とあるダメ管理人の戯言日記

九里学園陸上部OBのダメ管理人の戯言集。
題名通りただの戯言。

東北で3番目の多さ

2017-07-12 13:33:22 | 戯言
ふと思ったのだが、今回のインターハイ(陸上競技)は何校出場しているのだろうと思い調べてみると、実に885校にもなる。
その内半数の450校が1人だけの参加、残りの435校が2名以上の参加となる。

一番多くの選手が参加するのは福井県の敦賀高で31人。多すぎだろ。
次いで埼玉栄高、東京高の30人。
出場人数の上位の高校は案の定見覚えのある学校の名前が並んでいて正直つまらない。
四学大香川西(29人)、広島皆実(28人)、中京大中京(27人)、成田(25人)、山口県立西京(25人)と、まぁそんな感じ。
九里学園も何気に16人も出場しており、全体で27番目(タイ)とかなり出場している部類になる。
東北地区だけで言えば、盛岡南(18人)に次ぎ仙台育英(16人)と並んで2番目の多さ。

前々から九里陸上部の部員もだいぶ増えたものだとは思っていたが、インターハイ出場する人数も増えるとは。
ただ、増えたからといってインターハイ入賞が容易になったかといえばそんなことはない。
それだけインターハイで勝つという事は難しいことだし、あとは指導者ブログにもかいてあった通り。
数撃ちゃ当たるというものでもない。

それだけ難しい大会にこれから後輩たちが挑むわけです。
同時に、今回参加できない部員も本当に間近で全国大会の空気に触れる事になります。
良いほうに運ぶか否かは当人次第。
出場する側も応援する側も有意義な大会にして欲しいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いよいよ

2017-07-11 13:25:06 | 戯言
山形陸協のホームページで、インターハイのスタートリストが公開されました。
まさにいよいよと言った感じでしょうか。

インターハイの度にスタートリストを確認してきたのですが、県陸協のサイトで掲載されているところとそうでないところとまちまちなのは正直やめてほしいと思います。
まぁ、管轄が違うから掲載しないといえばそれまでではあるんですけどね。情報量も多いですし、管理すすとなると大変なのは理解できますから。
ただ、都道府県ごとに管理方法が異なるのだけは正直勘弁して欲しいところです。

愚痴はさておき、応援サイトの記録関連の情報を更新しました。
いままで1ヶ月ペースで更新してきましたが、来月に限っては9月更新でまとめて行います。
(当人が帰省したりするため)

まぁ無理しない程度に、ほどよく更新していきます。


あと帰省すると書きましたが、インターハイ観戦は無理そうです。畜生め。
仕方がないので、ジュニアユースに出場する事になったらそちらを邪魔しに観戦しに行こうと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蒸し風呂インターハイ

2017-07-05 09:28:42 | 戯言
台風が通過し、各県で被害が出ている中、私が住む静岡・磐田市の周辺はというと至って平和なものでした。
台風よりも先日の雨の方がよっぽど酷かった感じがします。

実家の山形のほうは、台風は大抵避けるように通過していくため縁はなかったのですが、東京、静岡と住むようになると台風と接触する機会が劇的に増えた感じがします。
気候1つ取っても、やはり地域色というかなんと言うか、そうした違いは出るものです。
台風一過だからか恐ろしく蒸し暑く、夏が大嫌いなダメ管理人にしたら地獄そのものです。

蒸し暑いといえば、私が出場した2005年の千葉インターハイも酷いものでした。
特に3日目は湿度70%と高く大変な思いをした記憶があります。
今年の山形インターハイはどうなんでしょうかね。
盆地なだけにこれはこれで大変な事になりそうですが…
まぁ普段から暑い中で練習している後輩は大丈夫かもしれませんが、水分補給はしっかり行ってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

捻くれ者の戯言

2017-06-30 11:40:47 | 戯言
ここ最近、藤井聡太棋士の連勝記録をこぞってマスコミは取り上げている。
男子短距離の初の9秒台云々の話題もそうだが、普段見向きもしない癖に視聴率が取れそうならこぞって取り上げる。
関西学院大の多田修平選手が追風参考ながら9秒台を出した際も、「ダークホース」だの「超新星」だのと取り上げていたが、そもそも多田選手は学生ランキング上位に位置している選手。この書き方は余程の無知か失礼を失礼と思わない典型的なマスコミのどちらかだろうと思う。
こうした連勝記録だの史上初の○○といった事をやってのけた人を取り上げるにしても、「休みの日には○○をしてます」とかまったく内容と関係ない事まで報道し、相手のプライベートなんか微塵も考えてない。

相変わらずマスコミとはゴミのような連中である。
おとなしくサッカーだの野球だの普段取り上げてるものだけ報道してろと思う。


それはそうと、取り上げられる側もどんな気持ちなんだろうかと思う。
正直やりにくくて仕方がない、と思わないものなのだろうか。
何だかんだで気になるものは気になるでしょうけど、こんな連中を無視して自分のペースで取り組んでいって欲しいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7番

2017-06-20 09:36:02 | 戯言
東北大会が無事終了しました。
九里陸上部の先生方、部員の皆さん、そして関係者の方々、お疲れ様でした。
何分静岡に居るダメ管理人ですので、東北大会の結果は大会観戦ではなく、山形陸協のウェブサイトと指導者ブログで確認しました。

7番かぁ…

思わずこぼれたのがこの一言。
恐らく部員は指導者から夏合宿等で聞かされているであろう「天国と地獄」の話。
特にインターハイは全中や全カレと違い全種目が各ブロック大会の上位入賞者のみ出場するという形式なわけですが、決勝に残っても7位と8位(種目によっては5位以下)はインターハイに出場できません。
で、今回も7位の後輩が数名居ました。

私の場合は、個人種目は「予選落ち」と「5位入賞」という結果だったので、この悔しさは正直なところ体感したことはありませんが、きっと相当悔しいというかやるせない気持ちというか、そんな気持ちになるのだろうと思います。
次に繋がらないのですから、言葉に出来ない感情になるんでしょうか。

ただ、どんなに努力しても最終的には1番だの7番、8番だのと順位は決まってしまいます。
そればかりは仕方がない事です、レースですから。
インターハイに出場は出来ないにせよ、むしろ東北大会という舞台での入賞であることには変わりないので、後輩には胸を張って欲しいと思います。

次はインターハイ、の前に山形県選手権があります。
私も経験しましたが、この大会が間に入るだけで精神的に楽に感じます。
東北大会終了、直ぐにインターハイ、というよりは幾分かマシです。
次に繋がった選手は、一旦気持ちを落ち着かせてからインターハイに臨んで欲しいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インターハイへの最後の関門

2017-06-12 11:41:54 | 戯言
陸上部の過去記録をデータベース化し、少しずつ公開して約1ヶ月。
データを追記していくにつれ、現在の公開方法だとデータの読み込みが恐ろしく遅くなる事が判明。
(まぁ普通に考えれば当たり前ですが)

そんな訳で、やはり検索機能を取り入れ少しでも軽くした方が良いわけですが、有料の機能になるんですよね。
どうにかならんかとネット上を徘徊していると、あるものですね。
奈良県だかどっかの県陸協が、無償で使える検索機能付きのWebデータベースサービスを使用していたので参考にさせてもらいました。
そんな訳で、今週末にある東北大会の結果反映と同時に公開できるように準備します。
まぁ少数派だとは思いますが、今までのExcelベースの方が使いやすいという人の為に従来通りのデータも公開します。
データサイズの問題もあり、パソコンにダウンロードしてもらう形式にはなりますが。

さて、いよいよ九里陸上部もインターハイを目指して最後の関門である東北大会に挑みます。
思い出参加ではなく、本気の勝負の場です。
インターハイ出場枠を奪い取ってやるくらいの気持ちがないと足元をすくわれます。決勝に残っても7番ではダメですし、種目によっては5番でもダメです。
決勝に残っても貧乏くじが残っているので、その貧乏くじを引かされないように決勝の試合が終わるまでは気を抜かないように努めてもらいたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

場の利

2017-05-31 20:38:29 | 戯言
九里陸上部も県大会も終わり、忙しなく東北大会に向けて準備する形になります。
記録を編纂していて気づいたのですが、未だに私たちのチームが残した1600mRの記録が大会記録だったんですね。
もう12年も前の記録だぞ…
客観的に観て、この記録が未だに大会記録(3.17.57)だと考えると山形県のレベルはやはり他県と比べて低いものだとつくづく感じます。
とはいえ、インターハイに向けて調整している事を考えれば、わざわざ県大会記録が抜けなくてもそれはそれで、という感じなのでしょうが。
昨年に米沢中央高に破られているものとばかり思っていたので、3位とはいえ後輩が記録を塗り替えられたのは嬉しく思います。おめでとう。
どうせ塗り替えられるなら、同じ部活の後輩に塗り替えられたいですからね。

さて、次は東北大会になります。
今回に限っては東北大会、そしてインターハイの会場が地元の天童での開催となります。
本来規定で決められている競技場内で競技を行う陸上競技において「地の利」と云う物は無いはずなのですが、やはり地元開催という事実はその場の雰囲気に大きく影響を与えるので、地元選手からしてみればかなりの追風になります。

地ではなく、その場の利を味方に出来るかどうか。
時間はありませんが、焦る事無く、でもちょっと急ぐ程度に、後輩には着実に前へ進んでいってもらいたいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とりあえずの試み

2017-05-15 09:56:50 | 戯言
ふと思った事がある。
九里陸上部の応援サイトだが、完全にボランティアでやっている部分もあり、実に4年近く未更新だった時期がある。
で、データベースを作るなどと言っている訳だが…

まぁダメ管理人の事なので、またある日を境に放り投げてしまう可能性が高い。
そこで、ちまちまと更新している分だけでも公開していこうと思い、今回Excelベースのデータベースを公開しました。
個人の過去の記録がこれで追いやすくなると思いますが、まだまだ追記が必要な新しい試みですので、順次更新していきます。
とりあえずは2017~2015年を優先的に追記、月1程度の更新を目指していきます。
本当は検索できるような機能があれば良いのですが、ぶっちゃけその機能をつける気力がありません。
とりあえず一覧で出すようにしていきます。
(その気になる事はないでしょうが、万が一その気になったら検索機能も追加したいと思います)


で、当然ダメ管理人一人で編纂している関係上、必ず記入ミスが発生する事は避けられません。
間違いがあったらご指摘いただければと思います。
また、公開した一覧表にこの項目もつけて欲しいといったご要望があれば意見としてください。
反映するかどうかは別として、対応できるかどうか判断していきたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部内記録データベース化作業の進捗

2017-05-09 22:06:07 | 戯言
九里陸上部の記録を編纂していると、必ず出てくる情報差異。
記録そのものは複数の情報を付け合せればどうにでもなるのだが、問題は選手名や出身中学などの所謂「補足的な情報」が欠損する場合が多い。

例えば、在校生でも該当者が居るのだが文字の違うケース。
高橋という名字が「高」の字なのか「髙」の字なのかといったようなものなのだが、とにかく多い。
大会参加時の申し込み用にし生徒自身が特に意識せず両方使い分けてしまっている場合は2種類、3種類と同一人物なのに別人として複数の情報が存在する事になる。
もはや情報を洗い出す時は経験上の範囲で洗い出すほか無い。
出身中学なんかいちいちネット上に情報が出ている訳でもないので、それこそ虱潰しに埋めていくほか無い。

こんな具合で、ちまちまと記録の編纂、データベース化を進めていますが、思いのほか大変な作業です。
1日2大会程を目安に進めていますが、年内に完了するだろうか…

おそらく日程的には2017~2005年くらいまでなら全記録は完了するかもしれませんが、それもどうだか。

まぁ気長に作業を進めていきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先輩

2017-04-25 06:31:07 | 戯言
今回のゴールデンウィークも帰省するのですが、その都度とあるチームメイトと飯を食いに行っている。
卒業してもなおこうした付き合いがあるのは、知り合いが一般人に比べ極端に少ない私からしてみれば有難いものである。
連絡があったので、たぶん今回も飯を食いに行くと思います。

で、このブログを書いているダメ管理人は、元々人見知りがある事もありますが、相当なひねくれものです。
部活での目標が「大嫌いなあの先輩の様な振る舞いだけはしない」とかだったので、付き合う上では相当面倒な人間です。
ただ、そんな先輩でも東北大会で1位を取るのは当たり前と評価はしていたのか、東北大会で3位とかになった際は信じられず悔し泣きはしました。
「先輩」としては兎も角、一人の競技者としては目標にしていたからだと思います。
まぁその先輩は今でも良い印象は無いですし、大嫌いですけど。

そもそも先輩後輩という仕組みは海外には無いようで、日本独特のものらしいです。
この仕組みは外国人の中でも意見が分かれるようで、

・いい仕組みだと思う。
・上下関係も時には必要
・日本は特段この手の内容は厳しい
・年下を面倒見る事はあるけど、日本のこれは正直面倒くさい

と、まぁ様々。

本当に面倒見の良い人が先輩になるのと、先輩という立場で好き放題言ってみる様な人が先輩になるとでは、やはり印象とかいろいろあるんですよね。
冒頭の先輩はまさに後者だった訳ですが、同学年には前者の様な先輩もいて、今でも当時は大変世話になった記憶があります。
まぁ、難しい問題ですよね。
在校生の後輩はどう考え、どう感じているかは知りませんが、まぁ仲良くやって欲しいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部員の記録のデータベース化

2017-04-24 12:07:42 | 戯言
10日ぶりに応援サイトの更新を実施。
やはり歴代記録などを更新していて思うのは、一度全部洗い出さないとまずいと感じます。
というのも、そもそも応援サイト自体私一人の管理になるため、更新するたびにミスが見つかるわけです。(ちなみに今回は4箇所みつけました)
一度過去の記録も含め、すべてデータベース化した方がよっぽど更新・管理が楽な気がしてきました。
以前からも挙げてはいましたが、今後記録関連はデータベース化していこうと思います。(たぶんExcelベースで)
それこそ膨大なデータ量になりますが、いちいち細かいミスを現行のサイトと資料を比較して探すよりはよっぽどマシな気がします。
眼精疲労待ったなしな状態です。

話題は変わりますが、応援サイトの新レイアウトも骨組みはできました。
あとは移行の準備なのですが、結局前述の記録などの記述ミスがちらほら見られるので、まずはそちらから訂正してから正式に移行に移りたいと思います。
目標は以前挙げた通り年内を目標に。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風邪

2017-04-19 09:26:14 | 戯言
風邪を引きました。
この土日の夜に熱を出し、月・火曜は仕事を休み寝込んでました。
最初は花粉症で辛い思いをしていたので、まさかと思い月曜に医者に行ったらただの風邪との事。
インフルエンザじゃないだけマシでしたが、職場には迷惑を掛けたと反省しています。
体調管理は大事ですね。

それはそうと、徐々に暖かくなり記録会等もちらほらと催すようになってきました。
各々の目標が達成できるように普段の練習・生活を取り組んで欲しいものです。

(記録会の情報修正は追って行います)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポーツの関心度

2017-04-07 13:57:02 | 戯言
Wikipedia等を見ていると思うのだが、やはり日本の陸上競技の関心度は世界的に見て低い部類と感じる。
その記事の内容、充実度などを他スポーツ(主に野球・サッカー)と比較すると、まぁお粗末なものだ。
100mや200mなどは過去に比べるとだいぶ充実したと思うが、他の種目はまぁ記事内容が薄っぺらい。
その点、英語圏及び欧州版(主にフランス,イタリア,ポーランド)の記事は充実している。

やはり関心度が高い競技は自ずとその国のスポーツになっていくのだろうかと感じる。
野球は言わずもがな、フィギュアスケートなども国民の関心度は高いのと比例し国際大会での入賞も多い。
その他スポーツはその真逆。

もっと陸上競技も日本国内での関心度が上がればなぁと思う。
まぁメディアが野球やサッカーばかり取り上げてるからメディアには期待しないが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうでもいい雑記

2017-03-23 19:03:00 | 戯言
花粉症発症。
静岡に移り住んでからは早くて3月頭には症状がでる。
そして5月の連休に帰省すると、スギ花粉前線が日本列島を通過するのにあわせ北上する形になるので、本当にタチが悪い。
とは言え、例年よりは症状も軽いのでまだ助かっているが。
ちらほらと各陸協で記録会の申し込みが開始されたようです。
まぁ私は参加しませんが、いよいよシーズンインです。

そういえば、以前ちょろっと話した国立国会図書館の利用者登録の件ですが、何気に利用可能期間が過ぎていた事が判明。
挙句の果てに利用者登録していると貸与される利用者登録カードも、半年前の引越しのゴタゴタで扮した模様。

何の因果か、明後日に野暮用のため東京に行くので、そのついでに再発行手続きしに行きます。
郵送での手続きで利用者登録を行ったため、実際現地に行くのは初めて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名を残すのは重要なのかどうか

2017-03-18 09:27:53 | 戯言
九里陸上部の記録編纂を進める上で、陸上マガジン等の情報誌は参考になる。
実に10年ぶりに陸上マガジンの記録集計号を通販で購入した。
この記録編集号は地方の書店では売られていないんですよね。(野球関連の雑誌は無駄にあるのに)
さすがに2700円もするだけあって、なかなかの情報量だと感心する一方、以前ブログにも挙げた「陸上競技ランキング」なるサイトはやはりぼったくりだと改めて感じる。
毎月300円払ってあんな精査されていない記録一覧を見るくらいなら、古本屋で片っ端から記録集計号を探しては購入する事を繰り返したほうがよっぽど正確な情報が手に入る。
こうしたウェブサービスは本当にぼろいサービスだと本当に思う。

で、話は変わりますが、記録集計号に九里陸上部員の名前もちらほら見えます。
まぁこうしたモノに名前が載ることが大層偉い訳でもないですし、インハイ連続出場の伝統を守るのも大事な事なんでしょうけど、まずは3年間部活に所属して結果を残す事の方が大事だと思います。
なんであれ、変に意識する事無く自己の目標を達成できるように、最後は納得して引退・卒業できるようにしてほしいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加