まろの公園ライフ

公園から世の中を見る

秋桜には満月が似合う

2016年10月17日 | 日記

どんどん秋が深まっていきます。
それに比べてオジサンは
どんどん人間が浅くなっていくような気がします。(笑)



一面のコスモス畑です。
以前は殺風景な単なる草っぱらだったのですが
誰か奇特な方がタネを撒いたのか
近頃はみごとなコスモス畑が目を楽しませてくれます。
コスモスの別名は「秋桜」ですが
何とも優美な名前でやさしい気持ちになりますねえ。
最近どうもイライラすることが多いので
時々、ここに来ては心を洗うようにしています。

こちらはキバナコスモスです。
コスモスという名前はついていますが
本家本元のコスモスとは微妙に種類が違って別物なんですね。
コスモスもどき・・・と言うと失礼ですが
どこか儚げなコスモスに比べて生命力が図抜けています。
初夏から秋にかけてずっと咲き続けています。
私もこの花の「息の長さ」を見習わなければなりません。



おお、アゲハがやって来ました。
キアゲハでしょうか。
食欲の秋だけに食い意地が張っているいるのでしょうか。
カメラを思い切り近づけても微動だにせず
一心不乱に蜜を吸っていました。
この「集中力」は私も大いに見習わなければなりません。
食い意地だけは負けないつもりですが・・・(笑)

昨日は満月でした。
満月には何の花が似合うだろうと考えてみたら
やはりコスモスではないかという
一人結論に達しました。
冴え冴えとした月明かりを浴びて
ゆらゆらと風にそよぐコスモスの風情は格別ですね。
柄に似合わぬ厳粛な気持ちになりました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静かなる運動会 | トップ | 『東京物語』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL