【九里】を探して三千里

【くのり】と読む曽祖父の苗字を調べております。
各地の九里情報・伝承をご存知の方、是非教えて下さい!      

足利義晴と武田元光

2017-03-23 | 九里バラバラ情報
前回の続きだが、

中原広忠~広季の系が、近衛氏の領地であった三池庄・三池山門庄の「三池氏」につながっている事だ。
この関係は前から気にはなっていたが、近衛領とは知らずに、中原系図で近い感じがしていたので、見ていただけだった。

堺に下向~の申し付け…とは、この三池庄のことだったのではないだろうか。
堺から筑後への船があり、そこに伝達するために行ったのではないだろうか。(下記に出てくる「堺」は「堺公方」のことかもしれないが…)
三池氏につながる中原氏と関係のある「九里源兵衛」がそのことに適した人物であったとすると、
やはりこの中原広忠の系に近いところに九里がいたのではないだろうか。

三池氏に関しては後日述べたいと思う。

~~~*~~~

足利義晴の事(武田元光につながる)

近江幕府(桑実寺など)

大永6年(1526年)、高国が家臣の香西元盛を殺害して細川氏で内紛が起こると、高国と対立していた細川晴元は、三好元長の援助を受けて義晴の弟・足利義維を擁立して高国と戦う。さらに元盛を殺したことで元盛の2人の兄波多野稙通や柳本賢治らが高国から離反し、大永7年(1527年)に桂川原の戦いで高国が破れると、実権を掌握した阿波の国人・三好元長や細川晴元らが入京。義晴は高国や武田元光を伴い近江に逃れた。

享禄元年(1528年)には朽木稙綱を頼って朽木(興聖寺)に落ち延び、若狭の武田元光らの軍事力を背景に、三好元長らが擁立した堺公方・足利義維と対立した。しかし享禄4年(1531年)、高国は中嶋の戦い及び大物崩れで敗れて自害する。

戦後、今度は晴元と元長が対立、天文元年(1532年)に元長が晴元と手を組んだ一向一揆によって討たれた後(享禄・天文の乱)、京都より近江の観音寺城山麓桑実寺境内に約3年にわたり幕府を移す。それは朽木の時とは違い、奉公衆奉行衆を引き連れた本格的な幕府の移転であった。

天文3年(1534年)中には六角定頼・義賢父子の後援を得て晴元と和解し、帰京した。しかし、その後も晴元と対立して敗れた後、和解して帰京するといった行動を繰り返しており、天文10年(1541年)には近江坂本に逃れ、天文11年(1542年)には京都へ帰還。天文12年(1543年)には近江に再び逃れるなどしている。


足利氏の軍事力として若狭武田は活躍していて、その武田元光の孫(=六角定頼の孫でもある。)が義統になる。

前々回の記事につながってくる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近衛尚通と九里源兵衛

2017-03-23 | 九里バラバラ情報

今日、おおきな収穫があった~相国寺に問い合わせていた浄椿と九里源兵衛の事の回答が来たのだ!


ご質問を頂戴しました次の2点について、回答をお送り致します。
①浄椿の画賛を所蔵しているか
②九里源兵衛の相国寺での立場


①浄椿の画賛を所蔵しているか
申し訳ございませんが、弊寺では浄椿の作品は所蔵しておりません。

②九里源兵衛の相国寺での立場
弊寺で史料を調査している者に確認したところ、九里源兵衛の相国寺、鹿苑院内での立場は不明との事です。
ただ、『後法成寺関白記』享禄元(1528)年7月3日条に「九里源兵衛が堺に下向するので、近衛尚通が近衛家領のことを源兵衛に申し付ける」という記述があり、
近衛家とも関係があるのではないか、
との事でした。

~~~*~~~

以下は東京大学史料編纂所の記事より

大日本古記録 後法成寺関白記 一

 本書は、近衛尚通(一四七二〜一五四四)の日記である。尚通は、近衛政家を父とし、越前朝倉氏の被官加治氏の女を母として摂関家に生まれた。尚通は延徳二年右大臣となり、明応二年二十一歳で関白・氏長者となって、同六年に辞し、永正十年再び関白・氏長者となり、翌十一年・十二年には太政大臣をつとめている。永正十六年には准三宮の宣下を受け、天文二年に落髪する。
 日記は、父政家が永正二年(一五〇五)に亡くなったあとを受けて、同三年正月元旦より起筆し天文五年(一五三六)十二月に及んでいる。この間、永正十一年・十二年、大永二年・四年・五年・七年、天文三年・四年の計八年分は現存していない。本文が伝わっている部分はすべて自筆原本が現存し、その二十一冊は財団法人陽明文庫に架蔵されており、これを本書の底本とした。自筆原本の表紙すべてに記主自ら「永正三年記」等と年次のみを記しているが、本書には一般に通用しているところに従って『後法成寺関白記』の題名を用いた。後法成寺は、尚通の諡号である。本冊には永正三年正月より同九年十二月までを収めた。
 原本はすべて袋綴の冊子仕立で、寸法はおよそ縦一五センチ強、横二二センチ強である。
料紙は詠草や消息及びその反古や書きさしを、長辺に平行に二枚に裁断し翻して用いている。この二枚を合せてもとの料紙に復元できるものが少なくない。このような料紙を二枚以上使っている文書もある。そこで現在残されている原本の範囲内で、出来るだけ文書の原態を復元して翻刻掲載した。なお永正三年の紙背と同七年の紙背とには一具であったものがままあるが、その他の年次ではそれぞれの冊の中にのみ存在する。いま永正三年の紙背と同七年の紙背が接続する場合を掲出すると左記のようになる。例えば、ある詠草は上下に裁断されてその上半部が永正七年の日記第一紙として用いられ、下半部が永正三年の日記第八紙として用いられているといった具合である。…


…紙背を利用するために集積された反古が、ある段階で裁断され、下半部または右半部の束が永正三年の日記に、上半部または左半部の束が永正七年の日記に、それぞれ順を追って使用されているのが判る。永正三年冊では第二十三丁から、永正七年冊では第十八丁から後は同一冊の中に接続相手を見出せる場合があるが、それ以前の部分には存在しない。一具として復元出来なかった料紙のかたわれは、他に転用されたか、廃棄されたと推定される。なお『雑事要録』『雑々記』等、尚通筆になる部分が存在すると考えられる記録に、本書の紙背と一具であったと推定できる文書の断簡は無い。
 本冊には、足利義尹・義澄や細川澄元・同高國・同澄賢の抗争が詳しく記録され、細川政元被官赤沢朝経の入国に伴う大和の動静、香西元長による上賀茂社家への放火、といった混乱に対応して、尚通邸からも婦女子や重書類を避難させるなど、当時の世相が具体的に見られる。
 三条西実隆との詩懐紙の贈答を始めとする公家との交流はもとより、宗祇から古今伝授を受けた尚通邸には連歌師もさかんに来訪して文学的な関心の高さがうかがわれ、これをきっかけに接触をもとめる地方大名の記事も収められる。
 家中では後に慈照寺住持となる明岳瑞昭、一乗院門跡となる覚誉、聖護院門跡となる道増といった子息や、継孝院、智園寺に入室した息女をはじめ、弟一乗院良誉や妹大祥院尊永・御霊殿、叔父景陽軒、叔母大祥院春渓との密接な連絡があり、父政家の後室(大上様)との縁からその父飛鳥井雅親や同雅俊と頻繁な交際、自身の室維子との縁からその父徳大寺実淳一家との交流が見られる。
 家領支配の様相、近衛家書札礼など興味深い記事に富む。…
 
担当者 田中博美

『東京大学史料編纂所報』第36号p.36

~~~*~~~

加治氏の女が…とあるが、これは佐々木氏の庶流の加地氏であろうと思われる。

また、近衛尚通の女が、足利義晴の室となっていて、義輝、義昭を生んでおり、前回の記事にも書いてあるが、女は武田義統の室になっている。

浄椿は近衛氏より家紋(近衛牡丹)をいただいている事、九里源兵衛が近衛尚通に用事?領地?のことを申し付けられている事からも、何らかのつながりが続いているとみることができると思う。

そして、領地を調べてみると、意外なつながりが見つかった。これは次回へ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武田義統(よしずみ)の息と足利義晴

2017-03-20 | 出雲・隠岐国 松江藩
wikipediaによると、小笠原宗長の女(むすめ)が武田氏信の室となり、信在(のぶあり)の母となっている。
(中原経行女が甲斐小笠原宗長に嫁いでいる。ともいわれている。東京大学史料編纂所の小笠原氏の文書の中には、そう書いてあった。)


また、小笠原宗長の息 貞宗の女が甲斐守護 武田信成室となり、信春・四郎基信・下條五郎武春・栗原十郎武続・布施彦六満春の母となっている。

この宗長の系の小笠原氏を遡っていくと「小笠原長清」となり、その父は加賀美遠光で、遠光の父は逸見清光。

逸見清光の父は「源義清」である。


逸見清光

生没年:1110-1168
父:源義清
逸見冠者、逸見源太
正室:
上総介 逸見太郎光長
女:手輿遊女
1128-1186 武田信義
女:(父:源義業)
1143-1230 加賀美遠光
女:
1134-1194 安田義定
平井清隆
河内義長
田井光義
曽根厳尊
奈古義行
浅利義成
八代信清
義氏
長義(長光)
道光
光賢

武田氏信の父は、信武で、信武の妻は足利高義の女で、ここで足利家と武田家とのつながりが見えてくる。

この足方高義とは,高氏(尊氏)の兄である。

もう一度、武田信在に戻ると、その息が信守、信繁。
その信繁からの系に、武田義統がいる。信栄 信賢 国信 信親 元信 元光 信豊 義統 元明…断絶となる。

義統の息元明は足利義晴の孫となる。
六角高頼の女は、足利義澄継室である。
義澄の息である義晴。だが、義晴の母親は日野永俊らしいので、血は繋がっていない。

六角定頼の女が武田信豊に嫁ぎ、義統の母となっている。

くどいようだが、その義統と足利義晴の女の息が「武田元明」である。

そして、元明の息が佐々義勝ともいわれていた京極高次の重臣となった人物となる。


この佐々氏と水戸黄門の「すけさん」の佐々氏と関係があるのだろうか?
知りたい!!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝方の夢

2017-03-17 | 日記
今朝方、白血病で亡くした友の夢を見た。

高校一年の時に出会って以来、結婚してからも行き来をし、共に音楽会へ行っていた友だ。

正確には、夢に彼女の姿は出てこない。しかし、彼女のことが話題として、次から次へと。

私しか知らないはずの話題も出てきた。

そして、朝目が覚めて、今日は彼女の命日だったことに気が付いた。

ぼんやり屋の私に気づかせてくれたんだね。ありがとう。

一杯泣いて、彼女に届くように一杯ピアノを弾いた。

ピアノの音、届いたかなぁ。久々にピアノのふたを開けて、感情を音に乗せることができて良かった。

この気づきもきっと彼女からのプレゼントだったように思える。

あ・り・が・と・う・



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐々氏と九里氏

2017-03-16 | 出雲・隠岐国 松江藩


慶長5年(1600年)、若狭一国の領主として小浜城主となった京極高次は、重臣佐々義勝を高浜城代としている。 …とあるが、1560年代に時代を遡ると意外なことがわかる。

【武田元明(孫八郎・元次)1552ー1582】

武田義統の子。母は将軍足利義晴の女。

1567年父義統の死により家督を継いだが、この時すでに武田氏の勢威はないにひとしく、譜代の家臣らは自領に引きこもり、元明に従わなかった。
翌年8月越前朝倉氏が若狭に侵入し小浜を攻めた時、元明は朝倉氏に庇護を頼んで越前に去り、ここに若狭武田氏は事実上滅亡した。

1573年8月朝倉氏が滅ぶと、元明は若狭へ帰り神宮寺などに潜居したと伝えるが、1581年かっての武田氏家臣逸見昌経の死去に伴い、その旧領大飯郡の内3千石を織田信長から与えられた。しかし翌年の本能寺の変に際し、明智光秀に味方し丹羽長秀の居城佐和山を攻め落としたため、同年7月19日近江海津で自殺させられた。室竜子は京極高吉の女元明の死後羽柴秀吉の側室となり、松丸殿といった。


【武田義勝(津川義勝・佐々木義勝・佐々義勝)】

武田元明の子。

父元明自刃後、義勝は武田姓をはばかり津川姓を称した。のちに津川義勝は親族である京極高次に重臣として仕えた。

京極高次が関ヶ原の戦いの功により若狭一国の主となると大飯郡高浜城5000石を与えられ、また佐々木姓を称することが許された。以後佐々木義勝または佐々義勝として京極家重臣に列した。
江戸時代の丸亀藩家老の佐々家はこの末裔といわれている。

1836年10月25日丸亀藩主京極高朗が、多度郡白方村で大筒の試射に臨場した時、家老佐々九郎兵衛は供奉している(香川家文書『万事覚附』)。

~~~*~~~

津軽に配流された理由とは、以下のようなことであるようだ。

慶長十四年十二月九日付佐々加賀守・龍崎図書連署下知状(吉田吉兵衞家文書)でも龍崎図書とともに下知状を発給していたが、高次逝去の直後から筆頭家老熊谷主水が国政を専横して、佐々義勝ら老臣の不正を駿府の徳川家康に直訴した。

その結果、慶長十六年佐々義勝が津軽に、安養寺門斎の子沖長門が薩摩、龍崎図書が対馬に配流された(寛政重修諸家譜)。次の世代は、佐々九郎兵衞光長である。


~~~*~~~

津軽での出来事は、またの機会に。ここで佐々氏についていったと思われる「九里治郎兵衛」は、自害してしまいます。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の写真

2017-03-12 | 日記

広島




ご神紋は、出雲と同じような気がする。



岩国




広島から出雲へ高速バスに乗る


松江


出雲大社では、神話ガイドさんのお話を聞く。

空港へ向かう途中、美保神社に寄り道。
碧い海で、最高!















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出雲・隠岐にいた「九里」

2017-03-11 | 日記
不思議なこともあるもので、購入した本の中に「九里」を見つけてしまいました。
松江城の中で売っていた本です。

出雲大社で時間がかかってしまい、夕方お城が閉じてしまうかどうかの瀬戸際のような時間帯に松江城に入った私たち。

階段を全部上って降りて・・・は厳しいかな~と思い、私は入り口付近でうろうろ。側に置いてあった本を購入しました。
「出雲風土記」ともう一冊は「京極忠高の出雲国・松江」西島太郎氏の著書です。(松江市教育委員会)

佐々九郎兵衛のことは、佐々木哲氏のメルマガでその名前と松江にいたことはわかっておりまして、その出典が松江歴史館の出版本であることもわかっておりました。

佐々氏が養子として入ってきている「九里」ですので、とても気になっていたのです。
(佐々九郎兵衛のことは、わが九里に養子となって入ってきてくれた佐々の系と関係があるかどうかはわからない状態ではありますが。。。)


ホテルに戻ってから、ページをめくるとそこに「九里」の名前が! 嬉しいですね~~~* 

「京極忠高の出雲国・松江」p.98
『(2)近江出身者の多い家臣団
千田・柏原・山田・多賀・多胡・井口・磯野・山岡・塩津・赤尾・尼子・万木(ゆるぎ)・九里・安養寺・三田村・穴生(あのう)・朽木・国友・八田・布施などは…』とありました。

安養寺は後に「沖」という苗字になったそうです。安養寺氏種とも関係があると思います。

京極忠高の父が京極高次ですので、以前見たことのある分限帳にこの家臣団のメンバーが書かれていたかもしれず、もう一度確かめたく思っています。

wikipediaより関係のありそうな部分を拾ってみると、

京極時代
結局、堀尾氏に代わって寛永11年(1634年)若狭小浜藩より京極忠高が入部した。京極氏は戦国時代に守護代の尼子氏に支配権を奪われる以前の出雲守護であり、故地に復帰したことになる。24万石の領地に加え、公儀御料の石見銀山、石見国邇摩郡・邑智郡の計4万石を預かることとなった。

しかしわずか3年後の寛永14年(1637年)忠高は死去した。死に臨み末期養子として甥の高和を立てたが認められず改易となった。しかし、高和は同年、祖先の勲功を理由に播磨龍野藩6万石の大名に取り立てられた。この時点で隠岐は公儀御料となった。

龍野藩
寛永14年(1637年)、末期養子が認められなかった外様大名の京極高和が出雲国松江藩より6万石で入封した。高和は万治元年(1658年)、讃岐国丸亀藩[1]に転封となった。龍野領は3度目に幕府領となり、龍野城も破却された。

~~~*~~~

松江藩の九里の内一名は、たぶん佐々氏が津軽に配流される事件があった際、共に配流された人で、津軽藩の記載の中に出てくる九里と思われます。


そして、松江藩は京極時代のあとに松平時代へとなり、結城氏とのかかわりが出てきます。ということは、長年謎だった我が家の文書。
【下野国壬生城ニ御座候…】とつながってくると思います。
http://blog.goo.ne.jp/kunorikunori/c/314222252f03f7a614a8b1e9ee2ab2fb

すごい成果! 足を運ぶって、取材をするって、すごいことなんだと実感! たったの一行のなかにあった「九里」がこうしてつながってくるとは、本当に感動的です。

しかし、その後はどうなっていったのだろう?そして、大和宇陀松山藩・柏原藩にいた九里とどのような関係なのだろうか~と新たな疑問もわいてくるのです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日から、一週間休止します。

2017-03-04 | 日記

明後日より土曜日まで旅行に出かけます。

あまり九里と直接には関係のないかもしれない厳島神社と、関係があるかもしれない出雲大社・松江です。

暖かな春を想像しておりましたが、天気予報を見ると結構寒そうです。

私、雨女・雪女なのですが、夫は晴男、息子も晴男、たぶん大丈夫! 
今回は、ドイツからやってきている留学生も一緒です。
論文に「古事記」を使いたいというので、お誘いして一緒に行くことにしました。


出雲では、神話ガイドさんと共に、巡る予定です。
「古事記」の世界を垣間見ることができるでしょうか。

~~~*~~~

まずはケンカしないように気を付けて行ってきます。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

源有仁とその周辺 (再び『源行真申詞記』を考える)

2017-03-03 | 近江国 佐佐木庄
『源行真申詞記』と『歴博データベース』によると、佐佐木庄は源有仁の領であった。

永治二年というキーワードと源有仁、そして、新を新院・武者所、友員を「祐師・有師・etc」「師友・師朝・師祐・etc」などと替えていろいろ検索してみた。師という字は、かずと読める。友は、ユウ・とも、「すけ」とも読める。いろいろなパターンが考えられる。


思っていたような情報はなかったが、源有仁と村上源氏との関係がみえてきた。先日中原一統と村上源氏との関係について『中原氏の一統は村上源氏の雅頼の家系と深い関係をもっていたに相違ない。』の一文を見つけていただけに、見逃せない。

有仁の父は「輔仁親王」であり、母は「源師忠」という人物である。

【永久の変】という事件も、関係してくると思う。

wikipediaによると、『この事件の背景には複雑なものがあり、それがこの事件に対する異なる解釈を生む原因となっている。すなわち、「白河法皇が自己の子孫による皇位継承の安定化のために対立候補であった異母弟・輔仁親王とその後ろ盾である村上源氏を排除しようとしたでっちあげ」とする見方

(源有仁は、輔仁親王の息である。)

「白河法皇が父である後三条上皇の遺詔に反して弟の輔仁親王に皇位を譲らずに実子の堀河天皇(次いでその皇子である鳥羽天皇)に継承させたことによる後三条上皇-輔仁親王派の反発から引き起こされた事件」とする見方

に分かれている。

^ 前者は竹内理三・安田元久・米谷豊之祐・坂本賞三らが採り、後者は河野房雄・槇道雄などが採る(槇、2001年、P17-18・27-28)。』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E4%B9%85%E3%81%AE%E5%A4%89


また、仁寛から立川流にクリックしてのwikipediaには、

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E6%B5%81_(%E5%AF%86%E6%95%99)

千手丸事件で罰せられたのが仁寛、および実行犯とされる千手丸の2名のみであったのは、そもそも天皇暗殺計画がなかったからではないか。

即ち、謀反は輔仁親王や支持勢力の村上源氏(仁寛も一族の1人であった)の影響力を削ぐために白河上皇によって捏造されたものであり、かれらを一掃せずとも所期の目的を果たせさえすればよしとしたため、この2名のみを「生贄」としたのではないか[注釈 22]。

とある。


そして、この事件の後に、輔仁親王の息子であった『源有仁』が白河院の養子となる。有仁王となるが、鳥羽天皇に子供が生まれたために臣籍降下となる。

『源行真申詞記』の事件当時、源有仁は左大臣であった。つまり、事件は左大臣の領での出来事であったわけである。


~~~*~~~

申詞記のなかの、新六郎友員の新だが、『新院』の【新】とも考えられることに気が付いた。

永治元年(1141年)十二月七日、三歳でご即位なさった。そのため、先の天皇である崇徳天皇を新院と申し上げ、もともとの上皇である鳥羽上皇を一院と申し上げた。…と保元物語に出てくるそうである。

(永治元年(1141年)12月7日、崇徳天皇は体仁親王に譲位して三条西洞院第に移る。)


愚昧記の紙背文書であった『源行真申詞記』だが、この愚昧記の著者である三条実房の父公教か、祖父実行が書いたのであろうか?
これは検非違使問注所の報告書であったのではないだろうか?
(愚昧記=左大臣藤原(三条)実房(一一四七〜一二二五) の日記で、仁安元年(一一六六) から建久六年(一一九五)までの記事)

それが三条家にあって、裏紙として使っていた…と考えられる。

~~~*~~~

藤原頼長の家司に中原師安がいたように、源有仁の家司も、中原がいた可能性はないだろうか? (頼長の家司は、「論集中世の文学散文篇」よりの情報だが、他では確認できず。)

~~~*~~~


検非違使(けびいし、けんびいし)は日本の律令制下の令外官の役職である。
別当(べっとう)は、本来、律令制において本官を持つ者が他の官司の職務全体を統括・監督する地位に就いた時に補任される地位。

官司
令外官

律令制度の下で、令外官として設置された検非違使庁や蔵人所などの責任者。機関の統括責任者ではあるが、所内部の実務については直接関与しなかった(例えば、検非違使別当の場合、検非違使庁そのものは統括するが検非違使ではなく、同様に蔵人所別当も蔵人所を統括するが実務の責任者は蔵人頭であり蔵人としての職務は行わなかった)。対外的な責任者であるとともに、天皇・太政官との連絡にあたった。後には一部の寮・司にも別当が設置された。

代表的なものを挙げていくと、蔵人所別当は通常一上(多くは左大臣)が任命され、蔵人頭以下の補任及び天皇家の家政機関的な「所」の人事に関与した。検非違使別当は衛門督または兵衛督を兼ねる中納言・参議が任じられ、その命令である別当宣は内外に対して勅に匹敵する法的効果を有した。



一上(いちのかみ)とは、筆頭の公卿を意味する一ノ上卿(いちの しょうけい)を略した語で、通常は左大臣のことを指した。

天皇の師傅である太政大臣と天皇の代理である摂政関白を除いた公卿の中で最高の地位にある大臣がこれを務めた。すなわち、通常は左大臣が務めるが、もし左大臣が欠員もしくは一上の資格がない摂政関白を兼ねる場合には右大臣が、それも不可能な場合には内大臣が任じられることになっていた。ごく稀に大納言が務めた例もある。一上は蔵人別当を兼務して蔵人頭以下の蔵人を指揮し、陰陽寮別当が置かれた場合にはこれも兼務した。

一上任命の際には「一上宣旨」と呼ばれる勅宣が出されるのが通例だったが、一上の左大臣が摂政関白に就任することで一上を退く場合には、自ら後継の一上を指名する場合もあった。特異な例として、左大臣藤原道長が摂政就任によって一上を退く際に、当面の間は大臣以下大納言以上の7人の公卿のうちその日最も早く出勤した者がその日の一上職務を行うこととしたことがあったが、これは右大臣藤原顕光と内大臣藤原公季が高齢で老耄の気があることを道長が危惧したための対策だった(『小右記』長和5年3月16日条)。久安3年(1147年)には左右両大臣の不在によって一上となった若輩の内大臣藤原頼長が、大いに政務の再興を図って兄の摂政藤原忠通を圧倒している。

~~~*~~~

いろいろなことを考えさせられる「謎の文書」である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭の上の赤い丸。後醍醐天皇のほかにも、いらした!

2017-03-03 | 雑記


コメント
この記事をはてなブックマークに追加