【九里】を探して三千里

【くのり】と読む曽祖父の苗字を調べております。
各地の九里情報・伝承をご存知の方、是非教えて下さい!      

豊浦庄 相伝「経秀」とは、どなたであろうか?

2017-04-22 | 雑記

【国名】 近江
【郡名】 蒲生
【荘園名】 豊浦庄
【フリガナ】 トイラ
【重複コード】
【参考市町村】 蒲生郡安土町
【市町村コード】 25381
【明治村字名】 上豊浦・下豊浦・高木・須田・石寺
【史料村郷名】
【領家・本家】 薬師寺領・興福寺領
【初見年和暦】 承暦四年
【初見年西暦】 1080
【出典】 興福寺文書・猪隈関白記・東鑑・御挙状等執筆引付
【遺文番号】 カ4792・カ15590
【記録類】 『水左記』承暦4,8,27・同閏8,6・『猪熊関白記』建仁元,8,14・『東鑑』安貞元,9,22・嘉禎元,7,7・『大乗院寺社雑事記』文明16,8,5
【関係文献】 無
【地名辞典】  角川地名=輿地史略に佐々木庄の北=安土町北部一帯=天平感宝1聖武が薬師寺に施入した100町の水田が荘園化、薬師寺領=建仁1賀茂社と日吉社の相論
【備考】  読みは中世、現在ともにトイラ、『荘園志料』の読みトヨウラを改む・東鑑=安貞1佐々木信綱に佐々木豊浦羽爾堅田両庄等の地頭職を給与、承久合戦の恩賞=嘉禎1佐々木信綱宇治河勧賞豊浦庄の替として尾張長岡庄地頭職に補任

(近江国坂田郡史)
「經秀代々豊浦庄の知行を相傳す,撟本の合戰に討死し、其の子又太郞成遠、長じて足利義詮に仕へ、後光胺院、雜を近江にへられ、始めて此の地に移住し、常樂寺村(絵れ)を本據どす,氏成、建武元年八月、遠州子氏成は彥三郞ど稱し、正虔二年ョほ父の軍功」とgooglebooksそのままコピーしてみた。

経秀〰成遠(常楽寺村が本拠)=遠州?~氏成=彦三郎 

この「経秀」波多野経秀? どなたかご存じないでしょうか~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 松田対馬守数秀(かずひで)... | トップ | 源有仁と源師基(もろもと)→... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。