くーにゃんの落書き
空林庵:絵と犬と猫と
 



先月、数年ぶりに懐かしい人↑に会いました。
ポートレートの絵のタイトルの多くはモデルになった人の好物です。
好物といっても勝手に私がその人が好きなんだろうな
と印象に残っている食べ物にしちゃっています。
なので本人からの申告があると時々タイトルが変わります。

ポートレートも油彩もここ何年も画いていません。

   
(キャンバス・油彩)
絵の一覧


数年前に株を分けていただいてから
何年も咲かなかった孔雀サボテンに蕾がつきました!
7月4日の姿。
蕾の時点ですでに大迫力。
(品種不明)


7月8日夕方、だいぶ開いてきました。
香りはないみたい。
淡いキュウリみたいな香りがかすかにあるような・・・。

7月8日夜。
夜になったら一気に花が開きました。

花径22cm!

バラも返り咲きがぽつぽつしかないこの時期に嬉しい開花。



なんだか素敵な香りが漂っていると思ったら

香りの正体は返り咲いたシャルロット。
優しいミルクティーみたいな特別好きな香りです。
咲いてくれて嬉しいなぁ。


開ききったところで再度香りをかいでみると・・・
花にあまり近付くと、なんだか妙な香り。
少うし離れてかいでみるといい香りと言えるような言えないような・・・。
エキゾチックなにおい。

この花姿なら香りなんてどうでもよくなります。

孔雀サボテンや月下美人の類は香りがいいものも沢山あるらしく
また花のない冬咲きもあるそうで、次々ほしくなってしまいます。


パッションフルーツも花をつけました。
今年は花数がいつもより多く今からよだれが・・・。

7月9日朝の姿。





毎年従姉が送ってくれる朝顔。
竹細工のあんどんは風情があっていいですね。

仙台は冬寒いので孔雀サボテンもパッションフルーツも冬は家にとりこんでいます。
暖かくなってからベランダに出しています。

咲いてない孔雀サボテンがもう一鉢あります。
満月美人とドラゴンフルーツも何年も花をつけませんが
一鉢咲いたことで俄然やる気が出てきました。

香りのいいのを中心に集めたいなぁ。

置くとこどうしよう・・・。

7月9日昼ごろ。

ハンギングにしてみました。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




   
(キャンバス・油彩)
絵の一覧




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






二人ともかれこれ15年前の姿。

(事務綴り用表紙・油彩)
絵の一覧




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




事務の綴り用表紙は
安価でしかも表面のざらつき具合が
油絵具の引っかかりもよく
キャンバスボードの代わりにもってこいです。

黒から画きはじめるのも楽しいです。  


尤も、テンペラを始めてから油彩は殆ど画いてません。
油彩は揮発する物質がきつすぎて体調を崩してしまいます。

(事務綴り用表紙・油彩)
絵の一覧




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日の話題で懐かしくなって引っ張り出してきた絵。
Atelier Alupiに通っていた時にポートレートの授業で画いた絵です。
  
(ボード・油彩)
絵の一覧



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ