久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

ポジティブに生きれば、毎日が楽しくなり、ネガティブに生きれば、毎日が憂鬱になる

2017年06月10日 | 人生観



楽しく生きたければ、常にポジティブ・シンキングしましょう。

憂鬱に生きたければ、ネガティブ・シンキングしましょう。



どのような生き方をするかは、すべて自分の心が決めます。


自分に起こる事象が人生を決めるのではなく、起きた事象に対する心の捉え方が人生を決めるのです。



If you live positively, every day will be enjoyable. If you live negatively, every day will be depressing.



If you want to live happily, always try positive thinking.

If you want to live melancholy, let's try negative thinking.


My mind decides what kind of way to live.


The event that happens to you does not decide the life, but the way you catch the mind to the event that happens determines the life.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (84)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「悩み」に心を支配されれば... | トップ | 質ではなく、量の追求が変革... »
最近の画像もっと見る

84 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エジソンの名言 (Unknown)
2017-06-10 16:12:22
なぜポジティブに生きると楽しくなるのか考えてみました。
私が思うに、常に前進している感覚を得られるからではないでしょうか。
良い名言がありましたのでご紹介します。

「私は失敗したことがない。
ただ、1万通りの、
うまく行かない方法を見つけただけだ。」
トーマス・エジソン

発明王エジソンも、最初からうまくは行きませんでした。
しかし彼はポジティブシンキングで「失敗」を学びとし前進を続け、最終的には成功しました。
私自身もこのようにありたいと思いました。
エジソンの名言 (山内康平)
2017-06-10 16:21:36
生きていれば大なり小なり「失敗」はするものです。
その不可避的なものをどのようにとらえるべきか、学ばせていただきました。
先程は名無し失礼しました。
自分次第 (野口)
2017-06-10 17:02:51
毎日喜んでいる、
毎日楽しい、

このように言葉に発しイメージするだけで
本当にそのようだと認識し
逆もまた然りです。

脳の持っている機能を
最大限利用することで
人生楽しくもそうでなくもできると思います。

どちらがいいですか。

自分の選択次第でいかようにもできるのが自分の人生です。
Unknown (高井悠平)
2017-06-10 18:39:04
物事の捉え方を変えるには、意識的に思考をポジティブに変換し続けることが必要だと思います。
自分の意識、感情を認知し能動的に変化を与え続けることでネガティヴ思考からポジティブ思考に転換できると思います。
意識的、意図的、自覚的に思考に働きかけることで物事の捉え方は大きく変わっていくものです。
習慣 (伊藤由香里)
2017-06-10 18:56:12
全ての出来事は苦しみに変えることができる。
生きるために欠かせない食事でさえ、苦痛であると感じる人もいる。

人はネガティプな思考にとらわれやすい。
自分が幸せでないことを、他者や環境のせいにできるからだ。

ネガティブ思考は習慣である。そしてポジティブ思考も習慣である。
過去への敬意と未来への感謝。 (林木章一)
2017-06-10 19:45:56
ポジティブに生きるには、幸せを感じることだと思います。幸せを感じるには、他人に敬意を払い感謝することです。また、過去自身に関わった全ての人に敬意を表し今から未来への全てに感謝することです。
「井の中の蛙大海を知らず」ではなく、大海を知ることで自分自身がいかに幸せなのかを知ることができるのではないでしょうか。
一人ではなく周りと一緒に幸せを感じるほうが良いように思います。
Unknown (ハノイ/浅野)
2017-06-10 19:49:56
起きた事象に一喜一憂しないことが大切だと思います。そのことが、今は、つらいことに思えても、何年かあとに、あのときのあれは、今考えると、非常によいことだった、なんてこといくらでもあります。また、起きた事象を後に自分にとってよかったのか、悪かったのか、を決めるのも、その後の自分自身の行動の結果だと思います。まずは、起きたことに一喜一憂せずに、ありのままを受け入れることが非常に大切だと思います。
良い面を見る (大阪支社 大月)
2017-06-10 21:12:20
何事にも良い面、悪い面があります。起こる事象は選択できませんが、良い面、悪い面どちらを見るかは選択することができます。

良い面を見続けていれば、自ずとポジティブ・シンキングをするようになります。ポジティブ・シンキングが習慣となれば、毎日が楽しくなると考えています。
解釈の問題 (斎藤清二)
2017-06-10 22:47:17
喜怒哀楽といった感情は、基本的にはコントロールができません。向こうからやってきていつの間にかあなたに影響を与えます。コントロールできるのは解釈です。感情とは別に、事物をどのように解釈するかは、あなたに依存しています。その際にどのように解釈するとあなたの人生にとって良い営業がでるかが重要です。コントロールできるものとできないものを明確にして、自分の人生を組み立てていく必要があります。
ポジティブに生きる (松島 龍)
2017-06-10 23:32:47
ネガティブに考えるメリットはなく、現状が善くなることも一つもないので、考える必要もないと思います。一方ポジティブに考えれば全てが楽しくなれますし、成長スピードも早いのでその人にとっても得です。
ネガティブに考えてしまった時点で敗けだと、認識すべきだと思います。

コメントを投稿

人生観」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。