久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

温室で育てると、まずくなる

2017年12月12日 | 経営論



野菜や果物を温室で育てれば、雨風の当たる日光の下で育てたものよりも、まずくなります。


これと同じように、人間もまた、温室で育てれば、厳しい環境下で育てた人よりも強くは育ちません。


本当の成長は、厳しい環境下でしかできないのです。


Anything that grows in a hothouse will taste bad.




Growing vegetables and fruits in the greenhouse is worse than what you brought up under the rain and daylight.


Just like this, if raised in a greenhouse,humans also will not grow stronger than those who were raised in harsh environments.

Real growth can only be done in harsh environments.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由な時間は誰にでもある ... | トップ | 1流を目指さない限り、1流... »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
成長のできる環境 (西山翔太郎)
2017-12-13 00:13:45
厳しい環境にいるつもりでも、いつかは慣れ、温室になっていくと思います。成長し続けるには、厳しい環境を求め続けなければならないと思います。
No pain, No gain (大阪支社 大月)
2017-12-13 01:47:16
厳しい環境では痛みが伴いますが、その分、成長することができます。
だからこそ、痛みを伴う機会を自ら求めることが重要です。

厳しい環境は既に身近に存在しています。
あとは自身の選択次第なのだと考えています。
厳しい環境ほど成長する (東真奈美)
2017-12-13 06:07:35
成長は、失敗を繰り返しながらするものです。よって、困難で厳しい環境ほど苦痛を伴いますが、その分、大きく成長する事ができます。迷ったら、困難な道を選ぶ方が成長し、人生において成功するでしょう。
The strict situation makes me strong (大阪支社 山口 (Osaka Kenta Yamaguchi))
2017-12-13 06:33:51
I often think I need a fail for a success and the strict situation makes me strong. It would be hard but it would be happy.
Unknown (方)
2017-12-13 08:53:17
厳しい環境の下で生きていくために、常に考えるのが必要。
意志というのは想像以上の強い力が持っています。
Unknown (藤森聡子)
2017-12-13 08:53:34
優しくしてもらうことは時には必要ではありますが、今の実力以上のことが求められる場にいると急成長するためにありがたいことだととらえるべきなのだと思います!
Unknown (梶野 有里(kajino yuri))
2017-12-13 09:00:42
厳しい環境におかれたとき、自分が成長できるチャンスととらえる。
Anything that grows in a hothouse will taste bad. (Asha - TCF)
2017-12-13 13:09:51
People who grows in harsh environments will become stronger than people who grows without any obstacles.
環境と変化 (増田)
2017-12-13 21:39:24
厳しい環境とは、変化の多い環境。
変化の回数、変化の質。

同じ繰り返しを、普通は厳しいと思わない。
退屈と思うか、苦に感じるか。

人間味は、どれだけの変化を受け入れ対応してきたか。
そこに個人の深みが醸成され、人間として
"いい味"が出せるようになっていくのではないか。
本能を凌駕す責任感や使命感 (大阪支社 橋口敦史)
2017-12-13 22:33:47
嫌なことをあえて挑む。その人にとってはそれは厳しい環境であり、温室ではない。
これが成長の秘訣。
しかし、やはり人はあえて嫌なことを選択するのが本能的に受け入れられない。
本能を凌駕する責任感、使命感がその人の歩を進める。
闘う自分を応援してくれる環境や人は必ず現れる。

コメントを投稿

経営論」カテゴリの最新記事