久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

課題があるほど会社は良くなる

2017年08月13日 | 経営論




課題がある会社は、それを解決し続ければ、良い会社へと生まれ変わります。


課題がない会社は、成長余力がない会社です。


課題のない会社は、将来性がありません。


課題を発見し、解決し続けることこそ、経営者の真の仕事といえます。



The more challenges a company faces, the better it will become.




A company with a problem will be reborn into a good company if it continues to solve it.


Companies without assignment are companies with no growth margin.


Companies without issues have no promise.


Discovering the problem and continuing to solve is the true work of management.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 経営は長期利益が基本 その... | トップ | 課題がない会社は、理想が低... »
最近の画像もっと見る

45 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
事実と課題 (大阪支社 大月)
2017-08-13 23:44:33
ある事実を課題と捉えることができるかどうかは、
持っている評価基準に影響されます。
そのため、事実を認識していても、評価基準を持っていなければ課題と捉えることができません。

ただ大前提として、興味・関心を持っていなければ、その事実さえ認識することができません。

重要なのは、
①興味・関心を持ち、日々の業務に望むこと。
②成功者の評価基準(あるべき評価基準)を学び、自身の評価基準を修正すること。
③修正した評価基準を基に、事象を評価すること。
です。
乗り越えるべき課題 (増田)
2017-08-14 01:48:19
「うちの会社は何も問題がない。順風満帆。」

そう言っている会社ほど、踊り場にいることが多い。

個人もそうで、自分が上手くいっていると思う時ほど
成長が止まっている可能性がある。
また、課題が見えている人は自分がやるべきことが
見えているのと同じで、それを解決、クリアしていく
ことでどんどん成長していく。

課題を発見し、その中で重要性、緊急性といった
優先順位をつけて解決していく。
そうやって成長していくのは、個人に限らず
会社でも同じことである。
自分事 (野口)
2017-08-14 05:03:02
問題は問題で終わります。
問題に気付いたとしても
それはあくまでも問題であって
客観的意見でしかないからです。

自分の中で
自分が解決すべき事柄だと考えて
初めて取り組む姿勢が生まれます。

その解決すべき事柄が
多ければ多いほど
会社が良くなっていくことは
想像に難しくありません。

まずは、
自分事に置き換えること。
今まで風景として見ていた問題が
主人公として解決すべき事柄に変わり
風景を変える側に立つことができるでしょう。
今だけをみてはいけない。 (林木章一)
2017-08-14 07:16:28
課題とは今後良くなる為の指標です。
今だけを見ると課題が多ければ会社の将来性が危うく思えてしまいます。
しかし、裏を返せば課題を解決していけばいくほど良くなると言えます。
未来のビジョンをしっかり持つことが重要です。
そして、諦めず解決の為の行動を継続することです。
課題につぶされず、前向きに (山内康平)
2017-08-14 08:08:48
課題に向かう心構えを改めて教えていただきました。

課題解決にはパワーが必要なため、同時に複数の課題を抱えると消耗する場合があります。

あくまでも課題化は良くなるステップの1つです。
解決した状態を楽しみにしつつ、前向きな気持ちで課題解決に向かうことが大切と改めて感じました。
Unknown (藤森聡子)
2017-08-14 09:08:40
緊急性と重要性のバランスをとって取り組めることが大事なのだと思います。
短期利益のために追われて、長期利益のために費やす時間を取れないという状況であればそれは抜け出さなければいけない状況だと自覚しなければなりません。
Challenge make us grow (タシャ (Tasya - TC Indonesia))
2017-08-14 10:48:15
The more challenge a company get, the more it would grow. If we success in facing the challenge it will make us proud. If we fail, it doesn't mean we have to stop. Our failure can be our strength in the future.
The More Challenges A Company Faces (Sandeep (delhi))
2017-08-14 16:05:14
Found problems, importance in that, such as the urgency of
going to solve prioritize.
Of growing up to do so is not limited to the individual
is the same thing in the company.
誰にとっての課題なのか、最終的なもの (松島 龍)
2017-08-14 19:01:55
良い会社とは、課題がある会社である。一見矛盾しているふうにみえますが、そこには大きな本質的なものがあると感じます。要は課題に対してどのように捉え実行に移し、そして価値提供にリンクさせていくか、常に課題と向き合わなければ思考停止になり、新たなサービスは生まれないと思います。
課題は伸びしろ (大阪支社 橋口敦史)
2017-08-14 21:29:30
課題という言葉を聞いた時にネガティブにとらえるか、まだ伸びしろのあるとポジティブに感じるか。
この分かれ道で、人の人生は大きく変わる。
前者は常に不平や不満を口にする人。
後者は常にチャレンジングで、成長意欲のある人。
課題を誰かのせいにして、高みの見物では、価値を生まない。自己の責任範囲を広げ、当事者意識を持って、課題に取り組むことこそ、仕事のやりがいにつながる。

コメントを投稿

経営論」カテゴリの最新記事