久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

ミス・クレーム報告は発生した時に直ぐに行え 対策はトップの責任 報告は部下の責任

2017年08月20日 | 経営論




ミス・クレームの報告は、早さが大切です。

時間がたつほど、問題は大きくなります。


対策を立てるのは、トップの責任です。

部下の責任は、まず、発生した時点ですぐに報告することです。


詳細な情報は後からでも構いません。

まず、起きた時点で、上司に報告することが大切です。



Report mistakes and complaints as soon as they occur. Dealing with them is the duty of top management; reporting them is the duty of staff.



Regarding reporting mistakes and complaints, quickness is important.


The more time, the bigger the problem will be.


It is the top responsibility to make countermeasures.


The responsibility of each subordinate is to report it as soon as it occurs.


Detailed information can be obtained later.

First of all, it is important to report it to your boss when it happens.
コメント (48)
この記事をはてなブックマークに追加