高齢者に仲間入りしました!

還暦を越えて久しい「くに爺&たか婆」の、デジカメによるハイキング、山登り、旅行、神社仏閣お参り・・・等の行動記録で~す!

橿原市内の神社巡りと酒蔵みてある記・・・・・

2017年03月12日 | ハイキング
3月11日(土)、近鉄駅長お薦めフリーハイキングに行ってきました・・・・
集合場所の近鉄八木駅前は人・人・人でいっぱい、参加者は1300人を超えたとのことでした

コースは、大和八木駅⇒入鹿神社⇒人麻神社⇒天高市神社⇒天太玉命神社⇒河俣神社⇒今井町⇒河合酒造⇒八木駅の約9km、2時間半の予定です

出発から10分で、蘇我入鹿が中大兄皇子らに倒された時、その首が飛んできたのを祀ったといわれている「入鹿神社」、石の鳥居が立派です・・・・・

次に「人麻神社」、柿本人麻呂を祀っています

出発から30分、えびす様が祀られている「天高市(あめのたけち)神社」・・・・

        たか婆はまたも御朱印を戴きます
        
「天太玉命(あめのふとたまのみこと)神社」

拝殿には絵馬が・・・・

出発から60分、「河俣神社」で休憩です

境内の梅が満開です

出発から1時間30分、かって「大和の金は今井に七分」と言われるほど繁盛した「今井町」に・・・・

今井の大半の町屋が大切に保存され、江戸時代の姿を残しています





地酒「出世男」の銘柄で知られる「河合酒造」に、くに爺は甘酒と出世男の試飲でいい気分に・・・・

たか婆とくに爺は元気に正午すぎ八木駅にゴールしました・・・・


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

奈良の鹿寄せを観に・・・・・

2017年02月26日 | 季節感
天気は晴れて暖かそうな2月25日(土)、ホルンの音色で鹿を呼び寄せる奈良の風物詩「鹿寄せ」を、奈良県に住む者がを見たことがないとは・・・・という思いで鹿寄せを観に行ってきました
奈良駅前でボランティアの方に鹿寄せと東大寺を案内をして戴けるとの看板が、早速に申し込みました
     
三条通りを上り、興福寺の境内を通り抜け、春日大社の一の鳥居から飛火野に入ります

10時過ぎ、多くの観光客が見守る中、ホルンを抱えた鹿愛護会の方が・・・・

ホルンを吹き始めてしばらく経つと、森陰から鹿が走り出てきました

係員の周りに鹿の群れが・・・・・

なおも次から次へと鹿が、ホルンの音色に誘われて一斉に駆けてくる様子は本当に迫力があります

集まった鹿の頭数は100匹以上か、係員はドングリを与えています

東大寺巡りでは、あまり知られていないものとして、最初は大仏さんのお手、大きいです・・・・・

東大寺南大門の天井骨組も見どころのひとつです

二月堂からの奈良盆地の眺めも・・・・・


最後に片岡梅林の梅を観て今日の奈良散策は終わりです




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大和盆地の真ん中を歩きました・・・・

2017年02月20日 | ハイキング
2月19日(日)、近鉄駅長主催のフリーハイキング「酒蔵みてある記」長龍酒造に参加しました
朝10時、近鉄大和高田駅前は参加者でビッシリ、この日の参加者は1200名を超えたとのことです

大和盆地のほぼ真ん中に位置する大和高田市と広陵町めぐります。コースは、大和高田駅⇒藤森環濠集落⇒広陵運動公園⇒三吉石塚古墳⇒馬見丘陵公園⇒長龍酒造⇒箸尾駅の約12km、3時間の予定です


スタートから20分で「池尻天神宮」に・・・・・

約15分で、環濠をめぐらせた集落が今も昔ながらの雰囲気を伝えている「藤森環濠集落」へ

   少し色あせていますが、藤森環濠の説明板です
   
藤森集落にある「十二社神社」、昔は多武峰社領で、本殿は談山神社より移されたと伝えられているそうです

「勝善寺」

集落の東側にある「高龍(くらおおかみ)神社」、昔は醸造用水の守護神として祀られていたそうです・・・・

葛城川の川べりに作られた「明日香大和郡山自転車道」を北上します

高田市から古墳と靴下の町「広陵町」に入ります。かぐや姫伝説もあります・・・・・

出発から1時間40分「三吉石塚古墳」に、全長45m、高さ6.5mの帆立貝式古墳で、よく整備されています

三吉石塚古墳の上から「新木山古墳」、全長200mの前方後円墳で馬見古墳群の中核をなす古墳です

竹取公園で弁当をとり、「馬見丘陵公園」に到着、トイレも竹取物語風に・・・・

馬見古墳群なかでも最大級の「巣山古墳」、新木山古墳とともに馬見古墳群の中核で、国の特別史跡に指定されていますが、周濠は農業用溜池として利用されています

公園内にある「ながれ山古墳」、2段築成の前方後円墳で、全長103m、の比較的大形の古墳です

公園はパンジー等が植えつけられていますが、花の園はもう少し先のようです・・・・

くに爺お目当ての「長龍酒造」での試飲会場、たか婆は甘酒で頬を染めています・・・・

13時すぎに「箸尾駅」にゴール、帰りは電車の連絡がよく、14時前には帰宅できました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山代温泉へ、かにかに旅行です・・・・・

2017年02月08日 | 旅行
2月6、7日に山代温泉へ、目的は「かに」と金沢観光です・・・・・
サンダーバード号で加賀温泉へ、旅館に着いたのは4時過ぎ、たか婆さん希望の「九谷焼窯跡展示館」見学に、入館は閉館きりぎりの4時半前です・・・・

180年前に作られた「九谷焼磁器窯跡」、1940年ころまで使われていたそうです

1940年に作られた、九谷焼としては現存する最古の窯だそうで、1965年ころまで使われていたそうです

九谷焼の絵付体験、足で蹴って回すロクロ体験もできる工房、たか婆はやりたそうでしたが・・・・・

展示されている九谷焼・・・・・



泊は「雄山閣」、設備は古ぼけ、カニは一杯ついてはおりましたが、値段相当?のお味でした

翌7日の天気予報は雪時々曇り、金沢観光をしようということで9時前に旅館を出発、10時に金沢駅前に、
立派なモニュメントに圧倒されました
今日は兼六園⇒金沢城⇒尾山神社⇒近江町市場で昼食⇒金沢駅を約3時間で回る予定です

兼六園桂坂入口から入園、ありがたいことに65歳以上は入園料不要とのこと・・・・

林立する雪吊り、雪がちらついてきましたが、思っていた積雪はなし、残念!

雪吊りを施した唐崎松

展望台からの金沢市街・・・・・

重要文化財の「成巽閣」、時間の都合で入場は見合わせました

梅が咲き始めた梅林

白梅も咲いています

瓢池の翠滝と海石塔、激しく雪が・・・

日本最古と言われている噴水、これで兼六園とはお別れです

石川門をくぐり金沢城内へ・・・・

石川門の櫓、重要文化財です

三の丸広場を行くと菱櫓が

五十間長屋、向こうは橋爪門続櫓です

橋爪門をくぐり、二の丸広場に

二の丸広場からの五十間長屋、雪が激しく降ってき、金沢城とお別れしました

金沢城からすぐの尾山神社の本殿、藩祖前田利家公とお松の方を祀る金沢のシンボル的な神社です

           たか婆さんはいつものように御朱印を戴きます・・・・
           
槍を片手に馬上堂々の前田利家公の像にも雪が・・・・

尾山神社の神門、和・漢・洋の三様式を組合せステンドグラスを使った異色の門です。三層の上に立つ避雷針は日本最古と言われています

最後は、近江商人がつくったとされる金沢の台所、近江町市場でお寿司を、本当に美味しかった・・・・

金沢駅でおみやげ(当然自分用です)を買って、14時前に帰りの電車に、1泊2日の慌しい旅行で、天気にも恵まれませんでしたが、たか婆と楽しく過ごせました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福を求めて「大阪七福神」巡りです・・・・

2017年01月30日 | ハイキング
1月29日(日)、曇り空でしたが、近鉄駅長お奨めフリーハイキング「大阪七福神」巡りに・・・・・
近鉄上本町駅で受け付けですが、例月に比べて参加者は少ないようですが?

今日のコース地図です。市内のウオーキングのため弁当は持っていません

スタートから20分(約1km)で四天王寺東門に、ここから四天王寺境内に

境内から、地上300m日本一の超高層ビル「あべのハルカス」と五重塔のツーショット・・・・

西門近くの「布袋堂」、ご利益は「笑門来福」です。写真の中央は「なで布袋尊」(御本尊は堂内に)

          いつものように、たか婆さんは御朱印を戴きました
          
四天王寺を出て5分ほどで「安居神社」に、ここは慶長二十年、大坂夏の陣の時、真田幸村(信繁)が最後を迎えたと言われており、境内には幸村公の像があります


          
安居神社から30分(約1.5km)で「今宮戎神社」に、ご神仏は「えびす大神」、ご利益は「商売繁盛」


          
今宮戎神社から15分(約0.7km)で「大国主神社」に、ご神仏は「日出大国神」、ご利益は「福徳開運」


          
大国主神社から20分(約1.2km)で「大乗坊」に、ご神仏は「毘沙門天」、ご利益は「金銭融通」


          
大乗坊から25分(約1.6km)で「法案寺」に、「弁財天」をお祀りし、ご利益は「智慧財宝」

境内には御朱印を戴く人でいっぱいです・・・・・


          
法案寺から20分(約1km)で「長久寺」に、「福禄寿」をお祀りし「延命長寿」のご利益があります


          
長久寺から25分(約1.5km)で「三光神社」に、「寿老人」をお祀りし「富貴長寿」のご利益が


          
三光神社は真田公園にあり、「真田丸」と呼ばれる砦跡です。ここには真田幸村公の像があり、また大阪城に通じると言われる「抜け穴」も残っています(写真左下)

真田山から25分(約1.5km)でゴールの上本町駅に

たか婆さんのお望みで、上本町駅から15分のところにある「生国魂神社」にもお参りしました。大阪の人々に「いくたまさん」とも呼ばれて崇敬されており、あらゆる願い事にご利益があります

          1月中にお詣りすると干支の鶏の入った御朱印を戴けるのがたか婆の狙いだったのか
          

13時過ぎに昼食のラーメンと餃子を戴きウオーキングは終了、久しぶりに約12kmを歩き、足はパンパンですが、今晩は心地よく眠れそうです・・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長谷寺に初詣です・・・・

2017年01月03日 | ハイキング
1月3日、今日も穏やかな日和で、大和長谷寺に初詣を兼ねて「寒牡丹」を観に行ってきました

まずは国宝の「登廊」、夜は長谷寺観音万燈会が行われているそうですが

左右にボタン園が続いています・・・・・

菰に覆われたボタンです



最後に本坊から、本堂をバックに寒牡丹です・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おめでとうございます。初詣です・・・・・

2017年01月01日 | 季節感
穏やかな2017年の元旦、大神神社と橿原神宮、それと墨坂神社の三社に初詣のお参りをしました・・・・
毎年恒例の大神神社です

大神神社の摂社「狭井神社」で御神水をいただき

同じく摂社の「久延彦神社」は学問の神様、今年は孫娘が入試のためお賽銭を弾みました・・・・

バスと電車を乗り継いで、橿原神宮へ

   大きな絵馬、ここでは入試合格のお守りを授与いただき、孫娘に送ることに
   
最後は、例年より多くの人が参拝している地元榛原の「墨坂神社」へ、ここでも孫娘の合格をお祈りです・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

永源寺で紅葉狩りです・・・・・

2016年11月22日 | 季節感
11月21日(月)、古くから紅葉の名所として名を馳せる「永源寺」で紅葉狩りです・・・・

入山前に「洗耳水」で手を浄めます

鄙びた佇まいの「総門」

紅葉は見ごろをすぎ、落葉が始まっています・・・・・

紅葉の中の「山門」

紅葉の数々です・・・・






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

赤目の滝を散策しました・・・・・

2016年11月13日 | ハイキング
11月12日、もう紅葉もきれいに色づいたかと「赤目四十八滝」へハイキングしました・・・・

渓谷入口、入山料400円(サンショウウオセンターに、世界のサンショウウオが展示されています)

見上げると、黄色に色づいた紅葉が

まず目に飛び込んでくるのが「霊蛇滝」

そして赤目五瀑の一つ「不動滝」、高さ15m、近くの寺院「延寿院」に祀られ不動明王に由来している?

山々の紅葉はきれいに色づいています・・・・・

五瀑の2番目、高さ15mの「千手滝」、岩を伝って千手のように落水しているところから名づけられた?

   3番目の五瀑「布曳滝」、高さ30mから一条の布をかけるように落水しています
   
紅葉の渓谷を行きます

「竜ヶ壺」、言われれば竜のように見えます・・・・

開けた「百畳岩」で休憩

   岩の上に七種の樹木(あかぎ・うめもどき・松・桜・つつじ・楓・樅)が自生し、一年を通じて花をつけ、
   あるいは紅葉してその姿を七色に変化させることより名付けられた「七色岩」
   
小さな滝が二つ並んだ「姉妹滝」

五瀑の四番目、高さ8m、岩を挟んでふたつに分かれて流れ落ちる「荷担滝」、渓谷随一の景観です・・・

五瀑の最後、楽器の琵琶に似ていることから名づけられた高さ15mの「琵琶滝」

最初は香落渓に降りる予定でしたが、台風のため通行不可とのことで、今日の散策はここまで、来た道を引き返しました。歩行距離約6Km、歩行時間3時間と短いハイキングの割には疲れました
紅葉は色づき初めており、1週間後ころが見ごろになると思われますが、良い一日でした・・・・

最後に、名物の「へこきまんじゅう」を食して、突っ張る足をなだめながら帰路につきました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コスモスが満開の藤原宮跡へ行ってきました・・・・・・

2016年10月20日 | ハイキング
10月19日、コスモスが満開とのことを聞き、藤原宮跡へ、天気は晴れ、時々曇り・・・・
近鉄耳成駅から歩いて約30分、大和三山(畝傍山・耳成山・香久山)の真ん中に位置している1400年前の都「藤原宮跡」に・・・・

藤原宮跡の北側、満開のコスモスの向こうに「耳成山」が

南東には「香久山」・・・・

南西には「畝傍山」が



八重のコスモスです


帰り道、近くの「おふさ観音」のバラを観に行きましたが、屋根の葺き替え中

秋バラのシーズンが終わったのか、ほとんど咲いて居らず、その中で見つけた一輪です

帰りは近鉄八木駅まで約1.7Kmを歩いて、疲れました・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗を拾ってきました・・・・・

2016年09月19日 | 季節感
敬老の日、朝の散歩で栗を拾ってきました・・・・・
    
いよいよ秋ですね
明日から台風16号が来襲するとのこと、明後日も拾いに・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの飲み会です・・・・・

2016年07月31日 | 友人
7月30日の土曜日、参加者は10名の「TOKUAN21会」の幹事会?と言いながら、実際は飲み会です・・・・・
場所は大阪ビジネスパークにある松下IMPビルの「パノラマスカイレストラン アサヒ」で、全員60歳以上ですが、大いに飲み、大いに喋り、ちょこっと幹事会のことを話しました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

矢田寺のあじさいを観に行ってきました・・・・・・

2016年06月19日 | 寺社参詣
6月18日(土)、梅雨の合間の晴れ間に「矢田寺」にあじさいを観に行ってきました
近鉄郡山駅からバスで約20分、矢田寺の山門脇にはピンクのあじさいの花が・・・・

山門から石段を上り、「大門坊」の庭に「沙羅双樹」の花が・・・・

朱塗りの立派な「本堂」を横目に「あじさい園」へ・・・・

境内のそこかしこにあじさいが咲いています・・・・・















春日神社もあじさいが

あじさいの花の脇にはお地蔵さんが・・・・・

矢田寺のご本尊はお地蔵さまで、境内には多くのお地蔵さまが祀られています

舎利堂のもあじさいに包まれています

裏山には四国八十八ヶ所霊場になぞらえた石仏を巡る遍路道が設けられており

たか婆と、約4.5Kmを歩くことに・・・・・

一番目の「霊山寺 薬師如来像」・・・・・

20mから300mごとに八十八基の石仏が建立されています

四十五番目の「岩屋寺 不動明王」は立派なものです・・・・

「へんろみち」の道標

「じゅっぷく小屋」と名付けられた休憩小屋でしばし休憩です

小屋からは、奈良が一望できます。正面は若草山、その前に大仏殿が・・・・

矢田寺の中興の祖「満米上人像」の前のたか婆・・・・・

ここからは杉木立の中を降りて行きます

約一時間で結願の八十八番「大窪寺 薬師如来像」に、汗だくの二人でした


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瓊花(けいか)の花を観に、唐招提寺へ・・・・・

2016年05月05日 | 季節感
5月4日、唐招提寺で5日まで特別公開されている「瓊花(けいか)の花」を観に行ってきました
唐招提寺の南大門、ゴールデンウイークの真ん中ですが、参拝者は多くありません

南大門を入ると、眼前に国宝の金堂が、その華麗な姿に圧倒されます・・・・・

正面の八本のエンタシス柱は、ギリシャの神殿建築が日本に伝来したもの?

境内西側にある戒壇、出家者が正式の僧となるための受戒の儀式を行う場所です

この門から、御影堂宸殿の脇の供華園の瓊花を・・・

花の盛りは過ぎていましたが、ガクアジサイに似た瓊花が咲いていました

可憐な白さ、そしてその爽やかな香りが・・・・・



最後に、鑑真和上御廟にお参りしようと入口の門を入ると・・・・

一面に苔の庭が拡がっていました

その奥に、鑑真和上の御廟が祀られていました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長谷寺へ牡丹を観に・・・・・

2016年05月01日 | 季節感
5月1日、初夏の陽気に誘われて、近鉄長谷寺駅から徒歩約20分で長谷寺へ・・・・
国宝の本堂をバックの牡丹は今が盛りです。観賞期間を長引かせるために、蕾のもの、満開のもの、咲き終わったものとバランスが取られており、管理している人に感心しました

399段の登廊、左右は牡丹、牡丹、牡丹・・・・です





本堂の舞台から、新緑の中に五重塔が・・・・

小生が小学4年のころに再建された五重塔、風格?が出てきました

草餅を土産に、昼前に帰りました・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加