まろの公園ライフ

公園から世の中を見る

スタンド・バイ・ミー

2016年10月11日 | 日記

4人の少年たちのこの後ろ姿を見ると
懐かしい歌声が聴こえてくる。
ベン・E・キングの主題歌「スタンド・バイ・ミー」だ。

はるかに続く線路の彼方には
胸おどるような「冒険の森」が待っている。
男の子はいつの時代も冒険に憧れる。
子供の頃から「トムソーヤ」や「ハックルベリー・フィン」を
夢中で読んで育った私も例外ではない。
男の子はつねに冒険を夢見て成長するものである。



1986年公開のアメリカ映画である。
モダンホラー小説の巨匠スティーヴン・キングの短編を
ロブ・ライナーが監督して大ヒットとなった。

舞台は1950年代のアメリカ
オレゴン州の小さな田舎町キャッスルロック。
それぞれ心に傷を持った四人の少年が
好奇心から線路伝いに「死体探し」の旅に出るという
ひと夏の冒険物語である。
ゴーディ、クリス、テディ、バーンの四人は
正確も個性も違っていたが互いにウマが合う遊び仲間だった。
木の上につくった秘密基地に集まっては
一緒にタバコを吸ったりトランプをしたりの悪ガキたち。
少年らしい仲間意識で結ばれている。



ある日、行方不明の少年が30キロも離れた森の中で
列車にはねられ死体のまま野ざらしになっているという噂を聞く。
死体を見つければ町の英雄になれると
四人は冒険の旅に出るのだが・・・

Stand by Me 予告編

冒険そのものは他愛のないものである。
調子にのって肝だめしで列車に轢かれそうになったり
森の中の水たまりでヒルの大群に襲われたり
野宿した夜は不気味な声に怯えたり・・・
でも、その一つ一つが少年たちにとっては
かけがえのない冒険なのである。



クリスとゴードンは互いの悩みを告白し合い
この旅でさらに友情を深める。
アル中の父と不良の兄を持って将来に希望が持てないクリス。
自分の内向的な性格と父親との不仲に悩むゴドードン。
二人はともに励まし合って
ひと夏の冒険は終わりを告げるのだが・・・

大人になったクリスは家庭環境に負けず猛勉強して弁護士に。
ゴードンはクリスが誉めた文才を生かし作家の道へ。
しかし、そこには思わぬ悲劇も・・・
映画はクリスの回想で展開するのだが
この回想が限りなくあたたかく、そして悲しく
ハリウッド映画の真骨頂であった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セイタカアワダチソウの郷愁 | トップ | 大停電 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これ (あきこ)
2016-10-12 21:46:51
大好きな映画です(●^o^●)
沼でヒルに血吸われるのか。
チェリーパイ吐き出すのとか。
グロい映像ばかり覚えてますけど(笑)。
曲も大好きです。

リバーフェニックスは若くして亡くなってるんですよね。
残念。
なんど観ても・・ (まろ)
2016-10-13 05:25:58
あきこ様
いい映画ですよねえ。
ヒルもチェリーパイも迫力ありました。(笑)
リバー・フェニックスは確かこの映画がデビュー作でしたが
格好よくてキラキラ輝いています。
生きていればハリウッドを代表する男優になっていたと思います。
残念ですねえ・・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL