まろの公園ライフ

公園から世の中を見る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これにて店仕舞い

2016年12月31日 | 日記

いよいよ大晦日です。
いろいろな思いがよぎる一年の終りです。
その思いを噛みしめつつ・・・

皆様にご愛顧いただいたこのブログも
今日の大晦日を最後にひとまず終了したいと思います。
数えればブログ開始からすでに5年半。
金属疲労ならぬ「勤続疲労」というマンネリ毒に蝕まれ
最近は、写真や文章もすっかり精彩を欠き
ただ毎日更新しているというだけの体たらく状態でした。
そもそも公園ジョギンクがテーマだったのに
さまざまな事情で走れなくなり
公園に出かける機会もめったになくなってしまいました。
そういう「看板に偽りあり」状態のジレンマが
今回の決断の大きな要因でしょうか。



例えれば・・・
盛り場の奥まった露地にたたずむ
小さな赤提灯のようなブログを目指して参りました。
その時点ですでに志は低かった訳ですが
それでも口コミで通ってくださる常連客はしだいに増え
儲け度外視の安酒と店主の勝手なお喋りが評判で
それなりに繁盛した時代もありました。
開店以来、暖簾をくぐって下さったお客様は延べ33万人。
まことにありがたい限りで涙が出ます。
そこまで頑張って来た店を閉めるのに心残りはありますが
店主も寄る年波には勝てず
ここらで一服したいというのがホンネでしょうか。
未練を残しつつ、これにて店仕舞い!
長年のご愛顧を感謝いたします



最後は毎年恒例の東山魁夷「年暮る」です。
大晦日になると決まってこの絵をブログに載せたくなります。
京都は鴨川沿い、東山三条あたりの風景です。
低く連なる町家の瓦屋根、音もなくしんしんと降り積もる雪。
空もなければ人の姿もない寂寥の風景ですが
目を凝らすと手前の民家の窓にうっすらと灯りが点っています。
学生時代を京都で過ごした私は
この風景に名状しがたい郷愁を覚えてしまうのです。

新しい年には心機一転
新しいブログを立ち上げようと考えています。
継続は力なりとは言いますが
ただダラダラと続ければいいと言うものでもなく
やはり一度立ち止まって
自分をリフレッシュすることも大事ですよねえ。
再びお目にかかる時には、ぜひまたご愛顧をお願いしたいものです。
皆様、五年半、本当にありがとうございました。
どうかよいお年を!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年の終わりの駅弁 | トップ | お知らせ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ごくろうさま (雫石鉄也)
2016-12-31 15:19:04
5年半、ご苦労様でした。
このブログは楽しまさせてもらいました。
新しい、ブログ楽しみにしたおります。開設したら、ぜひお知らせください。
では、良いお年をお迎えください。
心機一転ですね。 (すみごん)
2016-12-31 16:17:42
おつかれさまでした。

いろいろ楽しい話題を読ませていただき、ありがとう
ございました。
新しいブログ、どのようなものになるか楽しみです。
ぜひお知らせくださいね。
ご家族ともどもよいお年を!
お疲れ様でした (あきこ)
2016-12-31 17:58:36
毎日続けるって大変だけど本当素晴らしい事だと思います。
私ならできません(。-∀-)
毎日書かなきゃって気持ちがまろ様に追い込みをかけちゃったのかな。
またこのブログに書きたくなったら書いてくれるのが嬉しいですが新しいブログになるんですね。
またブログでお会いできるのを楽しみにしています。
良いお年を♪
こちらこそ! (まろ)
2016-12-31 18:14:14
雫石鉄也様
いろいろと刺激を受けさせていただき
本当にありがとうございました。
年明けから大変でしょうが
くれぐれもご自愛されて健筆をふるってください。
私も新しいスタートです。
いつもありがとうございます。 (まろ)
2016-12-31 18:18:29
すみごん様
心機一転が難しい年齢になって来ましたが
もう少し頑張ってみようかと思います。
たかがブログとは思いつつ、いつの間にか自分の中に大きな比重を占めていることに
ちょっと驚いています。
新規開店の折はまたよろしく・・・
おお、お元気ですか! (まろ)
2016-12-31 18:22:43
あきこ様
以前は毎日のようにコメントを入れて下さった時期もあって
その一つ一つを懐かしく読み返しています。
本当にありがとうございました。
機会があれはまた新しいブログにもお越しください。
いい年を・・・

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL