まろの公園ライフ

公園から世の中を見る

静かなる運動会

2016年10月16日 | 日記

朝晩めっきり涼しく・・・
と言うより寒くなって来ました。
そろそろ自転車通勤がつらい季節ですねえ。

公園の池には早くも冬の使者が飛来。
はるばるオホーツク海を越えてシベリアの大地から・・・
一瞬、ロマンを感じましたが
うーん、これは越冬したカモみたいですね。
そろそろ「カモ鍋」が美味しい季節になって来ました。(笑)

通勤途中に見かけた民家。
解体中らしく中身がすっかり抜け落ちています。
なかなか立派なお宅だったのに
突然の解体は何か事情でもあったのでしょうか。
抜け殻になった家が
眩しいほどに朝陽に映えていました。

ここのところ雲が多くて
スッキリしない日が続いていましたが
昨日は呆れるほど雲一つない「秋晴れ」でしたねえ。
絶好の運動会日和だと思ったら
マンションの公園でも近くの保育園の運動会でした。

ちょっと不思議な運動会でした。
最近は保育園や幼稚園の「騒音問題」が何かとやり玉ですが
まさかそれに配慮したのでしょうか。
運動会ならではの音楽やアナウンスはすべて控えめ。
あるにはあるのですがボリュームを極力しぼり
心なしか園児たちは歓声まで遠慮させられているようで
静かな、静かな運動会でした。
最近は自前の運動場を持たない保育園がほとんどで
近くの公園を借りるケースも多いようですが
やはり必要以上に近隣の住民に気を遣っているのでしょう。
猫の額ほどの小さな公園で
午前十時に始まったこの静かな運動会は
静かに淡々とプログラムを消化して十二時前にあっさり終了。
何とも盛り上がりに欠けた運動会でした。
これも「現代」と言えば現代ですが
せめて運動会ぐらい思い切りやらせたいものです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« もの思ふ秋です。 | トップ | 秋桜には満月が似合う »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL