久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

上司は経営理念の伝道者たる役割を負え

2017年04月19日 | 仕事術



経営者は、経営理念を設定する役割を持っています。

中間管理職は、その設定された経営理念を、周りに伝えていく役割を負っています。

この意味において、中間管理職は、経営理念の伝道者の役割を負わなければなりません。





A leader should take on a role

as a preacher of management principles.




Management has a role to set management philosophy.


Mid-level managers take on the role of communicating the established management philosophy to the surroundings.

In this sense, middle managers must assume the role of evangelists of the management philosophy.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (99)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天職が見つかっていない人は... | トップ | 人生の意義とは人への役立ち »
最近の画像もっと見る

99 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (川崎剛史)
2017-04-19 07:11:22
企業が一定の規模まで成長すると、経営者は社員に経営理念を十分に伝えきれなくなります。なぜなら経営者と社員では立場や経験の違いが大きすぎるからです。
一方で普段から接する上司は指示する側とされる側という違いはあるものの共通の業務をこなすという親近感もあるため、上司が経営理念を信じていることは経営理念への信頼を増すことにつながります。
Unknown (緒方)
2017-04-19 07:47:46
「いい会社」は企業理念が全社員余すところなく浸透しています。それには経営者の発信力と、管理職の伝える力が優れていなければなりません。
極端な話、全社員が経営者の影武者になるというのが理想です。
しかしすぐにというのは難しい話です。
ならば、経営者の考えが全社員浸透する仕組みを作ればよいのです。
複雑に入り組んだ水道管ではなく、一本の太い水道管を作れば、難しいことではありません。
理念の浸透 (粕谷佳吾)
2017-04-19 12:33:24
社会に価値提供しようと思えば自然に、会社は大きくなる必要があります。
大きな会社でより価値を与え続けるには経営理念の浸透が重要になってきます。
中小企業では社長のマンパワーで浸透させる事ができますが、大きくなるにつれ難しくなっていきます。幹部に経営理念の浸透させることで、それより下にも広め、会社全体に行き渡らせる事ができます。
また、次期社長の育成を兼ねています。
同じ経験をさせること。 (林木章一)
2017-04-19 12:52:23
経営理念とは、その会社が経営を継続させる為の「思い入れ」だと思います。
会社の「思い入れ」と社員の「思い入れ」が一致して初めて強い会社になれるのだろう。
しかし実際は様々なバックグラウンドを持った人の集まりです。
結局は強制感が生じます。
経営理念は創業者の経験から作られたものとも言われます。
つまり、創業者と同じ経験をしないと真の理解はできないのかもしれません。
であれば、上司は行動で見せつつ同じ経験をさせることが必要になるかと。
伝道とは、言葉のみならず行動も含まれると考えます。
言葉の背景を知る (今野)
2017-04-19 17:41:13
GLの最も大きな役割もこれだと思います。

昨日の大橋さんのセミナーでも、「駐在員の仕事とは何か」というお話がありました。
その答えは「会長になることだ。」と仰っていました。

経営者の代わりに経営者の意図をしっかりと、社員ひとりひとりに伝えていく。
それが駐在員、ひいては上司としての仕事であると。

そのためには、経営者の立場にたち経営者が「なぜそう言ったのか。」
言葉の背景に思考を巡らせ、理解することが大切です。
Unknown (Carole Jong)
2017-04-19 18:17:50
Better is a Leader who takes actions, rather than the ones who know only to speak without actions. Just like the proverbs say, actions speak louder than words:-)
上司の責任範囲 (太田阿基)
2017-04-19 18:38:57
転職による上司を除いてシンプルに考えると、自社の経営理念の理解度は経験年数に比例します。なので、長く働く上司は経営理念の伝達責任の役割を担うのは当然だと思います。
Unknown (日高)
2017-04-19 18:44:57
中間管理職が理念を伝える役割ができている会社があったらみてみたいが、もしあるとすれば、立ち上げのときから優秀なメンバーを集めた組織だけではないだろうか。

中途の管理職でかためる組織はむずかしい。
上司の役割 (増田)
2017-04-19 19:12:08
上司の仕事とは何か?
上司が伝えるべきことはなにか?

目の前の仕事を見れば、ついつい部下に手段を
教えることに終始してしまい、最も大切な目的を
伝える事を忘れてしまえば、部下はただ仕事を
こなすだけの人になってしまう可能性がある。

経営理念の実現を通じてしか、働き甲斐は得られない。
働き甲斐、生きがいを教えていくことが上司の仕事である。
社員全員が (鶴見 令奈)
2017-04-19 19:15:31
部下が成長するには、上司の仕事を奪うこと、
上司の立場で仕事をすること、と言います。
社員一人一人が自覚を持って、理念を伝えたいという気持ちでいれば、その会社は本当に良い会社になると思います。
指導 (湊)
2017-04-19 19:28:09
経営者がスタッフの日々の業務や行動をいちいち指導する事は難しいので、日々のスタッフ指導は中間管理職が行う必要があり、その指導は企業の理念や方針に基づいている必要があります。中間管理職は、理念を理解するコンセプチュアルスキルと、経営者とスタッフの架け橋になるヒューマンスキルが求められます。
理念をどのように伝えるか (柴田)
2017-04-19 20:44:18
会社が大きくなればなるほど、経営者から末端までは遠くなり、話す機会がなくなる。
また、長く残したいのならば他の方法を考えなければいけないだろう。
経営理念の共有 (藤松利晴)
2017-04-19 21:04:15
上司が経営理念の伝道者になるには、まず経営者がそれを上司と共有できているかが重要です。したがってそもそもの部分で、昇進の際には成果だけでは測れない、理念の共有度、実現度で判断すべきなのだと考えます。
上司が部下に経営理念を伝播することができれば、最終的に会社は経営理念を実現する手段として機能するのだと思います。
経営理念 (新井慎也)
2017-04-19 21:11:08
経営理念が身につくように、何のために働くのか自分の考えと摺り合わせながら働いていきたいです。
売れる理由 (岡田伸矢)
2017-04-19 21:25:24
これだけモノが溢れている時代に、売れるモノは本物しか無い。というのを聞いたことがあります。
では、本物とは何でしょうか。私は、それが本物だと信じることが、本物だと思います。
自分が本物だと信じることができなければ、それを売ろうとするのは、詐欺師やペテン師と同類になります。
伝道者は、本物だと強く信じ、それを伝えていくことが役割なのだと思います。
Unknown (岡田英樹)
2017-04-19 21:26:19
上司が腐ると、部下も腐ります。組織に対して何を伝えていくのか、しっかりと理解しなければいけません。
役割 (黒岩)
2017-04-19 21:37:45
組織における役職には、求められている役割があります。この役割を全うするからこそ、組織は機能し、良い結果を導く事ができるようになります。

上司(中間管理職)の役割は上(経営層)からの情報をより的確に下(一般社員)に伝えることです。
理念を理解し伝える (大森)
2017-04-19 21:54:21
上司だけでなく、どんな立場の人でも経営理念を理解し周りに伝えられる状態が理想だと思います。自分が会社を代表しているという意識を持たなければ、理念を伝える人間にはなれないと思います。
会社を良くしていこうとすること。 (大阪支社 橋口敦史)
2017-04-19 22:47:00
理念を伝えるのが、経営者のみの会社は個人事業主と変わらない。組織化された企業は中間管理層の役割と行動が肝要となる。
自分の会社を批判してしまうことを続ければ、管理層に上がることはない。往々にして、会社を批判する人はどこにいっても立場を与えられることはない。
自分の所属する会社を良くしようと試みる人はどこの会社でも引き上げられ、やりがいと働き甲斐を持って、人生を過ごすことができる。どちらでもいい。
選ぶのは自分自身だ。
Unknown (孫皓)
2017-04-19 23:04:28
企業は経営理念を実現するために存在しているから、その経営理念は社員に共有しなければならないと思います。
でもそれは社長で一人で難しいです。なので、社長から上司に共有して、また上司から社員一人ひとりに共有してほしいです。
何が評価されるか (斎藤 清二)
2017-04-19 23:12:45
組織の中で成果を上げる人は評価されます。部下をもたせた方が成果を上げられると評価されれば部下を持つことになります。チームを管理させた方が成果を上げることができると評価されればチームを任せられることになります。企業において成果とはどれだけ経営理念の実現に貢献できたかです。部下やチームを任される人として経営理念に向かって部下やチームをひっぱっていくことではじめて長期的な成果の最大化が図れるはずです。中間管理職はそういう意味で伝道者であるべきです。
言行の一致 (田辺 健太)
2017-04-19 23:48:15
何かを伝える際に、
正当性が重要なのだと思います。

何を言うかよりも、
誰が言うか。
ふとした言葉や仕草が伝える
何よりも本質的なメッセージ。
それが正当性だと思います。

言っていることと、
やっていることが一致するまで、
圧倒的な正当性を身につけられるように、
精進します。

経営理念「与えたものが得たもの」は
とても深いと思います。
もっと深く理解して、実践して、
言葉と行動で効果的にその本質を伝えられる人になる。
部下の役割 (大阪支社 大月)
2017-04-20 00:06:36
経営者は経営理念を設定する役割を、中間管理職は経営理念を伝える役割を持っています。

それでは、それ以外の部下の役割は何でしょうか。

それは経営理念を理解することであり、実行することです。それができる人が経営理念を伝えることができるようになるのであり、次世代の伝道者となるのだと考えています。
ポジショニング (野口)
2017-04-20 01:37:01
上司、部下の関係はどのように決まるのでしょうか。
もちろん形式上は会社の辞令で決まります。
しかし、形式上の上司である限りは部下を有効に使うことはできません。
部下も自分の考えがあり、生き方があります。
それに反する意見や指示には心から従いません。
なので、指示によってはその達成度合いは低くなります。

会社の方向性と部下の方向性のすり合わせを行うのであれば
やはり会社の目的である理念、それを分かりやすい言葉で置き換えた定性目標をベースに行うしかないと思います。

人に伝えるにはまずは自分からで
自分自身が落とし込んでいないと決して伝わることはありません。
だからこそ、熱く語れるような人材が必要なのだと考えています。
組織としての役割 (松島 龍)
2017-04-20 01:42:50
スポーツでもなんでもそうだと思いますが、ある組織にいる以上は、そこのルールがあり、やり方や考え方があると思います。又、人、個人個人にも当然違う考え方等、価値観がそれぞれ違う人もいるわけで、必ずしも組織と個人が一致できるとも限りません。リーダーとして、伝えていくことは、大事ですが、組織である以上、又、理念やビジョンの達成には同時に、捨てる役割も必要かもしれません。
役割 (大野)
2017-04-20 03:10:08
上司は経営理念の伝道者となり、社会の呪縛をとき、示さなければいけません。大切なことはイノベーションを起こさせることや革命的な生産性の改善を図ることです。時間のコントロールの仕方をしっかり学び社会の呪縛をといていきましょう。
理念の伝道者 (東真奈美)
2017-04-20 06:03:36
経営者が理念を語るだけでは、社員全員に本当の意味で伝わりません。経営者と社員とでは立場が違うので、理念を理解しようとする姿勢が弱くなります。上司である社員から理念を伝えことにより、自分の言葉で伝えようとするので部下である社員に伝わります。中間管理職が理念の伝道者となっていることは、会社として理念共有の文化形成がされていると言えるのです。
意思を受け継ぐこと (倉持 恵美梨)
2017-04-20 06:41:45
元気な会社を存続させるには、経営者の想い、信念を後継者へと受け継ぐことが大切だと思います。しかし、その受け継ぎが難しいのが課題だと思います。

そこでどのような会社が受け継ぎが上手くいっているのかと考えたところ、経営者と社員や社員間コミュニケーションが十分にできている会社だと思います。

ただ理念を一方的に社員に教えるのではなく、互いが意見を交換しながら経営理念について一緒に考え共有する。「想い」伝わる心と心のコミュニケーションをしていくことが、経営者との信頼関係を築き、後継者も経営理念(経営者の想い)を心から理解したい、引き継いでいきたいと思うのだと思います。
Each boss have to make an effort of telling people a principle of company (Osaka Kenta Yamaguchi)
2017-04-20 06:50:26
If each boss can not make an effort of telling people a principle of company, it would not definitely expand to all staff. Unfortunately there is no opportunity which the company brings up because the image of a manager doesn't not penetrate through the organization. The boss should tell staff about a principal for growing up them.
Unknown (谷口)
2017-04-20 06:55:20
心の部分を教えられる上司こそ、私の考えるあるべき上司像だ。
技の部分は自分より未経験のものがいれば誰でも
教えられるが、この心の部分は自分ができていないと教えられない。そしてそれは、いかに素直に経営理念を自分に落とし込み、実行できたかによると思う。
まずは自分が理念の実現を徹底し、その上でそれを部下に伝えていけるようになりたい。
理念を浸透させるとは (小林)
2017-04-20 06:57:36
上司の役割が理念の伝道者であるのと同時に、理念を正しく周りに伝えらる者が上司になるのだと思います。
その意味で、部下であるときから理念というのを共有される側から共有していく側にシフトしていくことを目標設定し、理念に基づいた行動や判断ができるかを考える必要があります。
そして上司もただ理念を表面的に伝えるだけでなく、部下がそれを普段の仕事に活かして働いていけるように導かなければならないのだと思います。
Unknown (藤森聡子)
2017-04-20 07:00:58
会社のすべての人が理念を理解し語れるようにするには、上司が理念を周りに伝えられる存在であるべきだと思います。
自分の目標を語ったり実現すれば会社の理念の実現に近づけるように、自分の目標と会社の理念は矛盾しないものなんだと思います。
カルトのような文化 (田中 隆道)
2017-04-20 07:02:57
時代を越えて続くような会社には必ずカルトのような文化がある。
それを誰が実現させているのか、それは社員全員でる。会社のなかで物事を考える際の根底にある経営理念を上司から部下に伝えていく必要がある。
Unknown (鄭)
2017-04-20 07:19:50
企業が大きくなると、社員が多くなります。経営者としては、一人一人に経営理念を教えるのはできなくて、上司から経営理念を伝えるのは大事です。
理念を共有する文化を作る (川井)
2017-04-20 07:25:12
経営者から順に、中間管理職、スタッフへと、
経営理念を共有する文化は非常に重要でなくてはならない基盤である。
しかし、次に引き継ぐ対象がいないスタッフたちは、理念共有され続ける存在であってはならない。
初めて共有を受けた時から、自分も理念を他者に共有することを前提に、理念への理解を深め、
そして今度は伝える側へと意識転換を図らなければならない。
Unknown (高橋一義)
2017-04-20 07:25:42
規模にもよりますが、経営者の発信を全社員へ届ける事は中々難しいものです。単純に経営者から直接話を聞く機会が無いのかもしれないし、聞いても難しくてよく分からないという人もいるでしょう。

経営者の発信を正確に受け止め、部下へ的確に伝わるように再発信するのが上司の役割となります。

また、部下は上司の言葉は経営者の言葉だと受け止めて業務に臨む姿勢が必要です。
上司の言葉や行動から経営陣の意向を受け取って仕事に反映させる事が求められます。
仁井 いずみ (Unknown)
2017-04-20 07:40:59
仕事のやり方だけではなく、目的や存在意義を伝えることが必要です。
伝えていることと、業務中の行動が結び付いていること、両方が必要です。
1枚岩 (原田)
2017-04-20 07:44:49
企業は理念を達成する目的がある。しかし、組織は個人の集合体である。個人の思考を1つの方向にまとめる必要がある。ばらばらな思考の下では企業の目標達成は叶わない。
理念を共有し、共有させることが重要であると思うのである。
身近な存在 (濵田佑一)
2017-04-20 07:47:50
組織は上から下へしっかりと伝達されなければなりません。会社では上司から部下へとなります。経営理念ももちろんですが、様々なことを伝達する必要があります。それは上司は部下にとって最も身近な存在だからだと思います。身近な存在からの言葉は、良くも悪くも非常に強い効果があります。だからこそ、様々なことに理解を努め、身近な存在として、それを伝達していかなければならないと思います。
伝道師 (村尾一樹)
2017-04-20 07:51:58
経営理念を部下に伝道していくだけでなく、社会に伝道していくことができればより良い社会になっていくのではないかと思います。
経営者と社員 (今西沙由子)
2017-04-20 07:55:05
経営者と社員は違うようで同じ目的を持ちます。
しかし、個人の目的ではなく、会社の目的が同じなのです。

経営理念は経営者が掲げたものになりますが、それを伝えるのは経営者1人だけではない。
それを理解した上司たちが部下に伝え、部下はさらに下に伝えていく。

まさに、伝道者になっていく必要もあるのです。
理念の浸透を経営者だけに任せるのでは同じ目的を共有することも難しいと私も思います。
Unknown (塩澤理絵)
2017-04-20 07:59:19
会社の目標は経営理念の達成であり、目標がどれだけ浸透しているかで実現できるかできないかが決まる。
仕事において最も身近にいる上司は、部下にとっては仕事人としての鑑になるので、「見られている」という意識を持ち、自らの行動によっての影響力を考えなければならない。
Unknown (須田 修司)
2017-04-20 07:59:24
組織において、NO.1が行く方向を定めNO.2がそれを形にしていきます。ですから、組織(NO.1)の理念に同意したNO.2をどれだけ多く作れるかが鍵だと思います。

また、NO.2が、それ以下の社員に理念を浸透させて行く際に大事なのが「基準は下げずに目線を合わせる事」だと思います。私はインドネシア支社におりますが、本社や会長の考えを形にするNO.2的な役割を担う必要があります。ですので、普段のローカルスタッフとのコミュニケーションを大事にしながら、あさけんなどの場では本社の基準で話すことを意識しています。まだまだできていないことの方が多いですが、これからも引き続き取り組み、多くの会社に同意したローカルスタッフを生み出していきます。
上司とは理念に共感できた人。 (高橋俊明)
2017-04-20 08:08:33
上司の仕事とは、技術の指導をするだけではなく、会社の理念を伝えていくことで顧客と会社と社員をwin-win-winの関係に構築していくことにあると思います。

これを行うためには上司自身が理念を理解し、共感し、実践している必要があります。

そう考えると、上司の要件の最たるものが理念への共感にあると思います。
経営理念を共有する (崔永男)
2017-04-20 08:11:41
経営理念は経営者から伝えられる、それを理解し実行していくべきです。しかし、何百人の会社で経営者一人が全員に伝えるのは難しいことです。ですから、経営者が中間管理職に自分の思いを伝い、中間管理職の人が多く社員に経営理念を準じた行動を行う。
自社の経営理念を理解しているか (中齋)
2017-04-20 08:15:13
組織が大きくなればなるほど、経営者が社員一人一人と接することは難しくなり、経営者の想いが伝わりづらくなります。
その解決方法としては、経営者に近い立場にいる上司が経営理念を理解し伝えることで、全体に理念が浸透していくのです。

逆に考えると、経営理念を理解している人を上のポジションに置く、ということになります。
経理理念 (藤原)
2017-04-20 08:53:09
もし経営理念が全社員に浸透していなければ、それぞれ個人が自分の目的の為だけに会社に所属する事になります。このような状況では会社の本当の力を発揮できないと思います。
その為にも経理理念の浸透は大切なのだと考えます。
正しく理解 (三輪)
2017-04-20 09:27:07
伝道者になるためには、まずは経営理念を正しく理解する必要があります。経営理念を正しく理解することで、会社の目指すべき方向を理解することができ、部下に指示を送ることができます。
管理するということ (高橋周平)
2017-04-20 09:30:56
管理するというのは業務を管理するだけでなく、その人の感情、仕事への姿勢、会社への思いなど業務以外の部分も管理していくことだと思います。それができなければ、強い組織になることができず、やがて衰退していってしまうのではないかと思いました。
Unknown (佐々木洋輔)
2017-04-20 09:43:31
中間管理職の下につく人々は、経営者と接する機会や、知識や経験量の少なさから、経営者の理念を理解することに、難がある場合があります。

しかしそんな彼らも顧客に対して与える社の印象そのもので、外側からよく見られています。

そこで中間管理職たる彼らの上司が経営者の信念を常日頃から彼らに伝え続ける役割を担い、社の理念を浸透させていく必要があるのです。
伝えたつもりになっていないか。 (Kanda Kei)
2017-04-20 09:54:14
伝えたつもりになっていないか。

会長は毎日、365日日めくりカレンダーやあさけん、メールにて発信し続けている。全ては経営理念に沿った経営を全社員でしていくためだ。それをさらにボトムまで浸透させていく役割が上司であり、伝道師である。

認識のずれは成果のずれとなるように、伝えたつもりが伝わっていなければ理念の浸透は実現不可能。その最悪の状態を避け、全社員で理念に沿った行動をしていくために必要なことは、一人ひとりの部下と顧客以上に真摯に向き合い、共に成果を作り出す環境を今ここから作り出すアクションを、継続していくことだと思う。
Leaders is a role model (Thifa - TCF INA)
2017-04-20 10:13:20
Totally agree with this quotes. Toxic leader will create toxic employee. So its depand on leader its self, how they treat the employee.
社員の道を示す (日比野)
2017-04-20 10:34:10
良い上司というのは、部下の将来を本気で考え、人生の送り方を伝える人です。哲学の伝道者となります。仕事内容や売上目標だけを伝える上司は、目の前のことしか見えていません。

会社の中の上司の役割は会社の哲学を伝え、会社での道を伝えることにあります。
A leader should take on a role as a preacher of management principles. (WAHYU DHARMAWAN @TCG Indonesia)
2017-04-20 10:34:48
Yes, i agree. Leader should lead the team with the company regulation. Thank you
A leader should take on a role as a preacher of management principles. (Chakree)
2017-04-20 10:39:17
I agree with this sentence because the leader is different from dictator or commentator. A leader is the man who teaches, listens, and work with reason and principle.
A leader should take on a role as a preacher of management principles. (thanisorn Prasit TCF TH)
2017-04-20 10:39:25
Better is a Leader can do better for employee
Unknown (Attawoot Woottimayteekul)
2017-04-20 10:40:32
For this topic I think that the leaders should have role for management team and solving problems of the company. Besides, the leaders should attentive and take care of subordinates.
A leader should take on a role as a preacher of management principles. (Janya)
2017-04-20 10:41:03
In my opinion, A leader should have vision and power and knowledge for support and control subordinate .
A leader should take on a role as a preacher of management principles. (Janya)
2017-04-20 10:41:12
In my opinion, A leader should have vision and power and knowledge for support and control subordinate .
Unknown (Thanakarn TCF-TH)
2017-04-20 10:41:43
I agree. The leader must be the leader. They have to assume about good management and communicate with everyone but not only good word but do it also because ACTION is more louder than word.
weena (A leader should take on a role as a preacher of management principles)
2017-04-20 11:07:03
I agree with this sentence because of the leader should have the skil for speaking, working, teaching, and the leader should be the good model for the employee, If the employee trust in the leader and trust in the organization everything will be well done.
Company's Philosophy (So Nagai TCF Thailand)
2017-04-20 11:11:08
Middle managers, directors, leaders should put effort to preach out to each of their staff about company's philosophy since they may not know. However, just preach about the philosophy who only be kept as an information and not into practices. It would be important to explain how to achieve the company's philosophy, in what ways and methods.
weena (A leader should take on a role as a preacher of management principles)
2017-04-20 11:12:24
I agree with this sentence because of the leader should have the skil for speaking, working, teaching, and the leader should be the good model for the employee, If the employee trust in the leader and trust in the organization everything will be well done.
Unknown (内定者 内野能活)
2017-04-20 11:29:26
漠然としたものより、背景や意味をしっかり分かった上での理解が必要と思いました。伝えるときにはただ言うよりそういった想いをのせて伝えることができれば相手の心に残せると考えます。
A manager is the preacher of management principles. (TCF Bangladesh (Ariful Islam))
2017-04-20 12:32:50
A leader should take on a role
as a preacher of management principles.

There are three types of management. These are top level, middle level and lower level management.
The major responsibilities of top level management is set the goal, objectives and principles of the organization.

Middle level management is responsible for communicating top and lower level management. Middle level managers make a bridge between top level management and surrounding of the organization and also responsible to implement the company’s established philosophy.
A leader should carry on the management principles. (TCF Bangladesh (Mohammed Faruqe))
2017-04-20 12:41:07
Top level management is assigned with making decision, configuring principles and also set up management philosophy. Then mid-level management have to play an important roles in the organization. They have to make good communication between top level management and also sub-ordinates. They have to share company’s philosophy among the sub-ordinates or employees.
Unknown (松浦弘典)
2017-04-20 15:15:18
会社が大きくなればなるほどトップは経営理念が浸透しなくなっていきます。
これは、トップの思いが一人一人に直接届きにくくなるからです。
ならばトップに近い中間管理職がトップの思いを受けとめ、ボトムに伝えていく必要が出てきます。
上司は技術的スキルだけでなく、心、生き方の部分を教えていくべきなのです。
Unknown (Dilara Altunsoy (TCF Turkey))
2017-04-20 15:36:02
Managers should have a role as a preacher of management philosophy and Show this attitude to their employees with treat fairly.
CS Trainee (Renu Mittal)
2017-04-20 20:32:24
Leaders or the management has a role of always remind what is the goals and the reason why is the company was built and to be a role model to everyone.
経営理念の浸透 (高津)
2017-04-20 20:36:38
社長と部下をつなぐ存在が中間管理職です。
どんなに社長が優秀でも部下が社長の意向を継承しさらに下に伝えていかなければ強固な組織とは言えません。企業の価値は中間管理職がどれだけ経営を理解してるかにかかっているといえます。
Unknown (渡辺 寛)
2017-04-20 22:30:40
天職とは、探すものではなく作るものだと思います。
誰かに与えてもらえるものではなく、自分の本心から天職だと信じてみることから始まるのだと思います。
Unknown (渡辺 寛)
2017-04-20 22:35:36
立場が上に行けば行くほど会長や社長とより接していく機会が増える。より経営理念を理解し、それをより下の人までに浸透させていかなければいい会社になっていかない。
Unknown (田村彩紀)
2017-04-20 23:23:55
上司と部下の真の関係はなんであるか。
単に仕事を教える・教わるということではなく、
上司が部下に、その仕事の存在意義や目的、そして経営理念を仕事を通して伝えることが重要である。
そして部下も、仕事の手段を理解するのではなく、その仕事の目的や経営理念を追求できるようになっていく必要がある。
Management philosophy (Iin- tc indonesia)
2017-04-21 05:42:10
Mid-level managers take on the role of communicating the established management philosophy to the surroundings. Yes agree.
上司の役割 (山口俊雄)
2017-04-21 09:50:33
経営者が経営理念を口頭で伝えることはできるが、日常の業務まで指示を行うことは難しい。しかし、経営理念を落とし込むためには、何度も伝えて行く必要があり、特に日常の業務の中で伝えることが大切である。そのため、部下により近い存在である上司が伝道者となることが必要です。
You can not teach and act in any other way (Rodrigo Avila (TCF Mexico ) )
2017-04-21 12:44:48
You can not teach a thing and act otherwise because the pupils, could be confused and in the worst case, believe we do not have the necessary security to be convinced of what we teach.
Also, you could receive contributions from other people, but we must teach the principles that we are trying to instill and especially why
Company Secretary Delhi (Surabhi)
2017-04-21 13:02:25
Managers shall propagate the philosophy of the organization to their juniors
A leader should take on a role as a preacher of management principles. (TCF Bangladesh (Nurul Kabir))
2017-04-21 13:14:01
Mid-level managers are the most responsible person in the organization. Mid-level manager has role to establish management philosophy, mission, vision, goal to the surroundings. Expanded philosophy & establish to the company corporate culture & to the surroundings.
伝道者が伝えるべきもの (渡邊)
2017-04-21 13:37:57
伝道者となりうるためには、まず理念を正しく認識する必要があります。100%理解し、それを組織に浸透させていく。
タスクを教えていくのではなく、組織の目的からで理解させていくことで、組織としてのまとまり、より長く存続する会社となっていけます。
タスクは年月を通して変化しますが、組織の芯の部分をすり合わせることで、全ての変化に対応することができます。
Unknown (ハノイ/浅野)
2017-04-23 11:34:17
管理職は、会社の経営理念、ビジョン、目標を言い続けなければなりません。どんなに、聞いてもらえない、理解してもらえない、スタッフが辞め、新しいスタッフが入ってきても、続けなければなりません。管理職の仕事は、会社の経営理念、ビジョン、目標の共有だからです。
上司の役割 (吉田幸弥)
2017-04-24 07:50:41
上司の役割は2つ仕事のやり方を教えることと生き方を教えること。仕事のやり方は技の部分、生き方は心の部分。技の部分ばかりを育ててもいい部下は育たない。心と技の両方を兼ね備えた部下を育てることこそ、本当の上司の役割だと思う。
Imbibing the Management philosophy (kavita negi)
2017-04-24 18:23:41
Imbibing the Management philosophy is possible only when the Management is able to communicate it to the Mid- Management and empower them to do so
Unknown (方)
2017-04-24 19:59:49
経営者と職員はある意味で、違う種類の人達を代表している。違う経験と価値観を持っている。
もちろん上司も違うかもしれないが、繋がりの立場にいるので、結ぶために情報交換の役割は割と大事になっている。
A leader should take on a role as a preacher of management principles. (Giang Le)
2017-04-28 10:45:21
In the company, principles management is very important and especially classify responsibilty between level of lead
Unknown (Ngoc Diem)
2017-04-28 10:51:48
A leader in company plays role as a captain on your boat. You will decide the direction for the boat and take responsibility on that by assigning suitable job for your sailors
A leader should take on a role as a preacher of management principles (PhuongNguyen)
2017-04-28 11:25:34
Manager who can spread company's philosophy to employees, make them understand, make them feel interested is a good manager. If employees think like manager think, for the work, for the sake of company, for society, it's perfect.
A Leader Should Take On A Role As A Preacher Of Management Principles. (RICHA PURI, Delhi branch)
2017-04-28 13:10:20
A leader should play the role in such a way that a subordinate will become a leader one day.
Unknown (Yogesh Kumar ( New Delhi ))
2017-04-28 20:57:23
company run by the management and the managers they promote the philosophy of the company in between the employee and follow . middle level management preform the very important role in this, they are the main person who communicate this senior management and employees
Unknown (Sandeep Kumar, AM Delhi)
2017-04-29 03:33:16
Managers have the responsibility and burden of passing philosophy of management to other employees. It is the manager that is most influence that can help employees learn philosophy of company and guide them way to work as per management. It is quite important.
Digital Marketing & IT Executive (Delhi) (Deepak Choudhary)
2017-04-29 13:12:01
Management must first own and understand its philosophy so that they can motivate and inspire its employees.
IT Department (Deepak Kaushik)
2017-04-29 13:12:26
A leader should set an example and motivate subordinates.
IT Department (Ankit Das)
2017-04-29 13:12:53
Good manager is one who can take the team along with and teach the management philosophies
Unknown (Aman Kumar TCF Delhi)
2017-04-29 18:20:51
I agree with this sentence because of the leader should have the skil for speaking, working, teaching, and the leader should be the good model for the employee, If the employee trust in the leader and trust in the organization everything will be well done.
Unknown (Nitin Sharma)
2017-04-29 23:34:43
To be leaders, we need each other to reach our goals. Each of us has only some of the skills needed to do a great job. We need to surround ourselves with people to fill in our gaps.Number one in business is get the best person for the job. Number two, delegate. Number three, supervise–go back and see that they did it. Therefor it is very important for leader to find out the true follower .
Managers should be Evangelist to Preach Management Philosophy !! (Kapil-Delhi India)
2017-04-30 15:21:33
Middle Managers are directly between junior staff and the management and have direct access and communication with both. From top management they know, learn and understand the management's philosophy. They are, accordingly directly responsible to transpire the same to the juniors on a continuous basis !!
上司と部下 (近石侑基)
2017-05-01 14:15:49
上司は部下にスキルだけでなく、経営理念を浸透させる役割も担っています。スキルだけに焦点を当てると、自分(上司)よりもスキルを持った人が新人として入ってくるかもしれません。第三者から見るとどちらが上司でどちらが新人かわかりません。
上司と部下を分けるものはただ一つ、会社の経営理念を教え、伝えられるかどうかです。
A Leader Should Take On A Role As A Preacher Of Management Principles. (Sandeep (Delhi))
2017-05-01 21:12:52
Leaders or the management has a role of always remind what is the goals and the reason why is the company was built and to be a role model to everyone.
次世代経営者 (伊藤澄高)
2017-05-05 08:39:09
中間管理職は経営者と社員のパイプ役を担っているのだと思いました。

会長が考えていることを管理職は常に社員へ伝達することで、次なる管理職を創造することにもつながっているのだと考えました。

私の場合、会長のおっしゃることに理解を示せないこともあります。そのため、上司の方が説明してくださると会長への理解も格段に上昇します。

私が上司になったときにも、会長の考えを
部下に伝えて次世代経営者を生み出すことに貢献します。
Unknown (木暮)
2017-06-13 22:55:42
上司が経営理念の背いた行動をすれば、部下も同様に育ちます。逆に上司が部下に経営理念を説くことができれば、会社として理念に共有した社員が増えていきます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。