競馬は人生の縮図である

アンカツファンのつぶやき ありゃ馬こりゃ馬

ダービー予想 その2

2011年05月29日 | 競馬

さあダービー当日になった。
まもなく出走だ。
第78回の日本ダービーの始まりだ。
昨日は眠くなってしまい、疲れたから予想の方は止めた。
でもダービーだけは当てたいレースである。
穴狙いは本当に難しいけど、こんな不良馬場で波乱にならないわけはない。
やはり不良馬場は追い込み馬には不利だと思う。
アンカツのウインバリアシオンは青葉賞のジンクスがあるし
追い込み馬で、アンカツは追い込みのイメージが強い。
やっぱりこれは無理だろうと思う。まあ参加してくれるだけで嬉しいよ。
それでは1頭づつ検討して見ようと思う。

1 ウインバリアシオン
1番枠は3年連続して勝っている縁起の良い枠だが
2度ある事は3度あるという格言もある。しかし3度ある事は4度はないのが普通で
4年連続で1枠が勝つなんて事はまずありえない。
そして青葉賞の勝ち馬、その脚質や、道悪も得意じゃないようだし
道悪に関しては、その走方が大トビで向いてないと言われている。
まあデータからいっても勝ち負けは厳しい。もちろん勝って欲しいけれど
馬券は買えない。

2 サダムパテック
2番人気になった。この馬はフジキセキ産駒で、フジキセキ産駒は2400で勝ちきるイメージはない。
岩田は良い騎手でダービージョッキーになってもおかしくはないが
この馬はスタートが悪い。道悪でスタートで後手を踏むと、どうしても後方の位置になる。
まあ内枠だし、岩田はインで抜け出すのが上手い騎手ではあるが
2年連続で1番人気を裏切っているトラウマもあるだろうし、2番人気とはいえ人気馬の一角だし
とうぜん狙っているし、狙い過ぎているから鞍上の入れ込みがマイナスにでる可能性がある。
実力はこのメンバーでは上位なのだが、勝ちきるのは厳しいような気がする。

3 オールアズワン
この馬はもう要らないだろう。あれこれ語る必要もないかな。

4 リベルタス
皐月賞で最下位の馬がダービーで上位に来る筈もない。

5 オルフェーブル
ダービーは1番人気馬を買っておけばいいという時代があったが
このところというか、2年ばかり1番人気馬が来ていない。
皐月賞は強かった。騎手の池添も、今までずっと乗っている。
皐月賞を完勝して、騎手も同じで、中堅騎手で、来る可能性は確かに高い。
だが不安要素もある。混戦と言われていた皐月賞だが、終わって見れば圧倒的に強かった。
兄貴と違って東京競馬場も不安なし、まあ能力が抜けているから道悪もこなしそうだと言われているが、やはり先行馬というより、差し追い込み馬なのだ。
気性もキツイから、ダービーのスタンド前発走で入れ込んじゃって出遅れる可能性もある。
買わなきゃならない馬だとは思うから、一応買うけど、俺の評価は対抗だ。

6 クレスコグランド
三連勝でダービーに駒を進めた馬だが、やっぱり一番大きなマイナスは騎手だ。
浜中は若手騎手だ。ダービーを勝つようなキャリアじゃない。騎手で見ても買えないな

7 ベルシャザール
アンカツが乗っていた馬だが、アンカツが乗り捨て馬と言う事になる。
ダービーの乗り替わり、ましてテン乗り馬は勝てないのがジンクスだ。
先行した皐月賞は全くダメだった。これは松国の失敗だと言っているが
アンカツが乗り捨てた馬に勝たれるのは最悪だし、ウインよりも着が上なのも気に入らない。
道悪は得意そうだと予想している人も多くて、穴人気になっている。
勝ちきる事は無いと思うが、もしかしたら2・3着に入る可能性はあるかも

8 フェイトフルウオー
俺はこの馬を狙っている。騎手はずっと同じ騎手がデビューから手綱を取った方が有利だ。
勝春はベテラン騎手で、どちらかと言えば苦労人の騎手でなかなかGⅠを勝てない騎手だ。
調教過程も良いし、追い切りの評価も高かった。道悪に関しては大型馬だし
もしかしたらもしかするかもと思っているのだが・・・

9 コティリオン
母系から見ると短距離血統のようだし、追い込みを選択せざるえないだろうし
小牧だし、小牧も去年は悔しい思いをしたが、やはり上位に来るのは厳しいだろうな。

10 ナカヤマナイト
俺はこの馬を本命にしたい。
やはり騎手がベテランの柴田善臣で、思いおこせば、2年前のダービーで道悪の不良馬場を勝ったのがベテランの横典だった。デビューからずっと善臣が乗り続けている。
皐月賞では2番人気だった馬だが、少し間隔が開いて、やはりベストじゃなかったようだし
今度は上積みもありそうだし、前で競馬をすんじゃないかと思っている。
俺はこの馬が一番勝つ可能性が高いような気がしているのだけれど、さあどうだろうか

11 デボネア
ダービーのテン乗りは勝てないのがジンクスなのだが
この男だけは例外で、なにしろ世界一の騎手デットーリだ。
この男にジンクスは当てはまらないような気がするのだが、馬の実力はイマイチ足りないような
でも道悪はこなしそうだし、3番手評価にしたいが、勝ちきる事は難しいとは思う。

12 エーシンジャッカル
乗り替わりの若手騎手が来る筈もない。

13 ロッカベラーノ
武人気で穴人気しているようだが、いくら豊がダービー男でもテン乗りは厳しい。
でも血統的にも道悪はこなしそうだし、思いきって先行するだろうし
豊は勝てなくても、2・3着はもしかしたらあるのかも知れない。

14 ショウナンパルフェ
若手騎手の皇成がテン乗りというだけで大きなマイナスだ。
脚質や展開を考えたら面白いかなとも思ったけど、やはり皇成の鞍上と言う事で
これは上位に来るのは難しいだろうな。

15 トーセンラー
期待のディープ産駒で、皐月賞は久々で割引と考えられる。
オルフェーブルにも勝っている。これを本命に推している人も多いが
逆神の六車奈々が本命にしているだけで、これはもう大きなマイナスポイントだろう。

16 トーセンレーヴ
ディープ産駒でブエナビスタの弟という良血馬なのだが
やはりどう考えてもローテーションが厳し過ぎる気がする。これは上位には難しい

17 ユニバーサルバンク
血統的にも面白いし、78回のダービーで8枠に入った。
相手なりに走るタイプだし、テン乗りの福永は勝てないとは思うが
もしかしたら2・3着に来る可能性は捨てきれない。

18 ノーザンリバー
調教の専門家、井内がこの馬を本命に推している。
井内はオークスでエリンコートを見事に本命に挙げて、オークスを的中させた。
エリンコートなんてデュランダル産駒がオークスを勝つは思わなかった。
予想で大きなホームランを打ったが、2度続けてホームランが打てるとは思えない。
ましてやテン乗りの騎手だし、外人とはいえピンナはそれほど活躍してない。
少し怖いけど、調教のパターンが勝利の法則らしいが、やっぱりこれは難しいな。
2・3頭の候補なら、俺はユニバーサルバンクの方だと思う。

結論
馬券の対象から外す馬として
1 3 4 6 9 12 14 15 16 18の10頭を思いきって切りたい。
そりゃあ一番勝利を期待している馬はウインバリアシオンなのだが
応援と馬券とは別で、やはりデータから見るととても買える馬じゃない。
トーセンラーは外すのには少し勇気がいるし、井内の本命ノーザンリバーも
少し気になるし、2週続けて井内がホームランを打つとは思えないからここは思い切って切りたい。
残ったのは8頭だが
勝つのはオルフェーヴル ナカヤマナイトが有力だが
デボネアとフェイトフルウォーにもチャンスがあると思っている。
後の4頭は2・3着候補だろう。
4頭の内の勝てなかった3頭が2・3着に入る可能性も大きいから
点数が増えてしまう。
いくら考えて予想しても、俺は馬券が下手だから、当たる確率はとても低い。
無駄なお金はあんまり使いたくない。

3連単を当てる自信はないから
でもワイドとか買ってもしょうもないし
3連複で勝負するしかない。
5 8 10 11 13 17

2と7はこの際切ろう
切った馬が来るのが俺の馬券なんだよな。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダービー予想 | トップ | 今年のダービーが終わった »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。