くにみ塾通信

Kunimi Juku's Bulletin

逃げ

2017-08-05 22:30:26 | 塾生へ
 思い出すと、中学生の時、担任の先生から「いい加減逃げるのはやめなさい」と言われて、そのことばに動揺したことがあります。逃げている自覚がありましたので、余計です。
 人は、楽をしようと思って肝心なことから逃げていることもあるでしょうし、向き合うだけの心の力をふりしぼれずに逃げてしまうこともあるでしょう。自分が思っている自分と、現実の有り様が乖離していて、それを見るのがつらいこともあるでしょう。
 逃げ回らざるを得ないのかもしれないけれど、オトナの目からみて、いま向かい合えばいい方向にいくのにという場合、ことばを強くしても励ましたい。
 …で、その挙句、目の前から逃げられることもあるので、これも加減が難しい。

 中学2年生の授業で、「花鳥風月」の四字熟語が出てきました。Kくんが、花鳥風月の良さがわかるようになるのは50代かららしいと発言。笑って聞いていたところ、「先生も玄関によく花を生けてるよなぁ」と。小さく傷つきます。

くにみ塾 電話0774-71-3774
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 業(ごう) | トップ | 作文 »