久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

経営は長期利益が基本 その上で短期利益を上げるのが経営者の手腕

2017年08月13日 | 経営論



短期利益を上げるだけなら、試験研究費を削減する、広告投資を抑える、新規事業に投資を控えるなど行えばよいです。


しかし、短期利益を上げるために長期利益を犠牲にしているのであれば、それは全く無意味な行為です。


経営は、常に長期利益を中心に考えなくれはいけません。


短期利益は、資金繰りなどの問題を起こさないために、事業存続させるために必要とされるものであり、さらに、過去の長期利益を出すために行われた行為が妥当であったかを検証するためのものでもあります。


短期利益と長期利益を両立させて、初めて経営といえるのです。




Long-term profit is the foundation of company management. Making short-term profit on top of that depends on the prowess of the executives.


If you only want to raise short term profits, you can reduce research expenses, suppress advertising investment, refrain from investing in new business, and so on.


However, if you are sacrificing long-term profits to raise short-term profits, that is absolutely meaningless behavior.


Management must always focus on long-term profit.



Short-term profits are required for the survival of the project in order not to cause problems such as cash flow, and furthermore, it is necessary to verify whether the actions taken to give past long-term profits were appropriate.


It is the first time to say business by combining short-term profit and long-term profit.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 英語力は、出世するほど重要... | トップ | 課題があるほど会社は良くなる »
最近の画像もっと見る

46 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
資金繰りも見据えた商品戦略 (山内康平)
2017-08-13 21:22:48
経営者は長期的利益をもたらす商品(サービス)、キャッシュ回収の容易な商品など、長短の利益を生む商品を組み合わせて資金繰りを図り、持続的成長をしているのだと学びました。

コンサルタントとして顧客に接していくにあたり、業界によっては設備投資額が大きいところやキャッシュ回収に時間がかかるところもあります。
そのような場合にもどのような戦略で資金計画を立てていくのか、そして目標達成に導いていくのか、顧客目線で答を出せるようにならないといけないなと思いました。
会社の長期利益、短期利益 (大阪支社 大月)
2017-08-13 21:41:26
世の中に対して、会社が長期的に価値を提供し続けることが重要です。
そのため、長期利益を上げ、会社が成長を続けることが必要です。
ただ、事業を存続させるために短期利益を無視することはできません。

長期利益と短期利益を両立させる。
言葉で言うのは簡単ですが、実際に結果を出すことは必ずしも簡単ではありません。
だからこそ、私たちが関わる意味があるのだと考えています。
短期と長期 (増田)
2017-08-14 03:11:10
長期利益は目標からの逆算思考。
短期利益は目の前を見た損得思考。

正しい商売を行っていれば、利益は必ず出るものだと
昔から言われているように、世間にとって良いことを
行えばそれが利益に変わり、それをより多くの人たちに、
長きにわたり行っていくための手段が企業体。

種をまけば、いつか刈り取りの時期がやってくる。
一方で、刈り取りだけをしていれば、転々と場所を
変え続け、やがて刈り取ることが目的になっていく。
目先の損得に囚われず、長いスパンで物事を見て、
意思決定を行っていかなければいけない。
本質 (野口)
2017-08-14 04:55:19
経営の本質は
社会に価値を与え続けることです。
世の中から不要と判断されれば
会社はあっという間に消滅します。

社会と言う
とても広い対象において価値を与えるには
一時的に何かをしたとしても
すぐに忘れ去られてしまいます。

継続的に何かをすると考えれば
必然的に長い目線で見る必要性に気付くのだと思います。
長期利益と短期利益 (東真奈美)
2017-08-14 06:10:28
人生においても長期目標と短期目標の両方が必要でが、経営においては長期利益と短期利益の両方を追求する必要があります。企業が永続するためには、長期利益を常に考え、日々努力が必要です。結果=戦略✖️実行ですので、長期利益の結果は実行し続けなければ戦略の良し悪しが判断できません。ただし、長期利益だけを追求しても、経営は継続できないないので短期利益も重要であり、両方追求する必要があるのです。
短期の連続 = 長期とはならない。 (林木章一)
2017-08-14 07:08:45
短期利益は魅力的に感じます。しかし、所詮は短期でしかありません。もちろん、この短期利益が無くては経営に支障を来たすこともあります。
会社は基本的には永続を使命としています。
(役割が終われば終了!)
その時々の短期利益を連続させるのは綱渡りに他ありません。
長期を見据え、今からどのようなマイルストンを置くのか考え行動していくことも重要となります。
Unknown (藤森聡子)
2017-08-14 09:09:50
緊急性と重要性のバランスをとって取り組めることが大事なのだと思います。
短期利益のために追われて、長期利益のために費やす時間を取れないという状況であればそれは抜け出さなければいけない状況だと自覚しなければなりません。
Both are important (タシャ (Tasya - TC Indonesia))
2017-08-14 10:44:52
We can't only focus on long term profit only or short term only. both are important and should be combine. It is a part of decision that management should make.
Long-Term Profit Is The Foundation Of Company Management (Sandeep (delhi))
2017-08-14 16:04:11
Achieve both long benefits and short-term interests.
It's easy to say in words, but to issue the actual result is not always easy.
That's why, I think that it means there's that we are involved.
短期思考型にならないために (松島 龍)
2017-08-14 18:53:18
短期は長期のために、考えていくことは、とても大事なことであるとともに、難しいことであるとも思います。短期の結果だけで判断してはいけないと思いますが、正当化させる手段でもないと思います。その中で、長期的な成長のためにも、短期とは別に中期的な思考も必要になってくると考えます。

コメントを投稿

経営論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。