久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

プロの「時間」の捉え方

2007年02月27日 | マネジメントセラピー(井上ゆかり、他)

 

   みなさんは 時間 をどのように感じ、考えているでしょうか  

 

   時間というものは「1日24時間」誰しもが平等に持っているものです。
  
しかし、その使い方や感じ方は個々によって、全く異なるものです。

   みなさんの近くにもいませんか?
  
常に「忙しい」とか「時間がないから…できない」と言っている人は?
  
逆に、忙しいはずなのに余裕を持ち、仕事と遊び両方を充実させている方は?

 

 この両者には、どこに差が生じているのでしょうか?

   私たち知識労働者は、日常の「業務」や「作業」と自己学習とが
  
非常に近い位置に存在します。

  分からない分野や、初めて取り組む仕事に対しては
  事前に学習が必要になりますし、取り組んでいる課程でさえも、
  
その体験が1つの学習となり得るためです。

   プロは自身が「仕事をさせてもらっていること」からも学習します。
  
そのためプロは、どんなにお仕事が忙しかろうが、学習を続けることが出来ます。
  
業務をしていること自体が、学習と直結するからです。

  逆にその思考法のない、その他の人は「仕事をしていること」と
  「学習すること」を分離させて考えます。
  
常に業務と学習を引き離して考えるため
「学習する時間がない」と認知し、
  追い込まれてしまうのだと思います。

 

  やはり「時間」というものも認知の仕方によって全く異なるのです!

   あなたはどちらの人間として、生きていくでしょうか?
  
プロとして?それとも、その他大勢の人間として?

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Happy★コミュニケーション心... | トップ | 上海事務所にいってきました »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (復活、元銀行員の探偵ライフ、気合を入れてダラダラ出発ぅ~ )
2007-03-13 17:53:25
はじめてコメントいたします。中村と申します。
「会社謄本分析」のブログをやっています。
取込詐欺、債務逃れ、休眠会社の見極めポイントを
なるべくかんたんに書きました。
ごらんいただけ、又活用いただけたら幸甚です。
急なコメントにて失礼いたしました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。