久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

月次即時決算体制を作れ

2017年09月13日 | 人材採用




月次決算のスピードと企業の収益率には、重要な相関関係があります。


月次決算が遅い企業は、経営者が売上中心のマネジメントをする傾向があります。


逆に、月次決算の早い会社は、利益を早く経営者が把握することができるので、利益管理中心の経営ができるようになります。


売上よりも利益管理中心の企業の方が結果として利益率が高くなります。



つまり、月次決算の早い企業ほど、結果として利益率が高くなるのです。



Create a system for monthly closing accounts immediately.




There is an important correlation between the speed of monthly closing and corporate profitability.


For companies with late monthly settlements, management tends to manage sales centrally.

On the contrary, as companies with early monthly settlements can earn profits early by management, they will be able to manage profit centered.


As a result, profitability will be higher for firms with profit management than sales.



In other words, the earlier the monthly settlement accounts, the higher the profit margin will be.
ジャンル:
ウェブログ
コメント (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売上の成長がなければ、昇給... | トップ | グループ経営は、月次連結決... »
最近の画像もっと見る

40 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
把握が管理の前提 (大阪支社 大月)
2017-09-14 00:36:04
管理を行うためには、把握が必要となります。
把握を行うためには、情報の集約が必要となります。
情報の集約のためには、担当者からの報告が必要となります。

情報を報告するのは、経営者ではなく、社員一人一人です。

把握という前提があり、初めて管理が成り立つ。
その点を一人一人が理解することが重要だと考えています。
どこが強み、弱みなのか (山内康平)
2017-09-14 06:56:54
月の早い段階で各利益まで出してしまうことで、強み弱みの分析ができます。
そして月中での改善が可能 となります。

即時を出すためには担当者の段取り、周囲との連携、ルール化などが大切だと日々学んでいます。
Unknown (高井悠平)
2017-09-14 07:51:33
売上とは利益を上げるための1つの手段であり、目的化するものではありません。
そして利益を上げるために必要なのが月次経営戦略書です。
経営者が利益ベースのマインドに転換した時、企業のビジョンの転換期でもあります。
Create a system for monthly closing accounts immediately. (Chakree )
2017-09-14 10:42:35
The good and clear working plan will support you to success the task and solve the problem immediately.
Unknown (Bhupendra sharma)
2017-09-14 14:31:50
Monthly closing system will reflect the monthly down or raise in sale which helps the organisation to take some initiative action for sometime or to stable the situation.
高い生産性が即時決算を実現する (小林)
2017-09-14 15:14:52
即時決算ができる会社というのは、情報の流れがスムーズであり、会計に限らず社内のあらゆる活動の生産性が高い会社であると言えます。
だからこそ、利益率も高くなるという風に思います。

また、早い決算の副次的効果として、管理部門の生産性を高めることができます。
結果としてコストが下がりさらに利益を高めるということにつながります。
目標共有 (今野)
2017-09-14 17:41:25
出向中のクライアント先では、毎月即時決算が実現できていますが、これを達成するためにはチームワークが相当重要であると感じています。

事前の会議によって、チーム目標をしっかりと擦り合わせ、分業による明確な役割を決め、作業中もコミュニケーションを密にとりあう。こうした組織力の結集により、スピード決算が可能となっています。

最も大事なのは、何と言ってもやはり、「目標の共有」部分であると思います。
Unknown (日高)
2017-09-14 18:29:51
即時決算体制は、正しい計算ができてこそ❗

そこをすっとばすと、悪循環。

ただ、即時決算が必要なのは間違いない。
数字は課題を見える化したもの。 (林木章一)
2017-09-14 18:48:24
本決算と違い、月次決算であれば八割締めでも経営判断材料になります。目的は経営者の判断をいち早くできるようにすることにあります。数字は課題を「見える化」したものでもあります。しかしこの目的が浸透していなければ達成されません。会社全体が一つのチームとして動く必要があります。その為にも各自の生産性の高さが重要です。
素早い対応を (伊藤由香里)
2017-09-14 21:48:54
経営陣に届く報告が1か月後、2か月後であれば
その時点で手を打とうとしても
時すでに遅し、という場合もあります。
素早く異常値を掴み、素早い決断と改善の繰り返しによって
企業は成長していきます。

コメントを投稿

人材採用」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。