「手当て」と「調整」で病気に負けない身体作り。銀座椚治療院のブログ On the road.

東京銀座一丁目の治療院 国家資格・柔道整復師免許証保有の治療家 解剖生理学 身体論 患者さんへのメッセージ型ブログです。

寒い時期こそ、頭寒足熱です。

2016年10月17日 18時54分42秒 | 健康
東京は涼しくなってきました。

このまま涼しさが続きますと体調を崩す方が多くなります。



これは下肢が冷える事で内臓が冷え機能が低下することが原因です。



頭寒足熱という言葉があります。

頭は涼しく足は暖かくすると健康になりますよという事です。



しかし、冬の着こなしを見ますと

女性は上半身はコートやマフラー、下はスカートにストッキングとブーツ。

という方が多いです。



これでは頭寒足熱にならず、頭熱足寒になり、不健康になります。



血流が悪くなるばかりではなくリンパの流れも悪くなり浮腫みます。

浮腫みは更なる冷えを作り冬に冷え症になります。



ファッションは我慢ということもありますが



実は下肢は熱いくらいがちょうどいいのです。



下肢が熱を持つことで内臓に血液が良く回るようになり

代謝も向上します。



貼るカイロ等をお腹や腰に貼ると下肢の血行が良くなります。

その場合は、下肢の血行が良くなるようにテクテクと歩くのが良いです。




当院は、お腹に触れる内臓治療と頭蓋骨と骨盤・背骨の調整

そして、症状改善に必要な柔軟体操を指導させて頂くことで

症状を改善に向わせる事を目的としています。


治療により身体が徐々に”楽”になることを実感することにより

身体は整えられ、自律神経も落ち着きます。

身体は、一朝一夕で変わるものではありません。

継続的になりますが、治療を頑張りましょう。



「手当て」と「調整」で病気に負けない身体作り

銀座椚治療院

http://kunugin.com/









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天候と疲労と骨盤調整 | トップ |   

あわせて読む