【九里】を探して三千里

【くのり】と読む曽祖父の苗字を調べております。
各地の九里情報・伝承をご存知の方、是非教えて下さい!      

吉田氏(3)

2017-07-11 | 九里【まとめ】
以下は藤原系の吉田氏(家)だが、wikipediaよりコピーすると、

藤原 光房(ふじわら の みつふさ、天仁2年(1109年) - 久寿元年11月10日(1154年12月16日))は平安時代後期の貴族。藤原北家勧修寺流、参議・藤原為隆の三男。官位は正四位下・権右中弁。伊豆弁を号す。
元永3年(1120年)に正六位上で大膳亮に任ぜられた後、摂津守・伊豆守・勘解由次官・春宮大進を歴任。久安3年(1147年)に右少弁に任ぜられる。久安6年(1150年)権右中弁に進み、仁平2年(1152年)中宮亮を兼ねて中宮・藤原呈子に仕えるが、久寿元年(1154年)11月10日に頓死した。享年46。

その光房の妻が、なんと源有賢の女(娘)である。つまり、佐々木秀義の姉か妹である。

光房の息は、なんと吉田家

吉田 経房(よしだ つねふさ)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の公卿。権右中弁・藤原光房の子。
源頼朝の鎌倉政権(後の鎌倉幕府)より初代関東申次に任ぜられた。吉田家(後の甘露寺家)の祖。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E7%94%B0%E7%B5%8C%E6%88%BF

さて、有賢の孫である佐々木吉田巌秀と同じく孫である甘露寺家(かんろじけ)藤原北家高藤流(勧修寺流)の藤原の吉田経房と、何かあるんじゃないだろうか?
ここと、中原・九里が繋がるのではないだろうか?

かたや義経を守り、かたや義経を追い詰める役回りとなって、どうなるのか。。。

~~~?~~~

見つけたばかりの情報なので、後でじっくりと考えます。

そして、今までは閑院流の藤原実明だとばかり思っていたのですが、もっと時代を遡りもう一人の少納言実明がぴったりときてしまいました。
でも、近いところにこの二人はおります。





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉田氏(2) | トップ | 吉田氏(4)源頼朝との関係 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
経房なら少し知っています。 (自閑)
2017-07-11 18:01:49
kunori様
吉田経房なら少し知っています。
式子内親王の後見人として、吉記や玉葉等を少し読んでおります。
昨日まで、北海道は猛暑でしたね。体調管理にご注意下さい。
吉田経房 (kunorikunori)
2017-07-11 20:19:54
自閑さま

ク―ラー購入するも、いまだ工事に至らず…暑いです。
さて、web情報の中に「吉田経房は頼朝の幼少期に、上西門院の側近として共に仕えているので面識はあったと思われる。」とありました。このあたりのことを知りたいです!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

九里【まとめ】」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。