久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

課題がない会社は、理想が低いから

2017年08月14日 | 経営論




理想-現実=課題

つまり、課題がない会社は、現実が良い会社ではなく、理想が低い会社です。


理想を掲げて、課題化し続けていくことが経営者の仕事です。


あなたの会社に課題がないとすれば、あなたが掲げている理想が低いだけです。





A company with few challenges is a company with low ideals.



Ideal - reality = assignment


In other words, a company without a problem is a company whose reality is not a good company but ideal is low.


It is management 's job to keep ideals and to keep on making issues.


If your company has no assignments, your ideal is only low.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 課題があるほど会社は良くなる | トップ | 景気 政治 教育問題は、経... »
最近の画像もっと見る

46 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あるべき理想 (大阪支社 大月)
2017-08-14 22:04:13
理想を掲げなければ、課題化はできません。
ただ、あるべき理想とそうでない理想があります。

あるべき理想とは、社会性のある理想です。
社会性のある理想を追求する過程の中で、
会社は社会により大きな価値を提供することができるようになります。

会社の果たすべき役割は、継続して社会に価値を提供することです。
その大前提が重要だと考えています。
Unknown (日高)
2017-08-14 22:42:35
理想が低ければ課題がないのは当然。

努力できない人とは、理想の低い人だということを改めて認識しました。
全ては感謝から始まる (今野)
2017-08-14 23:34:28
よりよい会社を目指して、常に多くの課題と向き合っているTCGは、理想を高く持ち、志を高く掲げた会社であるが故なのでしょう。

そして課題をみつけたならば、改善策を企画する自由から、実行して検証する自由まで与えらている。

ここでのチャンスを活かせないことには、私たちのコンサルタントへの道も拓かれないことになってしまいます。

今ある恵まれた環境に感謝し、機会を生かしていける人は、自分が成長するだけでなく、相手をも成長させていける人間になります。
問題意識 (増田)
2017-08-15 00:27:08
理想と現実が一致している状態。
現状に何も問題が無い(と思える)状態。

理想が低ければ、それに向かって努力をする必要がなくなる。
努力を怠れば、必然的に成長スピードが落ちていく。

しかし、一番の問題は、理想が低いという事よりも
自分自身が理想を”知らない”こと。
理想が無い状態で、ただ目の前の現実を見ている状態。

そのため、自社に、自分自身に課題があるということすら
知らないまま、時間だけが流れていってしまうことである。
健全な自己イメージを持ち、課題に挑む (山内康平)
2017-08-15 07:20:45
理想を掲げればギャップが生まれ、課題となります。
課題化は成長のプロセスなのですが、正しい姿勢で取り組まなければ逆に課題につぶされる、ということになりかねません。

1つ課題が解決したならば自己承認する、という過程も必要かと思います。
「解決できる」という自己イメージを持って課題に挑むことが大切です。
理想を見つめ直す。 (林木章一)
2017-08-15 07:28:31
理想 − 現実 = 課題

現実は現実として変わらないとすると、理想により課題も変わります。
では、どのような理想を持つかです。
仕事をただのお金を稼ぐ手段とするのか?
仕事に生き甲斐や人生の意味を追求するのか?
人様々だと思います。

結果である課題よりも、理想そのものを自問自答することが大事です。
Unknown (タシャ (Tasya - TC Indonesia))
2017-08-15 10:00:54
A stagnant company has few challenge. It is not really good because we can not grow up. A company should have more challenge to be grow
A company with few challenges is a company with low ideals. (Chakree)
2017-08-15 15:38:13
If you try to stay in the safe zone, you will be safe. But if you try to challenge everything and every time, you will gain the more benefit such as skill, mind concept, new knowledge. So try to move over the safe zone even though you hurt in sometimes.
理想は高く (東真奈美)
2017-08-16 06:04:00
理想が高ければ高いほど、課題は現実どの差なので沢山あるでしょう。経営者の仕事は、いかに理想を高く持って、現実との差である課題を明確にすることです。常に、理想に向かって改善するという文化を形成することが、事業承継に繋がります。
A company with few challenges is a company with low ideals. (TCF Bangladesh (Razaul Karim))
2017-08-16 12:54:35
Ideal, reality and assignment is three component.
Ideal indicates personal experience, emotional interest and intention to the work.
Reality is external idea or analysis to the work.
Assignment means to focus on previous word Ideal – Reality. Which you think and get idea about the assignment.

コメントを投稿

経営論」カテゴリの最新記事