久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

英語力は、出世するほど重要性が増す

2017年08月12日 | 仕事術



英語力は、出世するほど重要性が増します。

それは、英語力は、コミュニケーションの手段であり、出世して影響力を持つほど、より多くの国の人とコミュニケーションをとる必要があります。


これに対して、コンピュータの知識は、出世するほど、不要になっていきます。

それは、自分の代わりに誰かが行ってくれるからです。


若いときは、英語力よりコンピュータの知識が重要です。


しかし、あなたが将来、会社を背負って立つ人間であるなら、英語力は必須と考えましょう。




The further ahead you get in the company, the more important English ability will become.



Your English skill will become more important as you step up.


English ability is a means of communication, the more influential it is, the more it is necessary to communicate with people in more countries.


On the other hand, knowledge of computers becomes unnecessary as they get better.

It is because someone will go in place of me.

Knowledge of computers is more important than English ability when young.


But if you are a human being who will carry a company in the future, think English skill is essential.
コメント (43)
この記事をはてなブックマークに追加