【九里】を探して三千里

【くのり】と読む曽祖父の苗字を調べております。
各地の九里情報・伝承をご存知の方、是非教えて下さい!      

赤い丸と白い丸

2016-11-08 | 古代からのつながり
丸い…ということが再生を意味し、ありがたいものと崇めるとするならば、赤い丸が太陽で、白い丸は月だったのではないでしょうか。

紅白のお餅・・・・このあたりから【お祝い】を意味し、遡ると「丸信仰」(私が作った言葉)、蛇の目、蛇のどくろをまく姿、太陽、月、妊婦のお腹…など、丸い=ありがたい=再生=神秘=…と繋がっていたような気がします。(鏡も)

そして、月の満ち欠けや、日食、月食などが不吉なものとして嫌われたのも、また丸く戻ってきて安堵するのも、このようなところから丸=安心感みたいな精神性とつながっていたような気がします。

…ということは、越中国の赤丸とは、太陽のことだったのではないでしょうか?

〇や◎も、もらって嬉しいのは、古来からの気持ちと一緒???


忘れないように~の、メモ的記述でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 須賀神社~~淳仁天皇の御陵... | トップ | 古代からのつながり(18)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。