系が親系統昇格すれば、ノーザンダンサー系も同系統にならないので危険度が下がるはずなので、そこから期待したいところですが、課題は危険度が影響少ないスピードなので本当に何とかなるのか不安しかないです。
当面生産してみてあまりに無理だと思ったら、すっぱり諦めてこのプレイやめようかと思っています。そのレベルの手ごたえの悪さ。
最悪母父〇を捨ててでもまともな馬を作りたいですが、仔出しも高いわけでは無いので厳しいかと思います。
出来ればこのまま続けたいですが、駄馬しか走らせてなくて見どころないまま十数年、とかやってもブログとして面白くないので、何とか巻き返しを図ります。自信は無いですが。
泣き言ばかりの状況で次回に続く。


追記 子供関係一部抜けてたので追記しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマニンファルコンを名牝に... | トップ | ヤマニンファルコンを名牝に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。