まろの公園ライフ

公園から世の中を見る

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

冬来たりなば・・・

2016年11月08日 | 日記

昨日は「立冬」でした。
立春にしても、立夏や立秋にしても
立つという言葉には凛とした響きがあっていいですね。

紅葉はこれからが本番ですが
気温の方はすっかり冬めいて来て身震いしそうです。
あちこちで「冬支度」も始まっています。
もともと冬は苦手でしたが、最近はそうでもありません。
自転車を一生懸命漕いだり
お掃除で熱心にモップを使っていたりすると
身体の芯からポカポカと温まってくる感じがあって
気持ちまでほっこりしますねえ。

今年も公園の柚子が色づいて来ました。
焼酎のお湯割りにギュッと絞って飲みたい気がします。
でも、やっぱり「ゆず風呂」が最高です。
自転車やモッフプもいいですが
どうせなら柚子風呂でほっこりしたいものですねえ。

冬来たりなば春遠からじ・・・と言います。
確かイギリスのナントカいう詩人の言葉だったと思いますが
これは単なる気候のことではなく格言なんですね。
冬が来たならば春はもう遠くない。
言い換えれば、今は寒さが厳しい冬でも
あたたかい春はもうすぐそこまで来ているんだよ。
つまり「辛いことの後には必ず幸せがやって来る」という諺です。
私、恥ずかしながら知りませんでした。
人間、何ごとも心の持ちようで
そう思うとどんな逆境も笑って耐えていけそうですねえ。(笑)

公園の側溝でなにやらモゾモゾと動くものがあって
何かと思ったらコオロギ君でした。
最近はすっかり虫の声も聴かれなくなってしまいましたが
今年初めて見る生コオロギです。
そうか、そうか、生きていたか、寒くはないか?
思わずそう声をかけながら
突然、吹いて来た北風に震え上がったオジサンでした。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうなる大統領選挙? | トップ | 遅ればせながら『君の名は。』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL