【九里】を探して三千里

【くのり】と読む曽祖父の苗字を調べております。
各地の九里情報・伝承をご存知の方、是非教えて下さい!      

馬場氏となった【源仲政】

2017-08-05 | 九里バラバラ情報
馬場氏と聞くと、平安後期の【源仲政】が思い出される。

【源頼政】の父である。
何故「馬場」と名乗るようになったのであろうか?

源仲政は【源仲正】でもある。
こちらで検索をかけた方が(東京大学のDBの場合)核心の部分が出てくるような気がする。

不思議な力の持ち主! 【雨を降らせる男】である。



神泉苑を浚渫する(深く掘る)という意味らしいが、、

5月25日から降らず、6月20日に仲正が奉幣&池を掘り、さらには池の掃除をし、24日雷鳴とどろき大雨大風となったようである。

以下のような話も「神泉苑」のwebページにあったのでご紹介。
http://www.y-tohara.com/shisenen.html

 「ある年、後白河法皇ご臨席のもとおこなわれた雨乞いの時、百人の白拍子が神殿に舞を奉納したが、99人までは雨が降らず最後に静が舞ったときに雨が降った。これを見た後白河法皇が『日本一の舞』と絶賛した。
 この雨乞いの儀式に参列していた義経は、静の美しさが忘れられず、その夜、堀川の館に静を呼んで宴を催した。これが義経と静との最初の出会いである」
というもので、静が舞った処が善女竜王堂の舞殿で、義経とは池の畔で出合ったという。

~~~*~~~

九州の台風や大雨での災害。雨風はもう必要がないときもある。
でも、全く降らないと困ったことにもなる。

そして、どうか災害になりませんように! このことを強く願う私です。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平高盛は平頼盛の息か? 中... | トップ | バケモノザシキ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。