久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

真の問題は発見が困難、しかし解決は見つけることより簡単

2017年03月07日 | 仕事術



問題が解決しないのは、真因を発見していないことが原因です。

多くは、表面的な原因に着目するため、それを解決する有効な解決策が見つかりません。


トヨタの5w1Hは、5つのWHYによって、問題を自問自答し、真因を見つけるためのメソッドです。



真因が発見されれば、最後のHOWにより、有効な解決策は、見つかるのです。



Unearthing the real problem is hard. however, solving that problem will be easier than finding it.


The problem is not solved because it is not discovering the root causes.


In many cases, paying attention to superficial causes, we can not find an effective solution to solve it.


Toyota's 5w1H is a method for finding the root cause by asking questions by themselves by five WHY.


If the root cause is discovered, a valid solution can be found by the last HOW.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (127)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 他人の問題ではなく自分の問... | トップ | 「無知の知」を知ることが価... »
最近の画像もっと見る

127 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
解決 (大野)
2017-03-08 08:09:39
解決策を提案することが大切だと思います。提案をする時は結論から話すと良いでしょう。そうすることで目的をコントロールすることが出来ます。また戦略的思考にもなると思います。
真の原因 (内定者孫皓)
2017-03-08 08:58:52
頭がいたいなら、病院で頭しか治療しないです。足がいたいなら、足しか治療しないです。結局真の病因が見つけられないです。それは全体的に問題が見えなくて、ただ部分的、表面的な原因だけが見えるからです。
名医を目指す (今野)
2017-03-08 17:33:22
身体の不調も、なぜ調子が悪いのか、どこから来るものなのかを、自分の力で発見することは困難を極めます。

しかし専門家にみてもらい、真の原因がわかるようになれば、あとは治療を待つのみなので早急に解決に向かうことができます。

よく言われることですが、コンサルタントと名乗る人間は、このようなボトルネックを発見する、企業にとって、いわゆる「名医」の役目を果たしていかなければなりません。

そのためには日頃から、例えばこのカレンダー名言に対するコメントを深く考えてみるなどして、思考法を鍛えるトレーニングを積み重ねていかなければなりません。
真の問題は発見が困難、しかし解決は見つけることより簡単 (稲葉 朋子)
2017-03-08 18:56:31
このテーマは自分といかに向き合っているのかにかかっているのかと思います。

トヨタの5w1hなどにより、なぜなぜと問いかけること。

自分はどこまで向き合えているのかと今日のブログを見て感じました。

もっと向き合っていきます。
真の問題は発見が困難、しかし解決は見つけることより簡単 (稲葉 朋子)
2017-03-08 18:56:32
このテーマは自分といかに向き合っているのかにかかっているのかと思います。

トヨタの5w1hなどにより、なぜなぜと問いかけること。

自分はどこまで向き合えているのかと今日のブログを見て感じました。

もっと向き合っていきます。
問題の明確化と定義 (野口)
2017-03-08 18:57:17
通常解決したと考えている問題で、同じような問題が再度出てきた際は、恐らくでありますが表面上の原因に対しての解決法方法を取ったために起こりえたことだと考えられます。

問題の解決において一番困難なことは実は、原因を特定することです。

問題の明確化としっかりした定義づけ、それによって観察可能なすべての事実を網羅しうるまでは、そうした問題の定義づけは不完全であったり、間違ったものになるとドラッカーは言っています。

いかに問題が何かを知ることが難しいか。
逆に問題が分かれば対処が容易なことが分かります。
問題解決より問題発見 (高橋 俊明)
2017-03-08 18:59:54
コンサルタントの仕事として、問題解決にフォーカスするのではなく、問題発見にフォーカスすべきだと思います。
相手がすでに気付いている問題は、もう解決される問題であり、もしそれが解決されないのであれば、それは問題の真因が発見されていないということになると思います。

コンサルタントとして、どれだけ深い問題の根っこを発見し、新しい視点として経営者に投げかけることができるかどうかだと思います。
Unknown (樋桁)
2017-03-08 19:12:36
自分が間違いだと
思ったことも
再度考え直すと
また別の問題が見つかる。

最後に出た答えが
一番問題に
近い原因になると思う。
Unknown (鍋谷 和俊)
2017-03-08 19:19:46
ボトルネックを解決しなければ、根本的な解決にはならない。しかしそのボトルネックを見つける事が難しい。そうやって気付いたときにはそれを探す事が目的になっている。未だに全ての事象でボトルネックを見つけれているとは思えないのでまずはしっかりボトルネックを発見し、解決して終われるように習慣付けたいです。
Unknown (日高)
2017-03-08 19:23:56
真の問題把握は思ってる以上にむずかしく、特に、現場レベルの問題は、外部の人には本音をゆわないのでむずかしいです。

なぜならそこに信頼関係はないから。

コンサルが役に立たないといわれる理由はここにあるきがします。

コメントを投稿

仕事術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。